がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]


コウノドリ最終回から1週間ですね。

もう金曜日に放送ないのかと思うと
奇跡の10週間だったなと
改めて思いました。

コウノドリの番組HPに最終回の収録の様子
掲載されています。
自分もこの日は参加していたので
振り返りを書き残したいと思います。

イメージ 6


 以来の再会だった四宮先生と下屋先生でした。


四宮先生に

「サクラ先生と今橋先生が周産期医療のポジティブな気持ちを

体現してくださるとしたら、四宮先生は周産期医療の誰もが

感じることがあるネガティブな気持ち、本音な部分などをはっきり

いってくださる気がする。

一生懸命だけど自分にも患者さんにも厳しい

ような四宮先生を演じる星野さんに感謝」という気持ちを

伝えてきました。


四宮先生は

イメージ 14

ゆきちゃんとママさんのことを覚えていてくださり、

「その後、お元気ですか?」と尋ねてくださったことに感動・感謝。

もう少しでNICU卒業のところまできていることを報告してきました。

イメージ 9
をいただきありがたく感じた時間でした。

イメージ 15

下屋先生には大変みんなが好感を感じる、産婦人科医の研修医役

がぴったりでこれも感謝ですとお伝えしてきました。せなくんの

を読んでくださりその感想を聞かせてくださりありがたく感じました。



この日の収録はサクラ先生や今橋先生の最後の収録日と
聞いていたので、ペルソナNICUに訪問しました。
最終回の全科集結の死戦期帝王切開の収録シーンでした。

ドラマでチームワークあふれる様子が放送されましたが、実際の収録現場も
麻酔科・救命救急・産婦人科・新生児科の医師・看護師が流れるような
チームワークを手術のセットで展開していていて、感動していました。

これは新人医療者の見本になるシュミレーション動画になるのではないかと
思いました。4ヶ月間で医療者がみても見習いたくなる
身のこなしや立ち振る舞い
を身につけていく役者さん達の凄さを感じていました。

この死戦期帝王切開のシーンで
サクラ先生と今橋先生、船越先生などがクランクアップでした。
イメージ 1
そのクランクアップの言葉などは以下にありますので
ご覧いただければと思います。
大変素敵に感じたご挨拶の言葉と
次があったら、このドラマのみんなでもう一度
やりたいという熱意を感じた気がしました。

自分は写真を撮らせていただきながら、役者さん達に
感謝を感じていたら、

3名に続いて、医療監修のメンバーの
名前を呼んでいただき、クランクアップの花束をいただき、
自分もこのチームの1員と思っていただけていること自体に
感謝の花束でした。

サクラ先生や今橋先生に「お二人で良かった」という
お礼を伝えつつ、また会える機会を楽しみにというお別れの
挨拶してきました。

イメージ 2
死戦期帝王切開の後もNICUのシーンはあり、
スタジオに残った自分でした。

夜勤明けの看護師さんや当直明けの医師の合流を待って
一人で無人のペルソナNICUにいました。

イメージ 3
病棟の隅にホワイトボードが無造作に重ねて置いてあるところ
ようなところまで自分たちのNICUをオマージュしてくださるように
感じ、このNICUの取り壊しは寂しく感じる時間でもありました。


ペルソナ産科の看護師役の存在感がある真田さんが
がきてくださり、ドラマが始まる前から
NICUの報道やドキュメンタリーや本を読んでいたという感想を
聞かせてくださり嬉しく感じました。NICUに関心があったので
今回のドラマを嬉しく感じていたという言葉をありがたく感じました。

真田さん、
「神奈川こどもは本当にペルソナみたいな素敵なNICUなんだと
スタッフから聞いていた」と伝えてくださったのですが、、、

自分は、
「どうでしょうかね。自分たちでそう思っているようではよくなくて
患者さんご家族がドラマをみて神奈川こどもと同じと思ってくれているか
のほうが大切だし、これからはペルソナのNICUの皆様を目指していけたらと
むしろ思っています」と伝えてつつ、続編あるといいですねと話していた
時間でした。

その後、
イメージ 5
夜勤明けや当直明けの医師・看護師と合流してNICUの最終撮影に
参加させていただきました。

NICUの外で四宮先生と小松さんがじゃれている
ような最終回のシーンです。

イメージ 6
看護師さんは看護師さん役、男性看護師さんは研修医役、
でNICUセットでエキストラさせてもらうことになりました。

NICUの雰囲気作りに少しでもお役に立てたらと思いましたが
プロデューサーさん達のご提案とスタッフの皆様の背中押しで
いつもは写真をとっている自分も、前回看護師役で出ているから
見物のみにしようとしていたメンバーも患者家族役でNICUの撮影に
参加させてもらいました。

撮影中にペルソナのNICUの看護師さん達の演技の中にいましたが
どの方も神奈川こどもNICUにいても違和感のないNICU看護師
さんらしかったです。

その気持ちを伝えたら、ペルソナNICUも
今橋先生の「自分たちはNICUチームだから」という言葉の基に
団結してきたし、4ヶ月間一緒にNICUのシーンを考えている
中で連携が出来ている気がしている。チームの雰囲気が出てきた
気がするという言葉に同感でした。

是非、いつか、また、このメンバーでNICUチームを
演じてくださればと思いました。

イメージ 4
自分は当院の看護師さん達の提案で
カンガルーケアをするパパさん役になって
小松さんの右肩に「鬼太郎の親父さん」のように
出させていただきました。気づいてくださった
皆様ありがとうございます。いい体験になりました。

