がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 2
昨日のみなとみらいです。

イメージ 3
パシフィコ横浜で開催されている


イメージ 4

全国各地の周産期医療に関わる
産科医・小児外科医・内科医・小児科医・
新生児科医が一堂に介して
合同の勉強会や報告、意見交換の会です。
 
留守番メンバーに感謝しつつ、
自分の視点での参加報告書き残します。
 
朝9時からスタート
まずはポスター発表のフラッシュトークに参加です。

夕方のポスター発表の中での優秀演題に
ポスター発表の趣旨などを2分間プレゼンする
時間です。
イメージ 5

岸上先生や産科の近藤先生の発表に立ち会いつつ、
当院に国内留学していまは地元で大活躍中の
池田先生や宮田先生の地元での頑張りを頼もしく聞いてきました。

岸上先生の心エコーデータを電子カルテ上に
経時的に残しつつ見える化するシステムは
大変注目を浴びていました。増谷先生や藤岡先生に
岸上先生の取り組むを賞賛していただき嬉しい時間でした。
岸上先生の「緻密さと実現力」を素敵に感じました。
 
そのあとは新生児慢性肺疾患のミニシンポジウム、
イメージ 1
3月まで国内留学してくれて4月に母校京都大学に戻られた
友滝先生の晴れ姿を応援しにいってきました。

神奈川こどもNICUで取り組んできた新生児慢性肺疾患の
酸素必要性を客観的に評価する取り組みについて
堂々とわかりやすくしっかりと報告し、質疑応答に
答えていましたね。

この数週間、原案をメールで送ってきて、
自分が意見を書くとそれを取り入れて再度案を
素早く送ってくる友滝先生の勢いに
尊敬を感じていました。

友滝先生に感じるのは、
皆が友滝先生を頭脳明晰、優秀というけど、
誰よりも早く準備し、
何度もなんども修正しては意見をもとめてきてくれる存在です。

「努力と謙虚さ」こそ、
友滝先生の素晴らしい長所かなと
思えていました。
イメージ 6

その努力と謙虚が学会のシンポジストデビュー
を見事に果たしてくれてこれも嬉しい時間でした。
 
イメージ 8
こはるちゃん登場の家族グループの写真展のために
学会参加の
日々ちゃんとパパさんに会えて嬉しい
お昼の時間を経て、


午後からは
イメージ 7

新生児成育医学会の診療委員会、
先天性横隔膜ヘルニアの研究班会議、
新生児成育医学会の将来構想委員会
と会議が連続で5時間続いていました。


だんだん、自分の関心や興味で学会の
様々な講演などを聞いているわけでいられなくなっている
状況を残念に感じつつ、
先人がこういう役目をしてくれていたことを
実感しておりました。

イメージ 9

先天性横隔膜ヘルニア、治療方法の標準化をしつつ
多施設共同研究をしていく相談事でした。

イメージ 16

診療委員会では慢性疾患や難病指定に関する取り組み、
先天性心疾患のスクリーニング方法の改善を目指した取り組み、
診療委員会・将来構想委員会ともに新生児科医が現在不足、
偏在していて診療がままならないNICUがある
ことをどうしていくかという人財育成、継続可能な勤務、
施設間連携を考えあうような会議でした。

諸先輩方に混じっての様々な意見を聞いてきた
時間でした。



5時間の会議を終えて
ポスターセッション会場にいってきました。
過去・現在の神奈川こども研修医だった先生たちが
たくさん報告している会場になっていました。

自分は終了間際の参加でしたがポスターを
見た上での感想や質問を受けて
それぞれの取り組みを見てくれた人たちがいることを
嬉しく感じました。

NO吸入療法中止後のNT-proBNP上昇を吉田先生が
地道にまとめてくれた演題に関心や共感を持ってくださった
先生が声をかけてくださったのも嬉しく感じましたね。

イメージ 10
 
朝9時から19時までみっちり予定があり、そのあとは懇親会でした。

あまりの多くの人が集まっているのと,
様々な人とお話ししているうちに料理に並ばなくてもいいかなと思えて
飲み物だけで様々な方とお話しさせていただきました。



イメージ 11

そのあとは福島の金井先生と近況を語り合いながら
みなとみらいを散歩しつつ、
イメージ 12
当院の看護師さんや市大センター病院の
西先生が地元として感じしてくれた
新生児医療フォーラムのオフミの会でした。

イメージ 13
55名と全国各地のNICUから
世代もベテランから若手まで集まる、
横のつながりを感じる素敵な会でした。


イメージ 14
発表、講演、患者家族グループの取り組み、
シンポジウム、研究班会議、
学会委員会会議でも思うのは、人はそれぞれの場所、
それぞれの分野で、それぞれの取り組みをしている
違う状況、違う視点であっても頑張っている人たちは多く、
そういうことの積み重ねが周産期医療を未来によりよく
なっていくことにつながればと感じました。


イメージ 15
地元横浜ですがこども医療センターから
夜景を眺めることは多くても長く時間を
過ごすことは多くはないみなとみらいの街で1日過ごし、
普段はいかないような店にいったりしたり、
ヨコハマって綺麗な街だなと旅行者のような気持になる1日でした。

普段いる街、地元を違った視点から
改めて感じる日のように思えました。
 
初日の報告でした。


ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。



フォローしてくださると嬉しく感じます。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただける
と嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)
  ブログランキング 医者・医師

イメージ 25



イメージ 2



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事