がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

金曜日の横浜にある小児病院の新生児集中治療室(NICU)です。
1年間に1000g未満のご出生の超低出生体重児を50名前後
診療している当院です。

未熟児網膜症や慢性肺疾患でなければ地域のNICUに
転院していただいておりますが,目の心配や肺の心配が
あるお子さんは
Aの部屋,Bの部屋,Cの部屋(ベビー室)という順番で
数ヶ月の時を経てNICUご卒業となります。

本日,緊急手術が必要になったゆうきさんをみんなで
送り出す準備をしている午前中のAルームです。
イメージ 1

イメージ 2
Aの部屋を出てCの部屋の奥の手術室直通エレベーターに移動。
パパとママに応援されて手術室に出発です。

イメージ 4
エレベーターを出て,明るい手術へ向かうところです。
手術室の看護師さんや手術をする先生,麻酔科の先生が
出迎えてくれました。緊急手術に関わらず,優しく向かえてくれる
みんながゆうきさんの命に向き合ってくれています。

イメージ 5
本日のBのお部屋です。4ヶ月以上早産を乗り越えた女の子です。
人工呼吸器や<ヨン様もゆりかご>も不要となりAルームから
Bルームに移動し,次はCルームを目指しています。

イメージ 6
5月に同じように生まれ,Aルームの下記の場所で長期間の
人工呼吸管理を乗り越えたたいようくんです。Bの部屋を越え,
Cルームで冬を越えることになったたいようくん。

イメージ 8
本日,10ヶ月目で在宅酸素療法で在宅医療に移行,NICU卒業に
なりました。外来でのこと,9歳まで予定するフォローアップで
心がけていることなどを私が話し,担当医だった新関先生が
入院中の振り返りをしてくれました。短期研修の三浦先生と新関
先生が看護師さん達と一緒に見守り続けたたいようくんでした。

イメージ 7
新関先生がご両親と話している間のCルームです。看護師さんや
斎藤先生が別れを惜しみつつ,パパとママの帰りを待つたいようくんを
あやしていますね。この光景も本日で最後です。

イメージ 9
パパとママが帰ってきて,退院仕様のお服にお着替え,それをカメラに
残そうとパパさん,看護師さん,一緒にNICUで頑張り続けてきた
ママ友のあみちゃんママです。

イメージ 10
そして,たいようくんを見守ってきたご家族,医師,看護師,
コメディカル,幼なじみとも言える一緒に育ってきた
赤ちゃん,そのご家族,みんなで記念撮影です。

これまで多くの赤ちゃんとご家族を見送り続けてきた<たいようくんの
ママさん>,焦る気持ちもあったときもあるだろうとお察ししてきましたが
いつも笑顔で他の患者さんの退院を祝い続けてきてくれました。
私は<順番,順番でご卒業になりますよ>といつもいってきましたが,
本日はたいようくんのご卒業の日でしたね。
本当におめでとうございました。


イメージ 11
今月でこNICUを離れる担当医の新関先生,斎藤先生,正木さん
などを交えてみんなで卒業写真です。もう一緒に写真を撮れる
日はないと思いますが,一期一会をいつかたいようくんに伝えて
欲しいと思いました。

イメージ 3
笑顔でたいようくんを見送ってくれたあみちゃんのママさん。
斎藤先生と記念撮影でしたね。斎藤先生も本日でこのNICUを
ご卒業(勤務終了)ですね。

あみちゃんにも卒業の日は必ずきます。残される者として
引き続き日々を楽しみながら頑張っていきましょう。

イメージ 12
そうこうしているうちにAの部屋に無事に手術を終えて
戻ってきたゆうきさんです。無事に戻ってきたゆうきさんを
ほめてあげている,本田先生とパパとママですね。

