がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]


にご感想をお寄せくださった皆さま、ありがとうございます。
上記もご覧の上、今回をお読み下さればと思います。

自分の視点で、改めて
第16回NICU野球親睦会のことを書き残したいと思います。
その1です。

当初に報道は以下です。
この親睦会に込めていた想いを感じていただければと
思います。その想いが続き、広がっていることを感じ
村田選手ご家族に改めて感謝でした。

昨年から巨人軍の社会支援活動:G HANDSの一環として、
巨人ファンサービス部が全面バックアップしてくださるよう
になりました。昔に比べると開催するための準備が
大幅に軽減しているのを実感します。


今回も受付を巨人ファンサービス部のかたと
村田家のご家族と自分でさせていただきました。

前回は村田選手からのサイン色紙は10歳になったじゅんちゃんが
手渡してくれていたのですが、今回は修学旅行で欠席でした。

その代役を
イメージ 1
次男くんが「お父さんからです」とサインを
しっかり渡してくれていました。

イメージ 3
受付でチケットと村田選手と巨人からのプレゼント、
サイン色紙などをプレゼントです。

イメージ 2
そして、聖隷浜松病院の杉浦先生が作ってくれた男村田応援パネルを
今回も最後に返却をお願いしつつ手渡した自分たちでした。


いつもは受付業務をしていた私ですが、今回は
オンユアマークスがあり、
じゅんちゃんママさんが巨人の広報だけでなく、
ぜひ、豊島先生にも写真を撮ってきてほしいと
いってくださり、自分もカメラマン?として
オンユアマークスに急遽同行することになりました。


イメージ 4
試合開始1時間前の
オンユマークスに当選した9名の子供達と
ご家族の集合場所です。


ただでさえ、親睦会に参加できるかも3倍くらいの
倍率でさらに4分の1のオンユアマークスの役目を
当てた運の強いお子さんたちです。

抽選しても本当にこの役目をできるかを
ファンサービス部の皆さま、丁寧に個別に連絡をとって
くださってこの日に備えてくれていました。

イメージ 5
最年少はるいくんとひーちゃんでしたね。素敵なパパさんたちから
お二人をお預かりしました。

親御さんと離れて大丈夫かなと
心配していた自分でしたが、心配しすぎていた
自分でした。ひーちゃんはフォローアップ外来を
担当していますが、外来では気づけないひーちゃんの
成長をまざまざと実感しました。

イメージ 6
様々なNICUから集まったお子さんたちです。
まずはGHANDSの揃いのTシャツに着替えるところから
スタートでしたが、お気にいりの服が好きなお子さんたちも
いるから、一人一人と対話です。上から着るだけで
グラウンドから帰ったらすぐに脱いでいいからねと
伝えつつの時間でした。

イメージ 7
ポジションを決めるのはピッチャーをやりたい子が
多かったり、5歳の子は外野は辛いかなと思えたり、
話し合いになりましたが、仲良く、ジャンケンなども
交えてみんなで納得できてよかったという感じでした。

イメージ 8
わがままな子はいなくて、小さな子には皆が優しい
気持ちを感じて嬉しく思っていました。

イメージ 9
リハーサル代わりにグラウンドを見に行きました。
リアルズムサタな感じでしたね。坂本選手が
通りがかりに、笑顔で子供達に声をかけてくださり
その笑顔が素敵でした。

イメージ 10
村田選手は試合直前にもかかわらず、
子供達と写真を撮りにきてくれました。
NICU卒業生の代表としての記念撮影に思えました。

イメージ 11
試合開始が近づくにつれ緊張よりは、
他の子供達と交わりながらハイテンションな感じでしたね。

イメージ 12
各ポジションに親御さんと離れて本当にたどり着けるか?
という心配をした自分を、巨人応援チアチームの
ジャイアンツヴィーナスの皆さまやジャビットくんが子供達に
寄り添って各ポジションに走ってくださるといってくださり
感謝を感じた時間でした。