このシーンでNICUの全シーンの撮影終了でした。
イメージ 7

四宮先生がNICU看護師の各人に花束をプレゼントでしたね。
下記にその様子が出ています。ペルソナ看護師さん達の
後ろに当院の看護師さん達もいます。


そして、最後に自分が挨拶を求められました。
に出ていた部分です。

四宮先生に言葉を求められて
涙が出そうになつて話せなかった自分です。

「新生児医療は5,6年前は小児科なのか、産科なのかも知らない人が
多かったし、医療界の中だってNICUで何がおきているのか、スタッフが
どんな想いで働いているのかなど知られていない医療現場でした。。。

ドラマでこんなふうに描いてもらえる日がくるなんて夢の様子です。

このドラマをみて、
産婦人科でも新生児医療でもどちらでもいいから、
周産期医療に関わりたいと思ってくれる
若者達がきっと増えると信じているし、そういう人たちと一緒に
頑張っていきたい。

NICUにいる赤ちゃんや
ご家族が胸を張って生きていけるきっかけの1つになってくださった
とも思っています。未来の周産期医療をよりよくする力を貸して
くださったと思っています。

何度かくじけそうになったことがあったけど、頑張ってきて
よかったとドラマに自分たちの仕事の大切さを教えてもらった
気がしました。ドラマは終わっても自分たちの仕事は続きますが
皆様にもらった応援を胸にこれからもくじけずにみんなで頑張って
いけたらと思います。」
と途切れ途切れになりながらご挨拶させてもらいました。

自分の途切れ途切れの挨拶に心寄せてくださった
四宮先生やスタッフの皆様に感謝でした。

イメージ 11
このシーンで終了のNICUセット、もったいなく感じました。

イメージ 10
NICUに掲示されていた
当院をモチーフにした飾り付けなどを記念にもらってきました。

イメージ 9
神奈川こどもNICUにペルソナの雰囲気を残せたらと思いました。


イメージ 8
当院の入り口にはっているものとそっくりな
ディベロップメンタルケアの掲示物もいただいてきました。

イメージ 12
ペルソナNICUの有終をみんなで見届けさせていただきました。
また、いつか交流できることを楽しみにお別れの
「周産期医療はいつでもスマイル」の記念撮影でした。

そして、その週の別の日はコウノドリの全体のクランクアップにも
参加していました。なおとくん役の仁君最優先のスケジュールをいつも
してくれたチームコウノドリの皆様でした。

コウノドリの最後の収録は
イメージ 13
なおとくん役の仁君のご自宅を訪問してのなおとくんがクリスマスを
ご自宅でパパとママと過ごすシーンです。

現実ではご家族の中でずっと
過ごしていたじんくん。その様子を拝見できてこのドラマで感動する
部分は現実にも起きていることなんだと言うことを改めて感じました。
サクラ先生の
「コウノドリはノンフィクションでフィクションをしっかり届けたい」
という最初の宣言通りのシーンかなと感動しながら撮影風景を
みていました。

イメージ 5
ドラマの中で育児書の中になおとくんのご家族が笑顔で映っている
ページがありました。
イメージ 4
18トリソミーであろうとなかろうと、
笑顔で生活しているご家族の様子などを
育児雑誌でもほかの赤ちゃん達と同じように
のせてもらえる日がきっとくるかなと思える素敵なシーン
に思えました。

イメージ 33


御意見御感想などがあると心強く感じます。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
下記クリックするとわかりますが,
ブログランキングで上位になって
いました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)
医者・医師ブログランキング参加用リンク一覧 未熟児育児ブログランキング参加用リンク一覧

     
イメージ 2

是非,研修してみたいと考えている若手の
小児科医や新生児科の方には
お問い合わせは <ktoyoshima@kcmc.jp>


閉じる コメント(2)

コウノドリ、終わってしまいましたね(>_<)
昨日寝かしつけてて「あっ!10時!コウノドリだ!」と思ってしまった自分です。
すっかり、金曜日夜10時コウノドリってなってしまってることに気づき、我ながら笑っちゃいました。
近年まれに見る、内容が濃いドラマでしたね。
今、原作をもう一度読んでいるんですが、読むとこ読むとこドラマのシーンがすぐ脳裏をかすめてしまうほど、印象に残ったドラマです。
フィクションなのに自分の体験談のような、ノンフィクションのような不思議な何とも言えない感じです。
このドラマは、永久保存にします。
ドラマスタッフのみなさん、俳優のみなさん、医療関係者のみなさん、ご協力されたご家族のみなさん、こんなに素晴らしいドラマをありがとうございました。
ぜひ続編をお願いします!
その際、退院後の生活なども取り入れてくださいね。

2015/12/26(土) 午後 9:40 [ えこのママ ]

顔アイコン

> えこのママさん、コウノドリロスの気持ちを伝えてくださりありがとうございました。「フィクションなのに自分の体験談のような、ノンフィクションのような不思議な何とも言えない感じ」というのはNICUを通り過ぎた多くの人たちが感じている気持ちかもしれませんね。「退院後の生活」はどうなんだろうという想像を多くの方がしてくだされば、ドラマの役目はいいのかなとは感じています。そういうことをいつかドラマで描いてくださればと思いますが、退院後の生活も様々ですよね。NICUの中以上に多様なドラマになっていくと思いますよね。

2015/12/27(日) 午後 3:40 [ NICUサポートプロジェクト ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事