がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
の続きです。佐藤徹さんの講演の中に出来て来た
成育医療研究センターで既に取り組んでいるクリスマスの
小児病院ウィッシュリストを当院でも取り組んでみようという
話になりました。


まずは周産期医療でテスト試行してみるということになり
イメージ 1
NICU医療、産科医療、フォローアップ外来に関わる
医師・看護師・助産師・保育士・理学療法士・作業療法士、事務系職員を
はじめとし多職種でこんなものがあったら自分たちは子供達と
ご家族にこんなことがもっとできるのに。。。という観点で
欲しいものリストを作ることになりました。

こども医療センターの各部署、こども医療センターのNICU入院ご家族、
卒業生ご家族に意見を募ろうということになりました。

イメージ 2
成育医療研究センターからskypeを使って神奈川県小児医療基金の
アドバイザーに就任してくれた佐藤さんが説明を集まってくれた
メンバーにしてくれていました。
佐藤さんが作ってくれたインターネットフォームで多くの職員
や患者家族からこういうものがあったらいいなというグッズの
意見をもらえたらということになりました。

院内の告知メールは以下です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 この度、かながわ県立病院小児医療基金では、
Amazonによる周産期医療ウィッシュリストの意見を募集します。

 今回は、周産期医療をパイロット・スタディとして、こども医療センター独自のファンドレイジングとはなにか?を模索するフェーズへと発展していきたいという考えから、周産期医療に関わるものに限定して募集をいたします。

該当するものがありましたら、下記のURLからアクセスしていただき、ご回答をお願いします。

回答期限は12月7日(金)とさせていただきますが、期限後でもご意見は承ります。

【ご意見URL】
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdnHXmjpbduHoKk8qQe4_EOT-lA08VBVtTzK1Qb3Jc3la0L6g/viewform

※ウィッシュリストとは
  施設で求められている物品を、Amazonで購入・郵送先に病院を選んでもらい宅急便で送ってもらう仕組み
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こども医療センターの職員、ボランティア、患者家族の皆様には、様々な世代、様々な職種、立場からこども医療センターの周産期センターに集う赤ちゃんと
ご家族へのクリスマスプレゼントを考えるつもりでそれぞれにご意見いただければと思います。こども医療センターらしいウィッシュリストになればと願っています。上記に意見を入れてくだされば幸いです。


今回のプロジェクトなどのキックオフミーティング

イメージ 1
 谷山先生が上記の講演会を以下に動画で収録してくださいました。
追体験でご覧頂ければ幸いです。

動画1:NICUリニューアルオープンの経緯とビジョン

動画2:NICUリニューアルオープンのビジョン終盤と寄付などの現状、
NICUアンバサダーの支援活動(成川さん)


動画3:佐藤さんの講演

動画4:佐藤さんの講演
動画5:佐藤さんの講演




イメージ 13

イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事