がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 5
400gで生まれたけんちゃんご家族。お兄ちゃんとけんちゃんが
並んで過ごし、パパさんとママさんが見守る雰囲気が素敵に
思える先週。

イメージ 4
他の病院から移籍の看護師さん12名に続き、
看護学校卒業したての新人看護師さん9名が加わってくれました。
初心を大切に、笑顔を忘れずに頑張ってくれたらと応援したい
気持ちでした。

イメージ 6
先週金曜日は夕方から川滝先生が立ち上げてくれたカンファレンス。
先天性心疾患ではやって来たことですが、小児外科疾患にも同じように
胎児診断の小児外科疾患の赤ちゃん達の
出生後の診断・治療を振り返りつつ、
胎児診断からNICU医療、小児外科診療、フォローアップに関わる
医師が集まり今後の診療を考え合うカンファレンスでした。

産科・新生児科・小児外科・放射線科医と多診療科が
集まるカンファレンスでした。


イメージ 2
この日は頸部リンパ管腫に対するブレオマイシン注入療法について
小児外科の先生方に解説してもらいながら
過去・現在の患者さん達の診療をみんなで
共有しました。

イメージ 1
現在、今後の治療方法について
意見交換を始ました。

イメージ 3
若手の新生児科医や小児科研修医にも知識や見識を深め、
NICUのことだけの視点でなく、出生前、NICU卒業の先を知る
学びの機会になっている気がしました。

学会の60周年記念式典でスピーチをさせて
もらった時の内容が以下です。

こども医療センターのメンバーにも是非、上記を
読んでもらって一緒に目指してもらえたらと思えています。
スピーチの後半の願いの実現に向かうようなカンファレンスを
提案・準備してくれた川滝先生に感謝でした。

この勉強会の後は

イメージ 1
の日でした。

全国各地の19箇所のNICUからもご希望があり
神奈川入れて20施設で合同の遠隔講演会となりました。


毎年、国内留学の先生方を対象に開催している勉強会で
普段は2回に分けてワークショップにしてやっている勉強会なのですが
今年は1回で1時間15分でお話しさせていただきました。
後半ちょっと早足になってしまったかもしれませんが、

医学情報の探し方、まとめ方、確かさの評価の仕方、
普段の診療への活かし方などをお話しさせていただきました。

暇はあげられないかもしれないけど、時間を有効に活用できる
能力を身につけるお手伝いができたらと思っての講義です。

内容は
自分たちが担当した2つのガイドラインの作成の時に
大切にした根拠に基づく医療(EBM)のコンセプトとガイドラインの
作成や活用の考え方、PICOに沿った文献検索と論文のまとめ方
ライフサイエンス辞書やPubMedのアドバンスボタンを使っての検索。

ランダム化比較試験やシステマティックレビューの読み方
交絡の考え方、p値、95%信頼区間、リスク比とオッズ比の
解釈の仕方、NNTやNNHの考え方をお話ししました。

イメージ 9

今年の新生児科の新メンバーはジュニアレジデントから昇格の
江原先生のみなので話を聞くのが2度目のメンバーが多かったせいか
院内の会場は既に身につけてくれているメンバーが多く心強く感じました。



イメージ 8

ジュニアレジデントの西條先生や他の診療科の先生も来てくださり、
質問してくれて嬉しく感じました。
今後の診療に活用してくれたらと思いました。



イメージ 7
この遠隔講演会の運営をしているメンバーです。前日まで各施設と
やりとりをしている森さん、そして3時間前から会場のセッティングや
遠隔配信の映像や音声の配信準備、講演中の調整をしてくれている
風間さん、坂田さん、蔭山さん、作地さん、
イメージ 10

高槻でモニタリングしてくれている
岸上先生です。

終了後も後片付けをしてくれて、皆様のチームワークで段々
配信がうまくいっている気がする気がします。


うまくいかなかった会もありましたが粘り強くおつきあい
くださっている全国各地の皆様にも感謝しています。
今回もフィードバックアンケートをよろしくお願い致します。

今年度は双方向のやり取りを増やしていきたいと
思えています。

ストリーミングから同時意見交換をできる方法を
増やしていけたらと思えています。

次回は5月14日を予定しています。多くの施設の皆様に
ご参加いただければ幸いです。




下記、引き続きみなさまよろしくお願いいたします。



追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  ブログランキング 医者・医師 イメージ 25





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事