SpurN Modellbahner Japan

欧州Nゲージ鉄道模型とDCC情報

全体表示

[ リスト ]

レイアウト作成進捗No.3

いよいよ、ターンテーブルの設置です。
穴をあける場所の特定ですが、いきなり、半径と直径を間違えるし、ボードの梁に緩衝するはで、いきなり失敗しました。まあ、○がたくさんあるだけでから、我慢としましょうか。

イメージ 1

Fleischmannのターンテーブル9152cは、直径225mmの穴が必要で、4cm位潜ります。電動ドリルで円形に穴をあけ、小さいな鋸で丸く切って行きます。30分位で、穴が空きました。

イメージ 2

いよいよ、入れてみます。お、ピッタリ。さすが寸法に厳密な製品です。

イメージ 3

ここで試運転したら、突然動かなくなりました。モーターのショートか何か噛んだか。。。とほほ
でも、とりあえず、機関車を並べてみました。

イメージ 4

これだけ並ぶと感激です。アップでは、こちら。時代がバラバラなのはご勘弁。

イメージ 5

ターンテーブルのBR03.10のアップです。

イメージ 6

なかなか様になっていますね。全景はこんな感じです。

イメージ 7

ターンテーブルも分解して、やっと動くようになったので明日固定してみます。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事