がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

巨人,開幕8連勝はならずのようですね。

村田選手は開幕戦から連続安打が続いていますが
やはり悔しそうな以下の記事ですね。

好調の分析や今後への抱負の言葉などが続く以下の記事です。
連敗しないことが大切な気もしますよね。本日も
阪神戦,みんなで応援できるといいですね。

月曜日の深夜3時の横浜にある新生児集中治療室(NICU)です。
当直の岸上先生が往診に出かけてくれたので,助っ人に集まった
様々なことが重なり,忙しかった夜のNICUです。
イメージ 1
様々な医療機械を入院に備えて準備してくれているNICU専門研修医
Ⅰ年目の川村先生と村田選手プロ入りの2003年にNICU専門研修医
入りした柴崎先生です。

様々なNICUの新治療を精力的に自分で導入して
そして,よりよい診療を国内留学の先生達と一緒に
取り組んでくれています。大変心強く,頼もしい
神奈川こどもNICUの診療の柱になってくれています。

柴崎先生の指導医をして,夜同じように患者さんの診療を
したことを想い出します。

なんでもすぐに反省しがち「自分のせいで・・・」
と振り返りがちの研修医だった柴崎先生に
「これくらいのことは先生と組んでいる限りは想定の
範囲で,それ位カバーすると想って一緒にやっているんだから
いちいち反省していないで,今できることをしなさい」と
叱った夜の場面を想い出したりしながら,
懐かしく,今は2度とそんなことを言うことはないだろうと
感慨深く思えました。頼もしく後輩達を導きながら
診療に当たっている姿でした。


踏まえると10年の月日の流れを感じました。

イメージ 3
昨年指導医をさせていただいた岸上先生と
今年指導医をさせていただく予定の川村先生のコンビで処置を
しています。私がいなくとも岸上先生のアドバイスでどんどん
動ける川村先生,自分が昔指導した研修医の人達が頼もしく
なっていくのを側でみさせてもらっているのは幸福なことだなと
想った早朝でした。

人間は成長し続けていきますね。

10年後の岸上先生や川村先生を楽しみに専門研修の手伝いを
今年も出来ればと想います。

子ども達と岸上・柴崎・川村・長澤先生と看護師さん達と
夜を乗り越えて無事に朝がきました。

イメージ 4
夜の状況をみんなで共有して1日のスタートの火曜日でした。

イメージ 5
パパさんがお休みの日でママさんと日中から面会,
さよちゃんも嬉しそうでしたね。
4ヶ月以上早産だったことを忘れるくらいの体格に
なってきましたね。

イメージ 6
昼の広浜・ローソンロードです。NICUの看護師さん達と
卒業生ご家族が旧交と子ども達の成長を喜び合っている
光景です。

イメージ 7
その輪の中にはやはり在胎23週生まれのまさるくんとこうちゃん
がいましたね。どちらもいくつものヤマを乗り越えてのNICU卒業
でした。入院中のことを考えると感慨深い光景ですね。

一緒に受診のこうちゃんパパさんに他科の外来で話されたことなどを
お話しいただいた私でした。現状を踏まえつつ,的確なご報告に感じ,
ママさん任せにせず,ママさんと一緒にこどもを見守る姿勢が
NICU入院中から続いているパパさんに人間的として素敵に感じました。

「自分達が信じることがこどもの可能性を引き出せるかもしれない。
そう考えてもいいですよね?」と入院中に質問されたときのことを
想い出しました。その後も実践していますね。

午後のNICUです。私は眠くて眠くて戦力になっていない
感じかなと想いましたが,
イメージ 2
柴崎先生も柴崎先生しかできない,今取り組んでいる
検査を国内留学の先生達と精力的に取り組んでくれています。

イメージ 8
後輩陣の前向きさや患者さんの改善する様子を安堵する笑顔に
頼もしさを感じつつ,
もう無理せず彼らに託していこうと想える夕方でした。

皆様,それぞれにお疲れさまでした。


下記に参加してみました。NICUを身近に感じてもらえる
ようになればと思っています。応援に下記どちらかを
クリックしてくだされば投票になり,多ければ
読んでくれる人が増える,注目度が増すので皆様それぞれに
クリックしてくだされば嬉しいです。
医療情報ブログランキング参加用リンク一覧 未熟児育児ブログランキング参加用リンク一覧 
にほんブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
\¤\᡼\¸ 1
●当院NICU卒業生の御家族の皆様と一緒に執筆したNICU応援本です。
下記のタイトルをクリックしてくださるとアマゾンに飛びます
                                           

