SpurN Modellbahner Japan

欧州Nゲージ鉄道模型とDCC情報

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

なかなか忙しく、何ヶ月も更新出来ていなくてすみません。

昨年に発売されたAe6/8を紹介する。Hobbytrainから2016年にAe6/8(H10180, H10181)が2タイプ発売になった。共にAe6/8 205であるが、BLSのロゴと手摺りの色が違う。

Ae6/8は、27パミールが連続するBLSラインで550tの貨物を50km/hで牽引できる機関車として1926年に設計された。最終的には、610tを75km/hできるように改造されている。全部で8両製造されたが、初めの4両(Ae6/8 201-204)はイタリアの車体を持っており、運転席の正面は、3面から構成される形状であったが、205号以降はスイス製になる半月状になっている。

本模型は、動態保存されている205をモデル化したので半月状である。写真は、Epoch Vの写真である。

イメージ 1

車軸構成は、(1'Co)(Co1')となっており、連続定格出力は、3771kWとなっている。

Hobbytrainの2016年モデルは、このEposch Vであるが、2017年に出たモデルは、Eposch III時代のものであり、パンタグラフが2基となっている。1950年代に発電ブレーキ力を高めるために、パンタグラフを1基にし回生用の抵抗器を屋根の上に載せたのが今の形になっている。

モデルを見てみよう。

イメージ 2

モデルは、1+3+3+1の台車構成になっており、急カーブでも対応するようにしている。実際にはR3(半径260mm)まで対応できるとされている。
イメージ 3

手摺は白でBLSのロゴもフルスペルになっている。ヘッドライトはLEDで後尾灯は1灯だけ白色がつくスイス式になっている。大きな窓から運転台が表現されているのが見える。
イメージ 4

手摺は、プラ素材なのでちょっと残念であるが、同梱のパーツに金属手摺も入っている。台車の表現も簡素ながら良く表現されている。
イメージ 5

記銘板のちゃんと表現されておりアクセントになっている。
イメージ 6

(下の写真の車輪が脱線していてすみません)
イメージ 7

今回は、初めてサウンドモデルが発売になった。これは、従来からNext18のデジタル基板を取り付けられるようにされておりDCC化が容易にできるようになっていたが、このソケットを使って、サウンド基板を搭載したと思われる。取り外したNext18のアナログ基板は一緒に入っていた。

ファンクションは、F1からF28まで設定されている。F28まで対応できるコントローラーが離れたところに置いてあるので、後日時間が出来たら、ビデオにして見たいと思っている。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事