イメージ 13
いろんなことを乗り越えてきたゆうきさん。一歩一歩,
NICUご卒業を目指していきましょう。

皆様,本日もそれぞれの赤ちゃんやご家族や医療者がそれぞれに
一生懸命な1日でしたね。本日もお疲れさまでした。

イメージ 14
たいようくんご家族の皆様,素敵なお別れのお手紙ありがとうございました。
また,外来でお会いできる日を楽しみにしています。

皆様,ご意見ご感想などいかがでしょうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●当院NICU卒業生ご家族である読売巨人の村田さんのNICU応援本です。
下記のタイトルをクリックしてくださるとアマゾンに飛び大量入荷後で購入可能でしたが
また、売り切れそうです。
(TBSサービスから出版。本の収益は新生児・小児医療に寄付予定)

●2年前に報道ステーションで松岡修造さんが神奈川県立こども医療センターのNICUを密着取材して下さいました。そのときの約10分間の特集は以下のアドレスで今も公開中です。村田さんも<NICUに入院してマイナス思考がなくなった>とインタビューに答えてくれていますね。ご覧頂ければ幸いです。



閉じる コメント(21)

はじめまして。

あたしは2009年の12月に長男を542gで出産しました。
横浜市にほど近い川崎市に住んでおりましたが当時神奈川県内にNICUを持つ病院に空きがなく、都内の病院に入院してました。

今では普通に産まれてきた子と同じように元気です。

NICUの先生方は本当に素晴らしいと思います。

他院にお世話になってましたが、たまたまこの記事を見つけやはり自分の長男超低出生児だったので親近感が湧きコメントさせて頂きました。

これからもどうか1人でも多くの小さい命が助かるように願っております。

2012/3/23(金) 午後 8:21 [ あーちゃん ]

ご卒業おめでとうございます。

2012/3/23(金) 午後 10:50 ペイラックのジョフレ

顔アイコン

高知大学の三浦です。

たいようくん、卒業おめでとう!
お父さん、お母さん、本当におめでとうございます!

今でも、生まれたばかりのとき、動脈管が閉じたのを泣いて喜んでくれたお二人のことを思い出します。すばらしい家族だな、と感動しました。
たくさんのことを乗り越えて、新関先生がお見送りできるときに卒業するなんて、たいようくん、できる男だ!

たくさんの思い出をありがとう。これからも応援しますね。

2012/3/24(土) 午前 0:03 [ cho*8co*rs* ]

顔アイコン

今日まで10ヶ月半、大変お世話になりありがとうございました。まだ実感がわかず、夢をみているようです。新関先生から、生まれてからのことを振り返ってお話しいただき、苦しい日々を思い出し改めて長い道のりだったなぁと思いました。帝王切開で産まれ保育器に入った息子を、手術中の私に一生懸命見せてくれた新関先生。先生がいらっしゃる内に卒業できて本当によかったです。一緒に卒業ですね♪ありがとうございました。高知の三浦先生‼やっとこの報告ができる日が来ました‼先生が戻られて半年…こんなに大きくなりました‼ありがとうございました。そして豊島先生。いつも優しく声をかけてくださりありがとうございました。同じようにして生まれた他の子の退院の時に、いつも“順番♪”と気遣っていただいたこと、感謝しております。先生には何でもお見通しなんだなぁと、少し恥ずかしくもなりました。卒業の予定が先延ばしになる度に、悩んだり自分を責めたりしていましたが、これが息子のペースなんだと考えるようになり楽になりました。一日過ぎれば一歩前進♪そんな風に考えられるようになりました。ありがとうございました。

2012/3/24(土) 午前 2:48 [ 太陽ママ ]

顔アイコン

続き 豊島先生、これからも外来でお世話になります。9歳まで先生に診ていただけることを祈っています☆その他にもたくさんの先生方にお世話になりました。本当にありがとうございました。

