がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

留守番してくださったメンバーに感謝を込めて、
土日で開催の循環管理研究会の報告です。

イメージ 1
北海道から熊本まで全国各地の
近い全国各地のNICU医療に関わる
新生児科医や小児循環器科医が和歌山に
集結してくださり、大盛況な勉強会となっていたと
思います。

イメージ 2
演題の応募も毎年増加傾向で、教育講演などを減らしている
現状です。

イメージ 3
質問してくださる先生方とどんどん増えていて、
NICUにおける循環管理について関心や情報交換
が進化しているように思えます。


イメージ 3
赤ちゃんの心不全や心臓病などの診断と治療。
脳室内出血などの脳障害を予防することを目指した循環管理、
動脈管開存症、先天性横隔膜ヘルニア、不整脈、双子の循環管理、
診察、心電図、心エコー、様々な循環モニターなどの評価方法
の質向上様々な治療法の経験の共有でした。

この研究会から学会に広がっていたと思える、
後悔のある診療を皆で持ち寄り追体験を目指す
ピットフォールセッション、後負荷不整合の考え方、
脳静脈揺らぎ波形、左房容積、脳循環モニター、
双胎の循環管理、3次元エコーなども毎年
内容が進化している気がしまました。

毎年、テーマ募集のインターネット投票をしながら
話し合う内容を募集しています。

イメージ 4
今年たくさんの演題とシンポジウムになったのは
新生児慢性肺疾患に合併する肺高血圧症の診療でした。
多くのNICUで悩むことがある早産児の肺高血圧症の
情報交換にたくさんの時間を費やした今回でした。
イメージ 4
自分も右室機能を含めて講演をさせてもらいました。
反響がすごくあったと思えて、講演の甲斐と今後の
目標をもらった気がします。この内容は報告2
以降で改めて書かせていただきます。


イメージ 2
大変興味深く感じる情報交換と
これから取り組んでいきたい思いや考えを
共有できたような気がするCLD-PHシンポジウムでした。


イメージ 5
ハンズオンセミナーが今年の初めての取り組みでした。
熊谷先生や横山先生、増谷先生、山本先生、池田先生が
丹念に準備しながら志願してくださった2名の先生とともに
別室でエコーを実地指導しながら
イメージ 6
どんなふうに考えてどう手を動かすかを別室のエコーを
全員で共有する形で進みました。日本の新生児医療では
初めてに近い試みなんだと思えて、準備してくださった皆様や

イメージ 7
協力してくださったお子さんとご家族の皆様。
「ブログ読んでます。」と伝えてくださりありがたく
お写真誘いさせていただきました。ありがとうございます。

支援してくださった
企業の皆様、それぞれに感謝で、今後もこの研究会で
続けていきたいと思える企画となりました。

研究会が進化したと思える企画誕生に思えました。

イメージ 8
特別講演はこの研究会で繰り返しご講演をお願いしてきた
稲村先生に今年も来ていただきました。

胎児診断をどう新生児治療に
生かしていくかというお話、
胎児診断で心臓病を見つけるを超えて
重症度評価までしっかりして
どういう治療プランを立てていくかという
ことをお話しくださいました。
イメージ 9

稲村先生が積み重ねてきた歴史と
辿り着いた考えを時を経てお聞きできて、
その弛まぬ診療と研究の姿勢を尊敬する思いでした。

「これからの新生児医療を担う
医師には命を助けられるに止まらず、
どう発達よりよく救命するかに
こだわっていく時代を作って欲しい」
というメッセージが胸に響きました。

イメージ 10
脳を護る循環管理を後輩世代の仲間に加わってもらいながら
毎年、情報交換しながら考え続けていけたらと思いました。


イメージ 11
懇親会もたくさんの
人がお集まりくださり意見交換の場でした。

イメージ 12
元気をたくさんいただいた気がしました。

来年も5月に兵庫こどもの芳本先生を会頭に
神戸で開催予定です。
多くの皆様にお集まりくださればと思います。


研究会HPから登録できる
研究会メーリングリストで事後討論や
インターネット講演も始まっています。
来年の研究会のテーマもア
ンケート取りながら決めていきます。
NICU医療に関わる皆様にはご登録いただければ
幸いです。

イメージ 13

今年の会頭の熊谷先生をはじめとした和医大の皆様に心地よい
研究会運営を感謝いたします。
イメージ 4
ありがとうございました。

イメージ 1
研究会の報告、後日改めて
報告2も書かせていただきます。


ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  ブログランキング 医者・医師



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事