いよいよ試合直前、超満員で大歓声のスタンドに
向き合い
イメージ 13

1塁ダックアウト前に整列、その模様がバックスクリーンにも
上映され、自らの姿と向き合う感じの子供達でした。さらに
ポジションにつく9名のお子さんの名前が並びました。

イメージ 16

「村田選手が応援しているNICU野球観戦会の
NICU卒業生たちがオンユアマークスを務めてくれます」という
趣旨の言葉で、

イメージ 14
ヨーイどんで事前に約束したポジションに向かいました。。。
一部のお子さんは運動会のようにみんながそれぞれの全速力でグラウンドで
走っている光景が見えました。
こどもは走り出すときは常に全力疾走なんだと
思えていた自分でした。




イメージ 15

感動して涙が出そうでした。様々なNICU、早産や様々な御疾患、
のお子さんたちですが、皆がNICUで生死の境にいてご家族とともに
各NICUスタッフが応援していた命だと思います。


東京ドームの大観衆の中で懸命に走っている姿に
それぞれに奇跡を感じていた自分でした。その姿に
大きな拍手がおきる東京ドームの一体感にこういう雰囲気が
社会全体に広がっていったらと思いながら、そのきっかけの
1つなんだと思っていました。

イメージ 17
かけっこのようにセンターに向かって走ってくれた子供達もいましたが
チームヴィーナスのお姉さんたちが
各ポジションに無事に優しく連れ戻してくれました。

イメージ 18
そして、各ポジションについた子供達のところに
向けて村田選手たち、巨人の選手がそれぞれ走って行きました。

イメージ 19
村田選手はサードについた女の子に何か優しく語りかけているのを
感じて、何を話したのだろうかと思えていましたが、村田選手の
優しさを感じる光景でした。

始球式です。ピッチャーはしんのすけくん、
キャッチャーはたくとくんとフルネームでアナウンスされていました。

イメージ 20

しんのすけくん、
見事なピッチングでした。

キャッチャーは当院でも皆が覚えているような最重症の
先天性横隔膜ヘルニアだったたくとくんです。

しんのすけくんが投げた球を受けようとするたくとくんの
姿に、11年くらい前にこの命を守ろうとした担当医の北海道の
小林先生(コウノドリ市民公開講座で一緒にきたいと夢見ていました)
や当時のNICUスタッフのみんなでみまもった命のその後を伝えたい
気がしていました。

イメージ 21
役目を終えて、各ポジションから全速力で戻って来る
こどもたちの笑顔がそれぞれの記憶の欠片、人生の
1ページに誇りとして残ってくれたらと思っていました。

イメージ 23
笑顔と優しさとおもてなしの素晴らしさを伝えてくれた気がする
ジュアイアンツヴィーナスの皆さまとの記念撮影です。
皆さま、本当にありがとうございました。

を別の場所でお待ちの親御さんのところに
お連れして、それぞれの頑張りを讃えていました。

イメージ 22
巨人ファンというたくとくんのお姉ちゃん、
たくとくんを「あなたはすごい、あなたはすごいね」
と感動して連呼している様子とたくとくんの笑顔
、それを見守るパパさんの笑顔がNICUではみることが
できたあのときのご家族の未来なんだと素敵に思って
いました。

お姉さんはお母さんそっくりになってきましたね。
今ももちろん似ていますが、NICU当時の記憶の
お母さんにそっくりな気がしてこちらも月日の流れを
感じました。

多くの人たちに応援されながら小学校で頑張っているたくとくんに
たくとくんのいのちはすごいことをたくさん乗り越えてきて、
今の姿をみて感動している、
応援している人たちがたくさんいるんだよ
とたくとくんとお姉ちゃんにお伝えしていた自分でした。

朝から、うまくいくだろうかと心配しすぎていた
自分でしたが、こどもたちを信じる気持ちが不足していたと
反省、、、予想を超えた素晴らしい始球式でした。

オンユアマークスの始球式は今回特別に担当なので
次回以降の予定はありますが、それでも大変
プライスレスなプレゼントをくださった皆さまに
NICUにご縁がある皆さまみんなで感謝できたらと
思いました。

