がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

5話、上記で見逃し無料配信されています。
多くのかたにご覧いただけたらと思う
お話でした。

第5話の感想や撮影協力で感じていたことを
前後編に分けて書き残したいと思います。
引き続き、ご感想やご経験などご一緒に
コメント欄に書き残せていただけたら幸いです。

第5話は切迫早産のご家族のお話しでした。
NICUスタッフはこういう想いで
頑張ってきた妊婦さんご家族や産科スタッフの想い
や頑張りの先にあるのがNICUなんだということを
改めて感じられたらと思いました。

サクラ先生の冒頭の切迫早産の説明は前回の第4話
でもありまいたが、2年前以上に
事実を伝えつつ<心励ます感じ>がありましたね。
共感しました。

そして、1日でも長くお母さんのお腹の中で
育んでもらえたらと願う中で子宮内で赤ちゃんが
一生を終えられ、赤ちゃんのママさん、パパさん、
そして、担当医のサクラ先生のそれぞれの心の
動きに心寄せてくださる物語だったと思います。

サクラ先生の言い訳しない気持ち、
あえて謝りたいという気持ち、サクラ先生
らしい姿に感じておりました。

<失敗しない医療>というのは、
<失敗を認めない医療>や<反省しない医療>
かもしれない
「ミスや過失とはいえなくても、自分たちは
なんとかできなかったのかと反省したりする
姿」が真摯な医療なんだと改めて
サクラ先生に伝えてもらった気持ちでした。

サクラ先生の姿は医師としての大切な
姿勢を感じて、それが下屋先生へ
先輩の姿勢が伝える灯火になっていたと
も思えていていました。

子宮内発育死亡の赤ちゃんに対する
医療スタッフの向き合い方については、
いつも感じるのは産科のスタッフの姿に
重なりました。

下記に過去の報道があります。
改めて多くのかたに心寄せてもらえたらと
思う記事です。


生まれて生きてこようが、
たとえ亡くなって生まれてこようが、
赤ちゃんはどちらでも
かわいらしいということに気づいている
産科のスタッフ。

そして、ママさんと一緒に過ごしていた胎内の時間を
讃え、ママさんやパパさんと会えたことを喜び、自分たちにも
あってくれたことを感謝するような姿勢があります。
製作スタッフの皆様に
そういう産科スタッフの様子を伝えさせていただきました。

コウノドリ新シリーズが始まるにあたって、この
<祈りの部屋>についてどう描くかをずっと考えてくださっていたのが
わかる鈴木プロデューサーさんたちだったと思います。

イメージ 1
当院の<祈りの部屋>にも入れ替わり、立ち替わり、
多くのスタッフが見学に来てくれていました。

産科の医療監修の室月先生も、このシーンに心寄せての
助言をスタッフからお聞きして自分も気づきをいただきました。

宮城こども病院にも<祈りの部屋>があるとのことですね。
スタッフの皆様、
小児や成人のたくさんの<祈りの部屋>を
研究してくれていた気がしました。

に書き残しているように
清塚さんも曲作りの中で取材に来てくれました。

イメージ 6
祈りの部屋での自分の様々な想い出に心寄せてくださり、
出演者の皆様を含め、
この部屋の雰囲気を体感しつつ、どう伝えるかを
一緒に考えてくださったチームコウノドリの皆様でした。

当院の祈りの部屋で撮影するという話もあったのですが
ドラマの撮影ができるほどの広さでもなく、教会なども
探したということですが、最終的にはセットを作った
というスタッフの皆様の思い入れに感謝を感じていました。

そして、昨日の放送で自分が涙が流れたのは
祈りの部屋に天井から光が差し込んでいましたね。

イメージ 2
訪問してくださった製作スタッフさんたちに、この部屋は一番、
天に近い部屋でそして、部屋の真ん中に子供達が天に還る窓が
ある。。。自然光が天井から部屋を照らしている<祈りの部屋>

自分も途中でその意味を感じて、この部屋を作ろうと思った
人たちの明るいところで天に還るのを支えたいという想いを感じている
ということを心にとめて、<天に続く窓>を
再現してくれたコウノドリのスタッフ陣に
感謝・感動でした。

イメージ 8
このブログでもNICUから天に還った赤ちゃんを見送ったことを
書き残していて、よくこころ寄せてくださるチームコウノドリの皆様
ですが、お腹の中で一生終えた場合の違いもあることに自分も
自分だけで話せない部分を感じました。