いつも優しく接してくださる看護師さん。息子のことだけでなく、いろんな悩みを聞いてくださったり、身体の心配をしてくださったり…ベビールームではいつも楽しく過ごさせてくださいました。大変なお仕事なのに、私たちのことまで気遣っていただきありがとうございました。急に決まった卒業のため、きちんとご挨拶できなかった方もたくさん…この場をお借りして御礼申し上げます。また、時間のない中たくさんのメッセージが書かれた寄書き、ありがとうございました。西岡さんありがとう‼私たち家族は本当に幸せです。
また、病棟内で知り合うことができたご家族の皆さん、お世話になりました。声をかけていただいたり、悩みを聞いていただいたり、長い入院生活その時その時でたくさんのお友達ができました。このブログのおかげです。また外でお会いできる日を楽しみにしております。お家に帰ってもあみちゃん一筋の太陽です♡

2012/3/24(土) 午前 2:52 [ 太陽ママ ]

顔アイコン

続き ゆうきさん、今日は緊急手術…無事戻られたとのことで、ホッとしました。ゆうきさんの写真を見て、Aのお部屋にいた頃の息子を思い出しました。苦しい日々を乗り越えてきたことを思い出させてくれて、ありがとうございました。病棟内でお会いすることはできませんでしたが、いつも応援しています。

最後に…この場をお借りして、おじいちゃん・おばあちゃん・私たちの兄弟へ。
妊娠中から約1年間、ずっと心配をかけてしまいました。一緒に苦しい想いをさせてしまいました。でも、みんなが自分の家族で本当によかったと思います。私たちを選んで生まれてきてくれた太陽にも、いつかこんな風に思ってもらえるような親になりたいと思います。これからもまだまだ心配かけると思いますが、よろしくお願いします。このブログを楽しみにしている家族へ。

三浦先生‼コメント気づかず…。ありがとうございます‼私たちも先生のこと応援してます。離れていますが、これからも見守っていてください‼

2012/3/24(土) 午前 3:00 [ 太陽ママ ]

たいようくん卒業おめでとう。
修矢の母です。

短い間でしたが、たいようくんとパパママと一緒の時を過ごしたこと、とっても良い思い出です。

たいようくんが離乳食を美味しそうに食べている姿が目に焼き付いています。そして何よりもお目目パッチリで羨ましく、そして愛らしく私はたいようくんに心を奪われました。大ファンです。

私には想像できないほどのときを過ごしたことでしょう。でも、たいようくんの笑顔がパパとママを照らしています。
ご自宅に帰ってからも素敵な、濃密な時間を過ごしてください。

おめでとうございました

2012/3/24(土) 午前 10:36 [ atsuko ]

顔アイコン

太陽君、卒業おめでとう。そして、パパさんママさん、本当におめでとうございます。太晴と散歩するときに、いつも太陽君を抱っこして会わせてくれたママさん。太陽君はしっかり太晴を見つめてくれましたが、太晴は恥ずかしくて顔を背けてました…でもそれも良い思い出です。散歩するときに太陽君が居ないのは寂しいですが、太陽君にとって、いつもパパとママと一緒にいられる生活が何よりも大切なことだと思います。
がんばり屋のママさん、最近になって太晴が手を振るようになったパパさん、親子三人で過ごす時間を何よりも大切に過ごしてほしいと願ってます。
NICU卒業と言う日を迎えられ、本当におめでとうございます。これからも会ったときはよろしくお願いします。

2012/3/24(土) 午前 11:35 [ たっくんパパ ]

顔アイコン

ひとみさん,あーちゃんのママさん,素敵なメッセージありがとうございます。今後とも是非,お気軽にお言葉をお寄せください。

2012/3/24(土) 午後 4:42 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

三浦先生,メッセージ凄く嬉しいです。たいようくんのコットにはずっと三浦先生の写真が貼ってありましたよ。先生が見守ったたいようくんと先生の想いをいつまでも励みにしていたたいようくんご家族だと思います。また,会える日を楽しみにしています。高知に呼んでください(^o^)