そして、リアル二刀流で5番投手で先発の
大谷投手対好調巨人打線、いよいよ試合開始でした。

<その2>に続きます。
コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
下記クリックするとわかりますが,
ブログランキングで上位になって
いました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)
医者・医師ブログランキング参加用リンク一覧 未熟児育児ブログランキング参加用リンク一覧

     



閉じる コメント(9)

顔アイコン

たくとの父です。
今回、NICU野球親睦会に参加させていただき、村田選手、また関係の皆様に感謝です。とても楽しい、有意義な時間でした。

今回はオンユアマークスに参加させていただきました。
どうなるか想像もできませんでしたが、まさかのキャッチャーでした(苦笑)。
周りの皆様のサポートで、無事、東京ドームの土を踏むことができました。

豊島先生の言葉、大変ありがたく思います。
先生方はじめNICUのみなさんにとても大切にしていただいた命なのだと
改めて、感謝の気持ちでいっぱいです。
今日の気持ち、忘れることなく、これからも家族共々前に進んでいきたいと思います。ありがとうございます。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

2016/6/5(日) 午後 11:14 [ oos*wa_*aka*ar* ]

村田選手、豊島先生、阿部選手、ジャイアンツのみなさん。本当にありがとうございました。いろいろな記念日になりました。本能のままのオンユアマークス(^-^)端から端までドーム探検。いつまでも回し続けるオレンジタオル!そして試合終了後の本気の迷子‼
皆さんに本気で迷惑かけました。おかげさまでその一つ一つが、ルイの記憶に
刻まれたたと思います。
今日1日で得た大きな成長は皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。

ひーちゃんのパパさん。声かけてくれて、息子の迷子を心配してくれてありがとうございました。今度、遊びに行きましょうね。

2016/6/6(月) 午前 8:11 [ ルイえびぞう ]

顔アイコン

> ルイえびぞうさん、<本気の迷子>の件、ひーちゃんパパさんから見つかったと聞き安堵でした。<仮面ライダー>と遊んでいたということお聞きして、「はっ」と気づいた自分でした。確かに、ポジション決めるときにも「仮面ライダー好きなんだ」「どんな仮面ライダー好き?」と仮面ライダーの話をたくさんしてくれていたのですね。うろ覚えの仮面ライダーゴーストの話をしたら、詳しく話してもくれました。本能の様に見えて、仮面ライダーに会いたいこどもなりの願いだったのかなと思えていました。最後にお会いできなかったのが気がかりでしたがルイえびぞうさんの上記のメッセージで安心しました。ルイえびぞうさんとはじめて会えて嬉しく感じました。今後ともお互いにそれぞれの場所でそれぞれの役目をがんばって生きていきましょう。
野球観戦会参加の皆様、引き続きご感想などお寄せ下されば嬉しいです。

2016/6/6(月) 午前 10:03 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

おはようございます。村田選手、巨人のスタッフの皆様、昨日はありがとうございました。ひーちゃんもオンユアマークスを無事に頑張ってくれて安堵でした。なんとなくセカンドのクルーズ選手になるような気がしていてひーちゃんに「もし外国の選手だったらハローって言うんだよ」と教えていたのですが、緊張のせいか出来なかったそうです。(涙)でもセカンドに立ってグルーズ選手と並んでいる姿を見てグッとくるものがありました。本日より村田&クルーズ応援団に変更です。(笑)
ビデオカメラで撮影していたので気が付かなったのですが、オーロラビジョンに名前とみんなの様子が写っていたのですね。
その後は疲れたのかまさかの9回まで爆睡!さすがに9回裏の攻撃は起こして応援しました。9回村田選手まで回らないかな?と思っていましたが最後に回ってきて男村田ボードで一緒に応援できてよかったです。(続きます)

2016/6/6(月) 午前 11:19 [ ひーちゃん父 ]

