がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

里帰りと部活動。。。

8月に戻ってまだ書残せてないことを
書き残させていただきます。

イメージ 2
4ヶ月以上早産だった女の子。ママさんと一緒にNICUに
里帰り訪問でした。当時を知る看護師さんたちに何よりの
励ましに思える再会の場面。
イメージ 3
本人には自分のルーツを感じ、ご家族やスタッフがどんな
気持ちだったかを現場で感じてもらえたらと思いました。

イメージ 4
若手スタッフには自分たちの仕事が命に向き合っていること、
自分たちの頑張りの先にある命の未来を感じる機会になればと
思えてのNICU里帰り面会です。

この頃の夜のNICU,
イメージ 5
斎藤先生が近赤外組織酸素飽和度モニター
INVOSをガラガラと押しながら
次から次へと測定してくれていました。
イメージ 6
昨年までは吉田先生の役目を斎藤先生が引き続いでINVOS部活動を
続けてくれています。学会ではファミリーセンタードケアの話をよくして
いる斎藤先生ですが、日常診療ではNVOSやNAVA呼吸器など
呼吸循環などに最先端の機械を
使いこなす頼り甲斐のある新生児科医になってくれているのを
感じていました。

そして、月に1回のチームINVOS勉強会
亀田医療センターの近藤先生に軍師として加わってもらい
1ヶ月間のINVOSモニターの振り返りを臨床経過、バイタルサイン、
心エコー、NT-proBNPなどと合わせて循環管理を振り返る
日が来ました。

イメージ 13
月に1回、違和感なく、この勉強会に参加するために滋賀から
里帰りしてくれる吉田先生、吉田先生が病棟に入ってくると皆が
笑顔になりますね。

イメージ 1
皆が「せっかくだから当直して帰る」と異口同音に声かけしつつ、
吉田先生の復帰を心温かく集まって来ますね。


イメージ 12
愛され続けている吉田先生、2年間、多くのスタッフに
勇気をくれていた存在だからだと思えます。


イメージ 7
近藤先生、吉田先生を加えてNVOS部の勉強会のスタート。

部活動は仕事と思わず、
やりたいと思う人の活動と位置付けています。
取り組んだメンバーの報告をみんなでシェアする勉強会です。

イメージ 10
8月は京都に帰る直前の花岡先生がINVOSモニターにも関心をもって
取り組んでくれたことを報告してくれました。

イメージ 9
京大の河井先生や友滝先生を彷彿するわかりやすい報告でした。


イメージ 8
そして、吉田先生の描き終わりつつある
研究論文のデータをみんなで確認したINVOS勉強会でした。
そして、弾丸のように滋賀に戻った吉田先生、
この勉強会のために毎月、横浜に戻って来ています、

その想いに応えて
旅費や時間を超えた有意義な時間にしたいと
思えています。

循環をモニタリングして、医師が張り付かなくても的確に
危険を察知できるようになりたい。。。と思えている自分たちです。

9月からはINVOSモニターに加えて、
6月に神奈川に講演でお招きしてみんなで拝聴した
埼玉医科大学総合医療センターの石黒先生の
長年取り組んで来たレーザードップラー皮膚血流量モニター
も活用している私たちです。

イメージ 11
従来のモニター、心エコーに加えて
その他にインボスモニター、皮膚血流量モニター、
などを加えてそれぞれのモニターの活用方法を国内留学の先生方と
日々、語り合っています。

石黒先生にアドバイスをもらいながら皮膚血流量モニターの
素晴らしさを体感する最近で、INVOS勉強会でもみんなで
一緒に振り返りたいと思えています。

そして、今月のINVOS勉強会は明日です、

ご意見ご感想などお寄せくだされば心強く感じます。

下記にクリックしてくだされば幸いです。
  ブログランキング 医者・医師


イメージ 25




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事