このシーンに関しては産科の助産師さん達に
相談した相談にのってもらいました。

イメージ 4
ペリネイタルロスなどを勉強・研究している
助産師さんには繰り返しドラマスタッフとやりとりして
もらい心強かったです。

のHPの言葉を下記に引用します。
ペリネイタル・ロス(流産、死産・人工死産、新生児死亡、人工妊娠中絶など、お産をとりまく赤ちゃんの喪失)は、これまで日本では語られることは少なく、タブー視する社会的傾向がありました。そのためご両親は、語る場がないどころか、早く忘れるように強いられたり、赤ちゃんの存在を無視する言葉投げかけられて傷つくなど、長いグリーフの期間を、何のサポートも得られないまま孤独に過ごされている状況でした。」
という言葉に共感している自分です。

当院の助産師さんをはじめ、この研究会の方々が
日本語訳をつけたとお聞きした
ペリネイタル・ホスピスの動画に感銘を受けた自分です。
上記の動画を周囲に紹介することが多い自分です。


今回のドラマの小松さんが
ママさんに語るシーンが大変素敵でしたが
こういう助産師さんたちの協力があって
のように思えていました。

実際の周産期センターの助産師さんや
看護師さんを想いを伝えてくれた物語
に感じています。

当院の産科の助産師さんたちが
撮影の日は
スタジオにいってくれました。

当院の助産師さんたちは、
撮影シーンをみて厳かで、実際の
光景を表現してくれていた気がして感動したといって
病院に戻ってきてくれたので、
きっといいシーンなんだろうと
想像しながら自分も拝見しましたが、同じ気持ちでした。




そのご家族を見送るシーン、
イメージ 18

違う場所から帰ってもらうのでなく
正面玄関からいつも通りに病院を帰って
もいいのではないか。。。

今橋先生の「ご家族が望んだからね」
という言葉の後には
「地下や裏口から帰らないといけないご家族
なんて本当はいない」という現場のスタッフの気持ちを
代弁してくださった気がします。


お腹の中で亡くなった赤ちゃんは骨が大人ほど強く
ないから、ご老人のお見送りと同じような火力では
骨が残らないことがあって朝一番に日を弱めにして
いただくのが大切なので一旦、お家に戻って
1日、過ごしていただいて翌朝がいいのではないかと
いうことなどを伝えてくれたスタッフもいます。

悲しみの中にいるご家族が
また、違う辛さを味わないように心寄せている
スタッフがいることを心温かく感じていました。

そして今回、わたぼうしの会
などの存在を知ってもらえたらと思うとともに、
当院のNICU卒業生ご家族から生まれた
などの自助グループがあることにも
こころせてくださったチームコウノドリの
皆様です。

天使のブティックの皆様も撮影協力してくださった
今回とのことです。お腹の中や外で早産・低体重で天に還る
赤ちゃんに、サイズのあったお服を着せてあげたい、
同じ経験をした人たちの思いがあることを
伝えてくださる天使のブティックです。

今回、沐浴のあとに産科スタッフが用意していた
服がそうです。そのことに気づいて感動して
涙が流れました。

戸惑うご家族に、そっとするだけでなく
後で悔いが生じないように、
さりげなく寄り添いたい。。。
と思う人たちがいることを小松さんの言葉にも感じましたが
表現してくださった出演者、
脚本の吉田さん、製作スタッフに感謝でした。

産科で同部屋の妊婦さん達の友情もよかったですね。
女優さん達、適任だったと思えていました。
ケーキ屋の旦那さんは新宿スワンの関さんに
通じる素敵な役でしたね。

実際にも同じ時期に産科病棟で入院の時間を過ごしたご家族の
出会いとご縁、支え合いを素敵に感じていて、
医療者だけが支え合う存在でない、ご家族同士の
支え合いがあるからこそ、人は救われることがある
ということを出会った人たちから教えてもらってきました。

いつか、このご家族がまた会えてお互いの家族の
幸せを喜び合える日を願う気持ちで拝見していました。

イメージ 6
今回の物語、自分達がこれまで出会った
お腹の中、NICU、母性病棟、NICUのその先、お子さんが
天に還るのを一緒に見届けたご家族の皆様の
表情や言葉が胸に去来するのを感じながら
お手伝いしておりました。

今はもう会う機会がないご家族がどうしているだろうか?
と想いながら、想いが届いたらと思えていました。
ご感想などお寄せくだされば心強いです。


未熟児動脈管開存症のご家族とスタッフの物語や
倉崎さんの赤ちゃん、NICU卒業生のメッセージパネル
やゴロー先生のNICU入りなどのことは
イメージ 5
また改めて書きのこしています。上記も引き続き
ご覧いただければ幸いです。

