ここから本文です
鉄道&バス&クルマを楽しむ!!
鳴り物入りでデビューを果たしたA90スープラ。
2002年の排ガス規制による80系絶版以来、17年振りの復活ですね。
メガウェブにてイベントが開かれました。

イメージ 1
    ▲80系や86同様、随所に2000GTのデザインエッセンスが
     取り入れられていますね。ただ、デザイン以外はBMW。

イメージ 2
▲エンジンは3L直列6気筒を筆頭に、2L直列4気筒2種の計3種類。全てBMW製。

イメージ 3
▲コックピットのデザインはトヨタオリジナル感が伺えます。
     やはり細かく見ると、BMWと同じものが使われていたりして兄弟車と
     実感させられますね。ウインカーレバーは国産車同様、右に合わせて
     欲しかった。

イメージ 4
▲前評判はかなりディスっていたりとあまり良くなかったようですが、
     いざ行って見れば、物凄く注目されていました。

イメージ 5
▲試乗会(勿論自身が運転)も実施。競争率は・・・。御想像の通りでした。
     宝くじとどっちが当たる確率高いかなあ・・・。

イメージ 6
▲先代80系の進化を感じるデザイン。個人的には格好良い。

イメージ 7
▲リアも進化を感じます。価格は3グレード。
     手前から490万円・590万円・690万円(車体本体)

    最上グレードは今年当初分注文が終了。追加受注がアナウンスされました。何台かなあ。
    スポーツかー需要は小さいですが、来場者の多さから嫌いではないと
    実感させられたイベントでした。


先日、5本目の静鉄A3000形が届きました。
今回も鉄コレです。

イメージ 1
    ▲早々にN化へ整備しました。
     やはり塗装はインクジェット・・。近くで見ると凹凸感に違和感は
     ありますが、遠くに見る分には何ら違和感無し。鮮やかで綺麗ですね。

イメージ 2
    ▲実車はこちら

イメージ 3
    ▲鉄コレから暫く情報が無かった「エレガントブルー」ですが、先日の
     ホビーショーで10月発売のアナウンスがありました!
     フルコンプ、継続です!

イメージ 4
    ▲2両編成という短編成だから実現できるフルコンプ。
     ブック内が、彩り鮮やかになってきました!




注目の事業計画が発表されました。個人的に気になったのはこの2項目です。

1.ホームドア整備完了
  悲願の全駅設置完了ですね。
  これで踏切が無い田園都市線においては人身事故「0」も夢ではないですね。
  池上・多摩川線はセンサー付の柵にとどまっているので、100%ホームドアでは
  ないですけどね。

2.新型車両の導入
  やはり一番の注目です。田園都市線2020系6本。目黒線3020系3本。
  ◆目黒線にいよいよ2020系顔がお目見え。並走する東横線との共演も楽しみで
  す。数年後は相鉄にも乗り入れる筈ですので更に楽しみ。相鉄車やE233-7000
  とのすれ違いも見られそうですので凄く楽しみです。
  ◆田園都市線2020系の増備。来年の今頃は15本が活躍。8500系がどんどん
  消えてしまうという現実・・・。正直寂しいです。

イメージ 1
    ▲今夜(5月15日)撮影。
     本日の運用スケジュールを長津田で終えようとする8642F。
     最近は何とか走ってくれるものの、朝夕ラッシュ時の数往復のみの
     ごくごく限られた運用が多くなりました。都合上なかなか乗れなく
     なってしまいました。半年後はもう引退しているんだろうなあ。涙


  

ホビーショーと連動して行われるもうひとつのイベント「トレインフェスタ」。
今年は久々にこちらも行ってきました。その企画のひとつ長沼車庫の撮影会です。
ホビーショー疲れの体にムチを打ってこちらへ向かいました。笑

イメージ 1
    ▲何とビックリ!100周年記念ラッピングバスとのショット!!
     事前にここまでアナウンスされていなかったので正にサプライズ!

イメージ 2
    ▲5月1日、新元号令和の幕開けと同時に静鉄は創立100年!
     静鉄史上、記念すべき日になりました!HMも誇らしげです。

イメージ 3
    ▲角度を変えて、今度は電車側から。
     バスと鉄道が隣り合わせに並ぶなんてそう無い事です。
     Nゲージ位しか考えられません!それを実車で実現するとは凄い。

イメージ 4
    ▲このラッピング車が東名を走る姿、早く見てみたいですねえ。
     バスコレも出して欲しいです。インクジェット印刷がなあ・・・。

イメージ 6
    ▲後ろ姿はこんな感じ。

イメージ 5
    ▲会場の傍らでは、1000形の廃車発生部品が売られていました。
     どれも結構なお値段でした。

    
    その後、グランシップへ向かいました。ああ忙し。笑






GW後最初の週末の恒例イベント。
御馴染「静岡ホビーショー」へ行ってきました。


イメージ 1
    ▲年々増加傾向でありますが、今年は特に感じました。
     初日に行きましたが、とにかく人人人。全国的にメジャーなイベント
     と言えますね。

   【トミーテック】
イメージ 2
   ▲名古屋イベントと大差はありませんでしたがやはり新製品は興奮します。

イメージ 3
イメージ 4
    ▲何と言っても目玉はバスコレの「バスタ新宿」ですね。
     全てブラインドパッケージということから、通常ブラインド版バスコレ
     と同じポジションですね。セレガーラ初モデル化のスーパーハイデッカー
     は楽しみですね。

イメージ 5
    ▲今年は東名高速開業50周年ということで、コラボ品が発売を控えてます。
     さった峠の東名高速と国1のクロス部分が表現されていました。

イメージ 6
    ▲遠鉄からは待望の無装飾の車両が!ただし、1000形です。
     いずれは3000形も出して欲しいですね。

   【トミックス】
イメージ 7
    ▲こちらも名古屋イベントと大差無しでしたが、興奮は変わらず。

イメージ 8
    ▲LSEの顔は改善されてました。以前よりは格段に良くなっているよう
     です。

イメージ 9

イメージ 10
    
イメージ 11
    ▲出来がかなり良さそうです。瞬殺の可能性・・。

イメージ 12
イメージ 13
    ▲クオリティが素晴らしいです!!

イメージ 14
    ▲会場限定発売のMUEトレイン。この日は開場1時間も経たずして完売。
     2日目、並んで頑張って買おうかなあ・・・。要望感が止まりません。

イメージ 15
    ▲個人的に欲しいですね。

   【GM】
イメージ 16
    ▲新製品パネル以外は特段大きな動きは無い印象でした。

   【KATO】
イメージ 17

イメージ 18

   【アオシマ】
イメージ 19
    ▲ビッグスケールで迫力ありますが、プラモデルです。


    今年もトミーテック中心なレポになってしまいました。
    最後まで見て頂き、ありがとうございます。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事