顔アイコン

(続き)周りに常連?らしき方たちがいて男村田ボードの応援を見て「凄い!!」と驚いていました。また応援の様子がオーロラビジョンにも映りましたね。
大田選手、中田選手、陽選手3本のホームラン(私、1本も見れませんでした・・・)そして大谷選手の163劼板卜なライトへのヒット(こっちは両方見れました(喜))負けてしまいましたが大変満足でした。
ルイえびぞうさん、NICU時代のお話や今現在のことまた野球談議などいろいろ話せて大変楽しかったです。ルイ君迷子になってしまって心配しましたが、見つかって良かったです。こちらこそまたよろしくお願いします。
たっくんあゆくんのママさん、お声をかけてくださりありがとうございました。ひーちゃんにも頑張りの言葉をありがとうございました。

2016/6/6(月) 午前 11:21 [ ひーちゃん父 ]

顔アイコン

はるとパパです。(長文失礼します)

まず、試合前のオンユアマークスではNICUの卒業生たちがそれぞれ守備位置に就くまで走る姿にはとても感動しました。
機会があれば是非陽翔にも経験させてあげたいなと思える素敵なイベントでした。

そして、試合後のグラウンド散策。
こどもたちがこの価値をわかってくれるのは当分先になるかもしれないですが、きっちりと写真とビデオで収めることができました。
家族でのジャビット君との記念撮影、リリーフカーに乗車、グラウンドを右往左往したりと、大変貴重な想い出の1ページとなりました。

今思えば、こども医療センターにママが入院した頃はこんな幸せな日が訪れるなんて夢にも思いませんでした。
在胎23週5日の双胎での出産から、4ヶ月のNICU入院生活。
陽翔がここまで成長してくれたのは本当に奇跡の連続だったように思います。
そして、今日東京ドームで元気いっぱいに走り回っていた陽翔の笑顔はパパへの最高のプレゼントになりました。

末筆ながら今回このような貴重な機会を与えていただきました、村田選手、豊島先生をはじめ関係者の皆さまに感謝いたします。

2016/6/7(火) 午前 1:35 [ seiko ]

顔アイコン

> たくとの父さん、たくとくんのキャッチャーはご本人が志願です。自分は顔見えないけどいいの?と訪ねたのですが、キャッチャーのプロテクターなどをつけて嬉しそうでしたね。今、NICUや外来での在宅医療を頑張っている先天性横隔膜へルニアのお子さん達に希望になるようなたくとくんの姿に思えていました。北海道の小林先生も感動したというメールをくれました。また、お会いする日を楽しみにしていますね。

2016/6/9(木) 午後 3:28 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

> ひーちゃん父さん、セカンドになるかもという予測見事的中ですね。ひーちゃんの集団の中での社会性が身についていることを驚いていた自分でした。わがままでなく、周囲と相談しながら自分のポジションを決められていましたよ。外来の部屋で気づけないことをたくさん気づけた機会でした。また、NICU野球親睦会のリピーターとして
御周囲を気遣いながら会をもりあげてくださったひーちゃんご家族に感謝でした。こういう会の準備・運営を医療者がやらないといけないというのも違う気がしている自分です。患者家族の皆様の自助・共助で開催できる会になっていった方が素敵な会になるとおもえているのでその気持ちを強くした心強さでした。ありがとうございました。

2016/6/9(木) 午後 3:32 [ NICUサポートプロジェクト ]

顔アイコン

> はるとパパさん、はるとくんご家族の皆様の素敵な笑顔はNICU野球親睦会の楽しさをいつも増して下さっている存在と感謝しています。「今思えば、こども医療センターにママが入院した頃はこんな幸せな日が訪れるなんて夢にも思いません」という言葉は在胎23週の赤ちゃんを産むことになることが必ずしも<幸せがない未来>につながるわけでないということを伝えて下さる言葉に思えて共感しました。
「陽翔の笑顔はパパへの最高のプレゼント」と思うパパさんの言葉や気持ちこそ、はるとくんを幸せにしてきたと思う自分です。また、会える日を楽しみにしています。ありがとうございました。

2016/6/9(木) 午後 3:36 [ NICUサポートプロジェクト ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事