がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 2
盛岡駅前の朝です。

イメージ 1
で有名な新渡戸稲造さんの銅像に感動していた朝です。
駅前のタリーズで発表のスライドを作っていました。

イメージ 3
盛岡駅前の会場で
第60回新生児成育医学会学術集会2日目です。


イメージ 4
2日目の午前中は<循環>のセッションに参加していました。

未熟児動脈管開存症,先天性心疾患,様々なNICUの循環管理に関する
発表や意見交換がありました。

自分も,
イメージ 32

ジアゾキサイドの動脈管拡張作用に関する
基礎研究の報告をしてきました。

イメージ 33

ジアゾキサイドの動脈管拡張作用は早産児の時期にもあるし,
血糖が低めなときほど
より強く出るというようなことを報告してきました。
英語論文は書き上げているのですが,こういう発表の
意見交換を確認の上,投稿できたらと想っていました。

イメージ 5
学会でいつも真面目に聴講し,真面目に質問している
の姿を頼もしく見ていたり,

また、文科省や学会の支援を受けて自分が主任研究者として
全国34施設のNICUの皆様と取り組んでいきたいと思えている
大型研究
イメージ 2
のサブ解析の内容を自発的に分析・
発表してくれた
の口演もありました。

現在,成育医療研究センターで御活躍中ですが,今回も
大変素晴らしい取り組みに未来の心エコーの進化のきっかけを感じて
感動していた自分でした。

イメージ 7
玉置先生も神戸に移られて分析した未熟児動脈管開存症と
マグネシウム製剤の関連性の分析を報告していましたね。
6年前にマグネシウムに動脈管を閉じづらくする作用や
インドメタシンを効きづらくする作用があるかもと基礎研究
で照明した自分にとっては臨床現場でマグネシウムがどれくらい
動脈管開存症に悪影響があるかどうかを検討する分析は
大変興味深く感じています。神戸での現状を伝えて
くださり大変参考になりました。

それぞれが各々の場所で
頑張っているのを頼もしく感じました。

後輩世代の先生方の
頑張りを素晴らしく,頼もしく感じるセッションでした。

前の晩からの風邪が段々悪くなっているのか
食欲減退で昼食抜きでした。

イメージ 8
昼休みに立ち寄ったのは恩師である,
後藤彰子先生や
仁志田博司先生が
と同様の展示会を開催されていたので立ち寄りました。
夏の学会で訪れてから関心を持ち
現在,
イメージ 11
という小説をちょうど半分くらい
読み終えたところです。今の日本の周産期医療に対する
アンチテーゼも感じる上記の小説にも思えて,命を考えながら
読み続けています。

本の中に
挿絵は一枚もないのですが,
上記の小説は新聞小説だったそうで,その連載の
ときは毎日1枚の挿絵があったそうでその365枚の
挿絵の中から厳選しての
イメージ 9
展示会ということでした。小説のイメージがより
鮮明になる気がした挿絵展でした。

読んでいる途中の小説の
雰囲気が解る今回は前回以上にレジェンドとも言える
先輩新生児科医がこの挿絵展示展で自分達に伝えたい
メッセージを肌で感じる気がしていました。

この小説を読み終えたら改めて感想を書き残したいと
想うマダカスカル新生児医療に関する小説です。


午後は
イメージ 12
の公約通りに再集結の岩手の地,,,

イメージ 10
新しい新生児循環リアルタイムモニターである
INVOSモニターの発表予定の奈良先生と楢村先生の
発表に付き添っていました。

イメージ 11
未熟児動脈管開存症をINVOSモニターで
モニタリングする意義を分析してくださった奈良先生。

イメージ 12
不整脈の患者さん達の全身循環をINVOSモニターで
モニタリングする意義を連続で語ってくれていた楢村先生です。

イメージ 13
2人とも大変凜として堂々とした頼もしい発表でしたし,
個人の技術差などがある
心エコーなどとは違った
INVOSモニターの有用性と実用性の可能性を
伝えてくださった2人に思えました。

忙しいNICUの中で一手間かけてこういうことに
取り組んでくれた2名の姿勢を素敵に感じる発表場面でした。

イメージ 14
青森の網塚先生の発表も拝聴してきました。
東奥日報で青森県立中央病院の新聞報道(2014年11月27日)
などの神奈川と青森のNICU連携の新聞報道もありましたが
イメージ 15
神奈川こどもNICUに国内留学を出して
どんな風に診療が変わったかを電子カルテから
抽出して報告して具体的に報告してくださっていました。


