がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

台風18号,最近とみに感じますが
自然の前には人間は微力と感じる気がします。
イメージ 1
昨日は,18時過ぎに病院を上がって
大混雑に感じた東戸塚から湘南新宿線に乗りました。

台風一過で天気はよくなっていたので
かねてからの予定通りで新宿をめざしたのですが
台風が過ぎても湘南新宿ラインのダイヤの乱れは
続いているようで33分遅れ,各駅停車で
新宿方面を目指すと言うことで車中でのんびり過ごしました。

イメージ 2
遅刻しながら合流したのは新宿東口の

イメージ 3
という居酒屋さんで,埼玉医科大学総合医療センターの増谷先生と
トロント小児病院から一時帰国中の小林先生と合流して,
現在全国30施設のNICUに参加表明頂き準備中の
<未熟児動脈管開存症における心エコー検査の多施設共同研究プロジェクト>
の相談をしていた夜でした。

メールではやりとりしていたものの,やはり
直に顔を合わせて話しあうことはやはり大切と感じています。

増谷先生がプロジェクトに協力を依頼して快諾してくださった
小林先生とプロジェクト開始以来初めて直にお逢い出来て嬉しい晩でした。


PLASE study
PDA and Left Atrial Size Evaluation Study (in preterm infants)

と増谷先生が名付けたこの臨床研究プロジェクトですが
日本で初めての未熟児PDAの心エコーの多施設合同の大規模な
取り組みになると感じます。

イメージ 4
今,30施設の参加施設の国内組メンバーと
トロント小児病院留学中の海外組メンバーでメーリングリストで
意見交換中ですが,その中心の小林先生と顔が見える関係になれれば
と思えてお写真を撮らせていただきました。

世の中,優秀で情熱的な人達はいるなあと思える
増谷先生や小林先生の研究などへのお話しを沢山お聞きしました。


小林先生は
という日本から素晴らしい臨床研究を世界に発信されたご経験の
ある小児循環器医です。今回,プロジェクトに加入して頂き
様々な見識と行動力に大変尊敬を感じていました。
多くの気づきや学びをくださる小林先生との出会いでした。

実は神奈川こどもNICUにご親戚が入院されたことがあり,
その時,患者家族として1度だけ面会に来てくださったことが
昔ある小林先生です。

その時の記憶がある自分ですが,その小林先生と
早産児の循環管理のプロジェクトを歳月を経て,ご一緒できることに
不思議なご縁を感じました。

新生児医療に理解と協力を多大なるしてくだっていると
同志と思える増谷先生が提案してくださった今回のプロジェクトの
現状と今後を3名で話しあった夜でした。

左房容積(LAV)を含めた心エコープログラムをみんなで
考えて,それを普及してNICUの心エコー能力をお互いに
より高めあい,より多くの患者さんとご家族をよりよく救う
きっかけを作りたい。


心エコー検査が日常的に行われている文化がある日本からの
心エコーの有用性の世界への発信。

日本の新生児科医と小児循環器の連携・協力の強化。

増谷先生,小林先生という臨床研究をたくさんしている
医学研究者の力を借りつつ,みんなで新生児循環の臨床研究などを
学び,多施設共同で取り組む協力体制づくり。

次世代の新生児科医,研究者の育成・活躍のプラットホーム作り。

様々な話しを増谷先生と小林先生と語り合えて
大変心地のよい晩でした。

イメージ 5
RAISE Studyの小林先生の力を借りつつ,
などの経験や協力体制を発展して今回のプロジェクトも
夢のある楽しいプロジェクトに出来たらと思えた晩でした。

イメージ 6
増谷先生を送りつつ,終電間際の新宿の街を小林先生と
一緒に歩けて印象深い晩でした。

イメージ 7
湘南新宿線の終電に乗り込めるつもりだったのですが
1分遅れで乗り遅れ,,,,さて,どうやって帰ろうかなと
思っていたらダイヤの乱れで湘南新宿線の終電も22分遅れ
ということで遅れていた終電に乗り込めて,約30分の横浜に戻りました。


電車が遅れることで損した気になることもあれば
電車が遅れることで助かる人もいる。まあ,自然と共に
こういう経験も覚えていられたらと感じました。

行き帰りの車中で読書にふけっていました。
イメージ 8

という本を読みながら車中を過ごしました。
上記の本は最近,違和感に感じていたことへの
様々な解説が書かれている気がした本です。

「秘密保護法案」「日本版NSC設立」「集団的自衛権の閣議決定」
のこの3つの意味を問いかける内容で,私達の国の未来を
問いかける内容の新書本に思えて,お薦めの本に感じました。

読み終わったら感想を改めて書きたい気がしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
下記クリックするとわかりますが,
それぞれのブログランキングで上位になって
いました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。

医療情報ブログランキング参加用リンク一覧 未熟児育児ブログランキング参加用リンク一覧               

閉じる コメント(2)

顔アイコン

埼玉医大総合の増谷です。豊島先生、会の記録をどうもありがとうございます。ご参加施設の皆様も含めて、何かを超えて、非常に縁を感じます。みなで力を合わせてやっていきましょう。目の前と将来の児への貢献につながる、PLASE研究・プロジェクトの成功を心から確信しています。

2014/10/7(火) 午後 9:31 [ 増谷 ]

顔アイコン

増谷先生,「何かを超えて、非常に縁」という言葉にすごく共感します。私にとっては先生との出会いも,天啓と大きな人生のご縁と思えています。PLASE研究プロジェクトで目の前と将来のお子さん達,日本だけでなく世界のお子さん達に何かを届けられるといいですよね。みんなで目指していきましょう。いつもこのブログにもご配慮くださり感謝です。今週末は埼玉に混じらせていただきますので宜しくお願いいたします。

2014/10/9(木) 午前 9:33 [ NICUサポートプロジェクト ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事