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

こんばんは。先生お疲れさまです。NICUはやはり大変ですね。私の子供も早産しそうだったのですが、よい産婦人科医の先生と出会い、早産予防で臨月を迎えることができました。持病をもって生まれてはきましたが、いつも先生や医療スタッフの方には恵まれていたと思い感謝しています。
少し大変な時を過ごした分だけ精神的には私も子供も強くなったのかなと思います。それから、担当の先生は北海道の先生でした。ずっとお会いしていませんが、今も頑張っていらっしゃると頼もしく思っています。「物事をもっと広く考えると違う見方ができる。」というようなアドバイスをしてもらい当時少し気持ちが楽になりました。年を重ねてもまだまだですが、震災をきっかけに価値観も変わったかもしれません。先生もお身体に気をつけて頑張ってください。 削除

2013/4/10(水) 午後 9:11 [ mami ] 返信する

顔アイコン

柴崎先生にも怒られていた研修医時代があったのですね。太晴の主治医である現在の先生の姿からは、想像できない姿です。忙しいNICUの日々を過ごされていると思いますので、どうかお体には気をつけて欲しいと願っています。

こうちゃんやまさる君の輪の中に太晴も一緒に・・・なんて思いましたが、まだ病み上がりの太晴なので、今は無理しないようにしています(無理に散歩に連れて行くと、ママに激怒され、あとが怖いです(汗))こうちゃんパパさんの言葉は、親として共通の想いだと思います。こどもの可能性って無限だと思いますので、一番近くの親がこどものことを信じてあげないと、ですね。 削除

2013/4/11(木) 午後 0:52 [ たっくんパパ ] 返信する

顔アイコン

村田選手の活躍は、目を見張るものがありますね。
巨人が好調の要因だと思います。今は打線が湿りがちですが、村田選手の安定感は、TVを見ていても何かを期待させてくれるものがあり、先日のライト方向へのホームランは、当時横浜でホームラン王になった頃を思い出しました。この好調をキープしつつ、怪我だけには注意して欲しいと思います!! 削除

2013/4/11(木) 午後 0:59 [ たっくんパパ ] 返信する

顔アイコン

たっくんパパさん,メッセージありがとうございました。柴崎先生は覚悟と情熱と行動力がある凄い先生だと仲間ながら思います。たっくんの長期NICU入院の末の今も柴崎先生と出会ったご縁からでしょうね。たっくんにまた,逢える日を心待ちにしています。

2013/4/12(金) 午後 1:48 [ NICUサポートプロジェクト ] 返信する

顔アイコン

mamiさん,メッセージありがとうございました。北海道からの研修医仲間は多かったのですね。北海道の層の厚さや医療のレベルの高さを知った当時です。当時の仲間とのご縁で今,横浜にきてくれている古瀬先生で,古瀬先生と話していると当時の仲間から受け継いでいるなと思える考え方や雰囲気があって懐かしく感じることがあります。
「物事をもっと広く考えると違う見方ができる。」という言葉を伝えるのは誰だろうと想像していて,なんとなく予想はつくのですが,名字のイニシャルは何でしょうか。
では,また。

2013/4/12(金) 午後 1:52 [ NICUサポートプロジェクト ] 返信する

顔アイコン

豊島先生、川村先生がお世話になっています。
当科のブログでも紹介させていただきました。
http://aomori-nicu.jp/973
岸上先生とは高槻病院で一緒だったのですね。なんか安心しました。
川村先生のご指導をよろしくお願いいたします。

2013/4/13(土) 午後 1:01 [ ami*u*at ] 返信する

顔アイコン

網塚先生,青森NICUブログhttp://aomori-nicu.jp/973を拝見しましたし,本文でも紹介させて頂きました。ありがとうございます。網塚先生の後輩医師それぞれへの想いは<働き手><労働力>というのではなく,それぞれの行く末,夢を大切に感じる<息子達>への想いに似ているようにも感じました。今回もいい若者をご紹介下さり,ありがとうございました。研修のお手伝いをできる限りさせて頂けるように頑張ります。今後ともブログも相互連関していきたい青森・横浜でよろしくお願いいたします。

2013/4/16(火) 午前 4:30 [ NICUサポートプロジェクト ] 返信する

顔アイコン

豊島先生、コメントありがとうございます。あまりそのように考えたことはありませんでしたが、先生にそう言っていただけるのはとても嬉しいです。先月の彼らの送別会でお話ししましたが、先のこととかはあまり考えず、今はとにかく力をつけることだけを考えるように言っています。確かに戻ってきてくれて青森で活躍してくれないと困るのですが、でもまだ若い彼ら自身の将来をあまり狭く考えて欲しくないと言う思いもあります。狭く考え出すと、やれポストだの、上がつかえているだのと言うことになりがちですが、そうではなくて、中堅となった頃に誰かにその実力が必要とされればそこで活躍すれば良いだけと考えた方が自然なんじゃないかと思っています。それこそ将来、研修先施設で実力が認められて残って欲しいと言われたりすれば、それが一番喜ばしいことなんじゃないかと思ったりしています。まずは何とかご指導のほどをよろしくお願いいたします。

2013/4/17(水) 午前 11:33 [ ami*u*at ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事