がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]



とお願いして以来、新生児科指定のご寄附してくれた
ご家族が3月から8月までで39件
9月も過去最多15名でしたが、10月も4件のご寄付が
あったということで感謝です。計58件のご寄附に
感謝しております。

昨日は、58件の中には
読売巨人軍、神奈川県タクシー協会、横浜ゴムという
会社組織としてのご寄付が含まれております。
イメージ 2
に続いて、地元企業の横浜ゴムの方が
NICUにご寄付してくださいました。

イメージ 4
改築工事と併行して普段通り診療しているNICUを
実際に訪れてくださいました。

イメージ 1
横浜ゴムCSR企画室の大島様でした。

寄附の経緯をお尋ねしたところ、こども医療センター近くに住む
横浜ゴムの職員の方が、患者家族などではないけど、
こども医療センターの
NICUを応援したいと社内で提案してくださったと
いうことをお聞きしました。

提案してくださった方にも心から感謝で
いつかお礼を直接伝えられたらと思えます。

下記のインターネット記事をご覧いただければと
思います。

 横浜ゴム株式会社の従業員社会貢献基金である
YOKOHAMAまごころ基金としてNICUにご寄付いただきました。

自分はNICUをご案内しながら、
地元の会社が応援してくださること、寄付など
してくださることは自分たちも入院しているご家族達も
地域の中でこの場所で孤独でない、、、街に応援して
くださる会社があること自体がお金を超えて大きな
励ましですとお伝えさせていただきました。

その上で、経営企画課の皆様と相談して決めた
寄附の使わせていただいた用途をご報告させていただきました。
イメージ 2
寄附の使い道として、
今月オープンした2つに増やしたファミリールームの
アメニィティーについて寄附に感謝しつつ、報告させていただきました。

イメージ 3
新しいファミリールームで時間を過ごされた方、
これから過ごされる方には
横浜ゴムの社員の皆様の応援の気持ちを
一緒に感謝していただければとも思えます。

NICUはベッドさえあれば、診療できるわけではない
様々な医療機器が必要です。人もいるし、患者さんと
家族が過ごすアメニティーも必要です。多くの方に
引き続き応援いただければありがたく感じます。

寄附してくださった御家族にメッセージもいただけれたらと
思えています。以下のようにこのブログに寄附への想いを
残させていただけたらと思えています。

ktoyoshima@kcmc.jp
に寄附してくださった皆様には
メッセージなどお寄せくださればと考えております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事