ご意見ご感想など、コメント欄にお寄せいただき、
一緒に書き残してくだされば幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イメージ 7




フォローしてくださると嬉しく感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどちらかにクリックしていただける
と嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)
  ブログランキング 医者・医師

イメージ 25

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。

イメージ 2


閉じる コメント(5)

天使のブティックの産着とメッセージをいただいた時は光を見つけた気がしました。同じ子供を無くす経験しても時に悲しみのマウンティング?「私の方がかわいそう!」と残念ながらなる事もあるけれど、ただひたすら寄り添い子供の事を想ってくれた事はとても嬉しかったです。

2017/11/12(日) 午後 9:03 [ gako ]

顔アイコン

私は26週で緊急帝王切開をし、一卵性の双子を産みました。900g代と500g代の小さな命。小さい子は腸に穴が空き何度も手術をして頑張りましたが、3ヶ月後に亡くなりました。ちょうど2年前。コウノドリがやっていた時期です。亡くなった時に初めて入れる沐浴。初めて着る服。初めてのお外。生きてる時にやりたかった。今でも辛く苦しくなります。でも、あの時たくさんのスタッフが一緒に涙を流してくれた。Nのスタッフのおかげで3ヶ月母親が出来たんだと思う。感謝してます。双子って不思議なもので危ないかもと言われてた大きな子がいきなり奇跡的に動脈管が閉じ、そしたら小さな子が急変…。この子は命を削ってでも大きい子を助けるために産まれてきたのかなと思ってしまいました。大きい子は今は2歳。10キロになりました。PVLがありますが、我が家の可愛い可愛いアイドルです。小さな命を守るということはとても大変なこと。先生達Nで働くスタッフにホント感謝してます。

2017/11/12(日) 午後 11:27 [ ]

顔アイコン

豊島先生ご無沙汰してます。
2年前、私の赤ちゃんも空へ還って行きました。ちょうどその頃コウノドリが始り見ることは出来ませんでした。今でも赤ちゃん見るのが辛くて見ていません。が、今回だけ見ることが出来ました。
私も約2ヶ月の長期入院、上の娘がただただ心配で辛い入院でした。
点滴でボロボロの腕や、友人も数名出来て同じでした。けど、赤ちゃんが亡くなったのは私だけ。出産後に院内で会った時、NICUにいる。と嘘をついてしまった事、体はお母さんなのに…全てよみがえりました。
私の赤ちゃんは生きて産まれたので戸籍に残りました。生きた証が残りました。が、産まれてすぐに亡くなる事が分かっていた出産、亡くなった子を産むのと同じくらい辛くて苦しかった。
この激しい痛みの先には悲しみしかない辛さ。でも、本当に辛いのは退院してから。普通に生活をしなくてはいけない辛さです。まだ辛いの?昔の事。など心無い言葉や、妊婦さんや赤ちゃんを見掛ける辛さ、確かに産んだはずの赤ちゃんがいない悲しみはいつまでも消えません。

続きます

2017/11/12(日) 午後 11:56 [ みぃ ]

顔アイコン

先程の続きです

赤ちゃんを亡くしたお母さん達は、退院してからもずっと苦しんでいます。
今回のドラマのように知らない方はたくさんいます。
コウノドリでは趣旨が違ってしまうかもしれませんが、赤ちゃんを亡くしたお母さんの退院後もドラマなどでみんなに知ってもらう機会があればいいのに。と、思いました。

月日は過ぎていくのに気持ちはあの日のまま。
だんだん泣ける場所が無くなり現実から目を背けて過ごしています。

2017/11/13(月) 午前 0:01 [ みぃ ]

顔アイコン

亡くなった子供の沐浴を終えたあと準備していただいた天使のブティックのお洋服、そこについていたメッセージ、忘れないです。私だけじゃないんだ…と。退院前の祈りの部屋での見送りも、先生や助産師さん、看護師さん達も集まってくださったことも。皆さん優しくて、子供の名前も聞いて呼んでくれて、嬉しかったです。
みぃさんの投稿、私もそうでした。長期入院以外は同じ?です。辛かったですね。。。出産するまでも、退院したあとの普通の生活の今も。
死んだと知っても、お悔やみの言葉もほとんどありません。みんな知らないふりで元気になるのを待ってるだけ。この辛さをわかってほしい…という気持ちと、「ひとりでも寄り添ってくれたのだから、この気持がわからない人がいてもいいや」という境地になるのを待つ相反する気持ち。
病院でのあの数日間は、大事な思い出です。思い出すと救われます。病院の皆様には感謝しかありません。

2017/11/14(火) 午後 1:49 [ くう ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事