がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 12
外来で出会ったNICU卒業生のゆうせいくんご家族。

イメージ 11
NICU卒業生のしゅうやくんご家族。

NICUの外来には様々な<成長の喜び>を日々感じます。

イメージ 13
今、NICUで時間を過ごすえみりちゃんとママさん、
NICUの中にも日々の成長はあるし、卒業のその日まで
それぞれの成長を日々喜ばせていただけたらと思えています。


イメージ 2
カンファレンス室に置いてあった林先生の夏休みのお土産です。
これでどこに行っていたか?わかる人いらっしゃいますでしょうか?
わかる方はぜひ、コメント欄へ。。。

朝6時羽田着の国際線で戻ってきて、そのまま当直入りした
若さを微笑ましく思えました。

イメージ 3
林先生の復帰と日本では食べられないお土産の味と
旅行の土産話に笑顔が絶えないカンファレンス室でした。

旅行は人生にとって、節目になる経験をするものだなと
思いながら一期一会の旅を素敵に思えていました。

イメージ 9
林先生が旅行中のNICU、夜の緊急搬送依頼に行くことになった
4月に新生児科医かつ、最年少で常勤医になってもらった
谷山先生が往診に行くことになりました。

谷山先生にアドバイスをする先輩たちの姿に
谷山先生を信頼しつつ、未知なる経験があった場合の
アドバイスをそれぞれにしていましたね。

イメージ 4
同行を志願してくれた同年代の高梨先生と武岡先生。

イメージ 5
新生児科医になろうとしている世代の3人に緊急搬送を託しました。

ドクターカーでの往診や三角搬送はそばに誰かがいない場所で
責任を持って搬送先を決める役目がある、誰かに聞けばいいではない
自分たちがその場所でできる医療や判断をしないといけない、
信じているからできることをしっかりやってきてと送り出した
自分でした。

ドクターカーまでの間に、最緊急の状況のコーチングを
させてもらいました。


イメージ 6
ドクターカーの準備と同時に搬送先での書類などのアドバイスを
手短に的確にしてくれている勝又先生の姿にも成長を感じ、頼もしく
感じました。

イメージ 10
ドクターカーを見送りつつ、赤ちゃん、ご家族、谷山先生たちが
それぞれにより良い時間となることを願いました。

イメージ 7
搬送先からの報告電話。現地の先生方のサポートもあって
赤ちゃんの無事と三角搬送の相談を留守を守ってくれた西田先生や
勝又先生が案じています。いいチームに思えました。

イメージ 1
三角搬送までの役目を終えて戻ってきたドクターカーと自分の
帰宅時間が重なりました。搬送先で判断に迷ったことや
こう判断したという振り返りを3人から聞きました。

イメージ 8
NICUでくる患者さんだけを待っているだけでは得られない経験、
そばに答えを教えてくれる存在がいない中でしっかり判断している
3人の姿に、こういう搬送の旅は新生児科医が成長する機会になる
と改めて思いました。

自分は三角搬送や往診が医療の原点に感じて、新生児科医になった
意味を気づかされることがたくさんあったと思います。
胎児診断などが盛んになり往診や三角搬送は激減した神奈川県ですが
それでもこういう機会を若手医師の皆様には積んでもらいたいと
改めて思う、搬送から帰ってきた3人の笑顔でした。


ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

下記にクリックしてくだされば幸いです。
  ブログランキング 医者・医師


イメージ 25




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事