管理のバラツキが減った,患者さんの状態の
変動が減ったのではないかということを客観的に
照明してくださったご発表に思えました。

その電子カルテシステムの
有用性を感じつつ,こういう国内留学の成果を具体的に
示してくださる網塚先生に感謝を感じた発表でした。

この後は夜の講演の準備を再びタリーズで
していました。


イメージ 16
短期研修動機の甘利先生三浦先生のツーショットを
嬉しく感じつつ,2人も参加してくださった
研究会で講演をした自分の夜でした。

イメージ 17
ハイリスク新生児フォローアップ研究会
につづいて,今回初の試みという
若手医師のためのフォローアップセミナー
というセミナーがこの晩の最後の役目でした。

イメージ 18
河野先生のハイリスク新生児フォローアップに関する
導入の後,

自分が
「NICU卒業生と御家族を支えたいNICUフォローアップ外来」
という口演をさせていただきました。
イメージ 34

口演し始めると声がつぶれ始めて
いることに気づき,

大きな声が出づらい。。。
ことに気づきました。
イメージ 20
水を飲みながらの
休み休みの口演となってしまいましたが,

イメージ 35

自分が伝えたい
話しをお伝えしてきました。

イメージ 36
自分が悩んできたことを伝えてきた気もします。



イメージ 19
そして,熊本の川瀬先生の
「子ども達とともに成長する!フォローアップ外来の醍醐味」
を素晴らしく感じながら拝聴して1日のおわりとなりました。

イメージ 21
この後は神奈川こどもレジデント同窓会に途中参加でした。

20名くらいの産科という予測を大幅に上回る35名近い
参加者の
ようですし詰め状況になっていましたが,
楽しい語らいの時間に思えました。

イメージ 22
神奈川こどもに縁があってもなくても誰でも歓迎という交流会
仙台の千葉先生と青森の網塚先生もいつもきてくださり感謝です。

イメージ 23
今はそれぞれの地元に戻って地元で生まれてくる命に向きあう
メンバーですね,お互いの近況を語り合ったり,

イメージ 24
時期は違えど,同じ場所で研修した経験がある者同志,
話しに花が咲いている感じでした

イメージ 25
看護師さんも施設の垣根を越えてご参加に感謝しています。

イメージ 26
自分はこの時間帯はすっかり声が枯れていましたが,
再会が嬉しい時間でした。

イメージ 28
それぞれの地元を身近に感じつつ,
お互いにエールを送りあえたらと想います。

イメージ 27
愚痴が少ない,,,明るく前向きな食事会に
想えました。

イメージ 30
また,集える機会を楽しみに

イメージ 29
各々の場所に戻りましょうという感じで終会でしたね。

イメージ 31
声がかすれた口演を聞いてくれていた古瀬先生がユンケルとともに
買ってきてくれた麻黄湯,,,大山先生に昔,もらって良かったという
言葉と共にプレゼントしてくれて古瀬先生の優しさに感謝を感じながら
1次会でホテルに戻って寝込んだ2日目でした。


イメージ 32
御意見御感想などがあると心強く感じます。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。
御意見御感想などがあると心強く感じます。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。

医者・医師ブログランキング参加用リンク一覧 未熟児育児ブログランキング参加用リンク一覧

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

豊島先生、盛岡の学会お疲れ様でした。うちのブログでも早速今回の学会のことをまとめてみました。なんか盛り沢山になっちゃいますね。また12月にお会いできるのを楽しみにしております。

第60回日本新生児成育医学会 in 盛岡
http://aomori-nicu.jp/4581

第60回日本新生児成育医学会 in 盛岡2日目
http://aomori-nicu.jp/4594

第60回日本新生児成育医学会 こどもかぞくまんなか編
http://aomori-nicu.jp/4613

第60回日本新生児成育医学会 in 盛岡3日目
http://aomori-nicu.jp/4608

第60回日本新生児成育医学会 少子化シンポジウム
http://aomori-nicu.jp/4626

2015/10/30(金) 午後 6:06 [ ami*u*at ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事