2012/3/24(土) 午後 4:44 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

太陽ママさん,本日はたいようくんご家族に会えなくて淋しく感じる1日でした。素敵なメッセージありがとうございます。<順番!><自分の番>という言葉はどんなことにも当てはまるかなと思っていきています。<人の番を喜べる人には,待った分,より大きな喜びと必ず会える日がきます。>,大きな喜びを信じて,耐えることも時には大切なNICUかなと思ったりもしています。意味を感じ取ってくださっていた太陽君ご家族だと思っていました。そして,昨日はおめでとうございました。NICU卒業は目標ではなく,スタートですね。でも,大切なのは<NICU卒業の日>の気持ちを持ち続けることが大切かなと思います。たいようくんが幸せに生きるかどうか? NICUで起きたことだけでは決まらない。むしろ,これからどう生きていくか?ですよね(^o^) 在宅酸素療法のお子さん達は毎月1回はきてもらうことになっているので今後とも月1回の再会を楽しみにしています。

2012/3/24(土) 午後 4:49 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

たっくんパパさん,心強い見送りのメッセージをありがとうございます。同志といつも思っています。<たっくん>のNICU卒業の日もいつかは必ずくる。。。どう卒業していくか? 新たな年度にも考え続けていきたいですね。本日もたっくんはいい子でNICU業務を見つめています。よい週末がたっくんご家族の基にもくることを願っています。

2012/3/24(土) 午後 4:51 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

ジョフレさん,いつも見守ってくださりありがとうございます。
そしてお体お大切にと横浜の空の下から願っています。

2012/3/24(土) 午後 4:52 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

太陽くんNICU卒業おめでとう♪♪


ベビールームでいっぱい遊んでくれてありがとう。
手を振ると、いつも満面の笑顔で迎えてくれるのがすごく嬉しかったよ。
これからも外来とかで会ったときにはまた満面の笑顔で手を振ってね!?そしてうちのパパにもいつか、、、、ね(笑)
楽しみにしてるよぉ♪

2012/3/24(土) 午後 6:33 [ ひすい母 ]

顔アイコン

いつも笑顔の太陽くん、卒業おめでとう。太陽くんの笑顔に、優しいパパとママに亜実ちゃん家族はどんなに癒されたか(^○^)
太陽くんも亜実も産まれた時はすごく小さくて不安な事がたくさんあったね。
ベビールーム横のエレベーターから産まれたばかりの小さな命が降りてくるたびにあんな時もあったなと話したね。
このブログをみて亜実が初めて抜管したときに「おめでとうございます」と声をかけてくれたのが出会いだったね。嬉しかったです。
このブログを通じてたくさんの人と知り合いになれたし、励まされました。豊島いつも忙しい中ブログの更新ありがとうございます。今Aのお部屋で少し昔の亜実や太陽くんみたいに頑張っている子のママやパパにもきっと励みになっていると思います。
亜実ももうしばらく頑張って旅立ちの日を待ちたいとおもいます。
亜実ちゃん一筋の太陽くん待っててね(^_^)v

2012/3/25(日) 午前 7:29 [ あみママ ]

顔アイコン

ひすいママさん,あみママさん,メッセージ有り難うございます。
それぞれによい御週末を願っています。
私の最近の一番のヒットは,ママさん同志の合意であみさんとペアルックをきていたたいようくんを,それを知らなかった?あみパパさんが面会時に「たいようくん,そこに座りなさい!」と笑顔で問い詰めたというお話しでした。楽しいベビールームの光景を思い浮かべました。

2012/3/25(日) 午後 4:52 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

たいようくん卒業おめでとう!

