がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

NICUの壁をブチ壊す!

イメージ 1
病院全体のプロジェクトとして進行中のNICU改築プロジェクト
だと感謝しています。

イメージ 6
毎週火曜日の工事関係者や病院関係者の1週間の工事に関する
会議です。工事と診療を並行して行うために会議を繰り返しています。

工事関係者の方々が口々に伝えてくれるのは、こんなに工事に
協力的な病院は初めて。。。ということです。やらないといけないことなら
できない理由を探すより、できる方法を見つけて文句つけずにやるという
こども医療センターの気風なのかなと思えています。

イメージ 7
並行して、新しいNICUの詳細図面の決定など話し合いがどんどん
増えています。

自分は正直、イライラや焦り、時間のなさを
感じて辛くなることもある最近なのですが
NICUスタッフだけでなく、多くの工事関係者や事務系職員が
NICUリニューアルに向けてそれぞれの力を尽くしてくださっている
ことを思えると自分が愚痴ったりボヤいたりする場合でない
と思えています。



イメージ 11

満床が続くNICUですが、
工事の音がずっと聞こえています。

自分の想像以上に気にせず、赤ちゃんの診療やケアに
集中している気がするNICUスタッフに心強さを感じて
もいます。


イメージ 3

ベビー室、Cの部屋と言われた部屋の中に
「工事関係以外立ち入り禁止」エリアがありますし
イメージ 2
未熟児網膜症の手術などに使って来た手術室も立入禁止の間仕切りエリアが
あります。壁の向こう側から工事の金属音がNICUに聞こえています。


この壁の向こうがどおなっているかというか
<見える化>すると
イメージ 1
ベビー室・授乳室・から産科外来・川滝エコー室・遺伝科検査室まで
全ての壁がぶち抜かれてワンフロアになっている今です。

これを見た瞬間、これまでここで様々な想いをして来た
場所や伝統を破壊した自分なのかな。。。と思いつつ、
これまでを踏まえてこの場所で新しい未来を作る準備を
していかなければならないとも思えています。


イメージ 5
今週は全ての壁を打ち抜く工事でした。
そのため、全工程の中でも騒音がでる
工事が多かった先週から今週です。

イメージ 4
今後、これらの場所に新しいファミリールーム、スタッフエリア、
機材センターが出来上がる予定です。

NICUスタツフにとっては工事の先の未来を想像しながら
頑張れたらと我慢しているかもしれない工事と診療の両立ですが、
NICUに止まらない状況になっている改築工事です。

2階の母性病棟、3階の手術室まで
<壁を打ち抜く音>は響いているようで皆が
不快な音に心乱されないように診療に集中していた
今週だと思います。

NICUスタッフは音に慣れて来たのか、
できあった後への想いもあって音に許容度が出て来ていると
思うのですが他の診療部門の方々がクレームなく仕事してくれている
ことに感謝しかありません。

工事中もなるべく患者さんを断らずに受けて欲しいという
要望も多いのですが、一方でこういう音の中に入院してくる
赤ちゃんとご家族を普段通り、収容していいのかは悩む部分ではあります。

音のことも考えながら診療や入院制限をしていけたらと
思えています。


医学生さんの病院案内で訪問した
重症心身障害児施設。
今の工事エリアの真下に当たりますが、
イメージ 9
見学者の案内を告げようとしても重心の皆様に会話がお互いに
届かないくらいの騒音でした。

自分が以前に担当したお子さん達もいる場所であり、
この騒音について当たり前とは思えない気持ちがしました。

イメージ 8
NICUのリニューアルを理解してくださり
この騒音に向き合ってくださる、我慢しているに違いない
重心施設の皆様に感謝をカンジタられたらと思いました。

イメージ 10
騒音だけでなく、NICU改築工事のために重心のお子さん達の
バギー、車椅子置き場を撤去しないといけなくなっているという
こともきき、NICUを改築することが様々な場所の診療や生活に
影響を及ぼしていることを改めて感じました。こういう場所を今後
どうしていくかを自分も一緒に考えますと重心の皆様とお話しして来ました。

NICU改築にお寄せ
いただいている寄附などをNICU改築のために影響を受ける場所の
工事後の復旧込みのリニューアルにも活かせたらと思えていました。


多くの部署の理解と協力と我慢の元に続いている
<診療しながらの工事>
音にも負けずにみんなで乗り越えていきたい、
イメージ 12

出来た先のことを楽しみながら新しいNICUを
みんなで創っていけたらと思えています。

先月も4名、今月も早くも2名の方が
新生児科指定のご寄付してくださったと聞き
ありがたく感じています。お気持ちに感謝しつつ
引き続き頑張っていけたらと思いました。

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。
最後の2分が以下の動画に別れてしまいました。

下記にクリックしてくだされば幸いです。
  ブログランキング 医者・医師


イメージ 25

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事