がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

横浜ベイスターズのラミレス選手,
外国人初の2000本安打の偉業達成とのことですね。
上記の記事を興味深く拝見しました。

「身も心も日本人になろうと心がけた」
「日本の野球は誰が投げているより,誰が捕手をしているか?を
注意しながら打席に立った」などラミレス選手らしいインタビューに
感じました。

成功の秘訣は
「米国でやっていた野球を忘れて日本の文化、
日本の野球を受け入れることが重要だよ」
という言葉に共感しました。これは新しい職場に移った人達には
共通の春のメッセージになるのではないでしょうか?

どちらが正しい,正しくないということを越えて,
それぞれの場所,それぞれのチームに
<文化>というものはあるのだと想います。
文化に良し悪しもないのかもしれません。

その文化を感じ取ろうとせずにやっていることの
良し悪しだけを論じていても新しい場所では
うまくいかないのかなと思ったりします。

「その場所の心を知り,まずは文化を受け入れる。」
「新しい場所を外にいる人間のような視線で評価するのでなく,
まずは中の人間になって一緒に頑張る」ということが
新しい場所に順応するために大切な事なのではないかと
施設間差異が大きい新生児集中治療室(NICU)同志の
移籍してくる人達に伝えたいと思うことです。

イメージ 1
横浜スタジアムから車で25分のところにある小児病院の
新生児集中治療室(NICU)です。医師も看護師も今週から
新メンバーが本格的に勤務に入ってくれています。先輩達に
伝えて貰いながらの診療がどのベットサイドでも行われています。


夕方のカンファレンスでは改めてそれぞれの自己紹介です。
他の病院から移ってきてくれた看護師さん達のそれぞれの前歴や
何を想ってこのNICUに移動してきたかなどをきくことは
大変春らしい<風>を感じる気がしました。

イメージ 2
青森からきてくれた川村先生,山形からきてくれた長澤先生,
それぞれ,一から勉強していきたい,チームの1員になって
いきたいという気持ちが伝わる謙虚で向上心を感じるご挨拶でした。

どちらも以前一緒に働かせてもらった青森の池田先生や
山形の下風先生の薦めもあって横浜にやってきたことを挨拶の
中で話してくださり,懐かしさと親しみをやはり感じる出会いの
挨拶だったと想います。

イメージ 3
育児などで退職されていた看護師さんが,
「育児などに少し余裕がでてきて,
このNICUに
やり残したことがある気がして,もう一度,働きたい気がして
試験を受けて再就職させてもらいました。」というご挨拶に
感動した本日です。また,一緒に働けることを喜びあう
場面を嬉しく拝見していました。

イメージ 5
高槻病院時代からウマが合うと感じ合っていたらしい岸上先生と
川村先生確かに,息の合ったコンビぶりを早くも発揮してくれながら
入院診療をしてくれていましたね。一緒に働けるご縁を大切に
今年のNICUチームをみんなで作っていきましょう。


イメージ 4
さよちゃんとパパとママの笑顔が溢れる面会風景です。
登場してくださりいつもありがとうございます。
NICU卒業の日までしっかり写真を残させていただこうと
想います。

でてくださる方,引き続き募集中です。

皆様,御意見御感想いかがでしょうか?


下記に参加してみました。NICUを身近に感じてもらえる
ようになればと思っています。応援に下記どちらかを
クリックしてくだされば投票になりますので嬉しく感じます。
医療情報ブログランキング参加用リンク一覧 未熟児育児ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
\¤\᡼\¸ 1
●当院NICU卒業生の御家族の皆様と一緒に執筆したNICU応援本です。
下記のタイトルをクリックしてくださるとアマゾンに飛びます
                                           

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事