たいようくんが生まれてすぐ、Aルームでお隣同士でしたね。あの頃はまだお互いが一日一日が不安で、お話もできる状態ではありませんでしたね。
輝俊が生まれて6日後、保育器に入った小さな赤ちゃんは男の子か女の子か分からず、私はぼんやり隣の保育器を見てると、熱心に処置してる三浦先生の姿から隣の小さな赤ちゃんも頑張ってるんだなと伝わってきてました。

4ヶ月くらい経って、豊島先生のブログでAルームで隣だったのがたいようくんということを知りました。
その後、ベビールームで再びお隣のベッドになり、初めてAルームの頃の話をさせてもらいました。

二人共入院が長く共通の想い(焦り)もありましたが、二人が寝返りやお座りできることを喜び合えたことでゆっくりと卒業を待つことができました。

たいようくんのママからいただいた手紙にもあったように、たいようくんは輝俊にとっても苦楽を共に過ごしてきた「真の幼なじみ」です。
輝俊も卒業できたら、お外で肩でも組みましょうね♪

2012/3/25(日) 午後 11:02 [ あっくんママ ]

顔アイコン

修矢くんママ
メッセージありがとうございました!入院中はいつも太陽に声をかけていただき、ありがとうございました。転院される時にご挨拶できなかったので、先日外来でいらしている時に、大きくなった修矢くん、そして変わらず温かなパパママにお会いできて嬉しかったです(^-^)
また外来でお会いできることを楽しみにしています♪

あみちゃんママ☆ひすいちゃんママ☆
メッセージありがとうございました!あみちゃんファミリー・ひーちゃんファミリーとは、ベビールームで毎日一緒でとっても楽しかったです。太陽がひーちゃんのパパにだけ唯一笑わなかったり(でも最後は笑ったとか?)、豊島先生もヒットしていた、パパの了承を得ずにペアルックを着てお説教(^^;;されたり…たくさんの思い出ができました。みんな苦しい日々を乗り越えてあと一歩のベビールーム。いつも本当に温かい雰囲気でした。看護師さんたちに感謝です。あみちゃん♪ひーちゃんと待ってるからねー( ´ ▽ ` )ノまたみんなで会える日を楽しみしてます☆

2012/3/26(月) 午前 1:20 [ 太陽ママ ]

顔アイコン

太陽君とご家族の皆様、卒業おめでとうございます。
優希の父です。
励ましのコメントをいただきまして、本当にありがとうございました。
優希も太陽君のように成長し、NICUを卒業できる日がくることを願って、私達も頑張りたいと思います。
また、今後とも外来などでお会いした際にはいろいろとお話させていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
豊島先生、NICUの皆様、こども医療センターの皆様、優希の緊急手術のご判断、本当にありがとうございました。
おかげさまで無事に手術が終わり、妻と二人で安心いたしました。
まだまだ先は長いですが、引き続きよろしくお願いいたします。

2012/3/26(月) 午前 1:23 [ ゆうき父 ]

顔アイコン

たっくんパパ
メッセージありがとうございました☆たっくんのお散歩は、太陽もわたしも楽しみにしていることの一つでした。たっくんのお散歩に遭遇できると、その日一日いいことありそうな気がしてました(^^)一度、わたしが帰る時間にお散歩中のたっくんに遭遇して、出口付近まで見送ってくれたことがありました。すごく嬉しくて、とても良い思い出です。ありがとう、たっくん。なかなかシャイなたっくんに心を開いてもらうことはできなかった?けど、卒業当日は看護師さんとたっくんカーで見送りに来てくれました。しばしのお別れ…と思うと、やっぱり寂しい気持ちになりました。でもたっくんの笑顔とバイバイに背中を押してもらえた気がします。
パパ・ママ・たっくん、またお会いできる日を楽しみにしています。
ブログでのたっくんの写真、今後も楽しみにしています☆

豊島先生、今日は驚かせてしまったそうで申し訳ありませんでした。大変なこともありますが、毎日ご機嫌でいつも以上によく笑っています。それではまた外来の時に…よろしくお願いします。

2012/3/26(月) 午前 1:32 [ 太陽ママ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事