がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
の続きです。

日曜日の学会2日目は朝から
イメージ 1

午後に開催予定の
「ファミリーセンタードケア」のシンポジウムのシンポジスト打ち合わせに
参加していました。

シンポジストでメーリングリストを作って数ヶ月前から意見交換して
いました。この日はお互いのスライドを見せ合いながら、集まって
くださった皆様にどんなことを感じてもらえたらいいかなどを意見交換
していました。

「NICUの赤ちゃんのご家族にとって居心地がいいNICU」とは
何かを意見交換するような時間であり、自分も大変参考になりました。



自分は途中退席して、歩いて7-8分かかる
会場に移動。

イメージ 2

循環の口演セッションに参加しました。

学会が難しいのは自分の関心のある
ところと他のことが予定がかぶることがあります。

ファミリーセンタードケアの
シンポジストで口演の機会を頂いたのは嬉しい限りでした。

普段のNICUで
心臓や動脈管のことだけ考えて診療しているわけ
でももちろんないので
ファミリーセンタードケアなどで考えていることを
自由にはなさせてもらう機会
を大切に感じつつ、
集中治療とファミリセンタードケアの両立を目指している
気持ちを持ち続けたい自分です。

循環のセッションにも顔を出したいと思えていました。

心臓や動脈管に関する
発表が多いセッションです。自分の過去の研究などを引用して下さる
ご報告もあり、コメントなど出切ればと想いつつ、興味深く拝聴しました。

イメージ 3

東京医大に戻られた奈良先生が当院の診療データをまとめて
INVOSモニターを用いた動脈管開存症の重症度評価について
報告して下さいました。

個人差が存在する心エコーの弱点を埋める期待を
もっているINVOSモニターです。

心エコーとINVOSどちらがいいでなく、そういうことを
組み合わせてより精度の高い診断や重症度評価につなげていきたい
と思っています。

大変すばらしい奈良先生の研究発表でした。

イメージ 4

そして、4月から横浜市大循環制御医学の基礎研究に進んで下さっている
斎藤純一先生動脈管の基礎研究の報告をしてくださいました。

頼もしく、背中が高くみえる斎藤先生でした。

動脈管の閉鎖に重要な内膜肥厚に関するご研究です。
神奈川こども心臓外科とのコラボレーション研究でもあります。

管理職の役目が増えてきて、
昔のように動脈管の基礎研究は難しくなって
いる自分ですが、
斎藤先生がそう言う道に進んでくれていることを
嬉しく感じています。

そして、
高度で自分が出来ないような手法で自分が知りたいようなことを
探求している斎藤先生の研究生活を応援している自分です。
斎藤先生の発表姿にも感動していました。

それぞれの道をみつけ頑張っている2日を素敵に感じていました。



イメージ 5

お昼は自分達が自発的に開催したランチョンセミナーの
PLASE研究セミナーを開催しました。このことは改めて別に
書きたいと思います。

イメージ 6
開催したことを良かったと思える
セミナーになったと思えたたくさんのご参加者でした。



PLASEセミナーの後は厚労省研究班(森班)の班会議でした。
低体重児の病態解明や長期フォローアップ体制の充実を目指した
班研究で、自分は神奈川県で取り組んでいるNICU電子退院手帳の
作成についての現状と今年の予定などをお伝えしつつ、他の
研究班員の皆様の報告をお聞きしてきました。

大変興味深い発見や取り組みが増えているこの厚労省班研究で
自分もその中での役割を果たして行けたらと思いました。

イメージ 7

その後は、ファミリセンタードケアのシンポジウムで講演
してきました。このことも改めて報告してきます。

自分の伝えたかったことは
「NICUは赤ちゃんの命に向き合う場所から、早産や病気の赤ちゃん達
が加わる家族を担当している場所に意識を変化させていけたら。そのことが
ひいては早産や病気の赤ちゃん達のさらなる応援になると思っています」
ということでした。また、改めて報告いたします。

イメージ 8

夜は全国のNICU施設長などが集合する新生児医療連絡会でした。
厚労省のかたからの厚労省の考えなどをお聞きしたり、多施設共同の
取り組みへの話し合いがありました。そして、今回は熊本地震の
ご報告などが熊本の川瀬先生からありました。

川瀬先生の言葉は
同世代の新生児科として大変共感、感動するお話に感じていました。
防災意識を日本全体でもっていかねばと感じたり、熊本は今も
地震の影響の中で頑張っていることに心寄せ続けていられたらと
思いました。


そして、さらによる神奈川こどもNICU同窓会に参加しました。
このこともまた、改めて書き残させて頂きます。

2日目全体を振り返ると大変予定が多い1日でしたが、無事に
終了して安堵の夜でした。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
下記クリックするとわかりますが,
ブログランキングで上位になって
いました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただけると嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)
医者・医師ブログランキング参加用リンク一覧 未熟児育児ブログランキング参加用リンク一覧

     

イメージ 15





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事