がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 9
で救急外来でご家族を見送ってから1ヶ月。

家族でずっと一緒にいたいという願いを伝えてくれた
ご家族。連絡がないのはいい知らせと思いながら
ひなちゃんの時間に心寄せさせていた1ヶ月でした。

そして、ひなちゃんご家族からお電話。
イメージ 2
相談して再入院して様子をみんなで診させていただきました。

一緒にひなちゃんを見守ってくださった小児科病棟の皆様や
集中治療科のスタッフにも心強く、心温かく
思いながら、ひなちゃんに会いに西田先生や下風先生も顔を出して
くれていましたね。


イメージ 3
ソーシャルワーカーさんや往診医さんや訪問看護師さんと
相談して見守っていた地域連携の看護師さん、カウンセラーさん
など順番に小児科病棟に顔を出してくれていました。

イメージ 4
ベットに寝ているよりママさんやパパさんに抱っこされると
安定するのを皆で実感していました。

抱っこされることは赤ちゃんにとって
何より安心する時間なんだと改めて思いました。

イメージ 8
24時間、ずっと誰かが抱っこしていたように思えます。
パパさんやママさんにこの1ヶ月間のことを問わず語りで
お話ししてもらいながら自分たちが知らないご家族の
時間をシェアさせていただいておりました。

イメージ 9
遠方にいるご家族も集まっていらっしゃいましたね。

自分もNICUで出会った皆様、お家での3人を
見守ってくださっていると思えた方々と再会できて
心温かく感じるご参集でした。

ひなちゃんへの想い、この4ヶ月間、ご家族にずっと
一緒にいたひなちゃん、皆に愛されて時間を過ごしていたのだと
実感しました。

イメージ 7
ママさんとパパさんに自分も抱っこしてくれませんか?と
言っていただきありがたく抱っこさせていただきました。


イメージ 6
ひなちゃんがお腹の中にいるときから存じ上げているご家族。
ひなちゃんがママさんやパパさん、多くのご家族にたくさん
笑顔を届けてくれていたのだと思えていました。ご家族の
写真に自分も混ぜていただきありがたく感じました。

イメージ 5
NICUで仕事しながらも
イメージ 1
の頃を思い出しながら、皆が小児科病棟にも心寄せていた
夜だったと思います。

イメージ 10
小児科病棟にNICUの看護師さんがぞろぞろと来るわけにもいかないから
自分が診にいったときはNICUスタッフにも様子を伝えていました。

イメージ 11
小児科病棟で一家団欒な心温かに思える時間が流れているように思えました。

イメージ 12
消灯時間。また、明日ねとひなちゃんに声をかけて、
ご家族それぞれの素敵な表情に感じながら
カウンセラーさんと共に部屋を出ました。


明け方、当直の勝又先生に電話をいただき、出勤。
夜にママさんとパパさんでひなちゃんを
お風呂に入れていた写真を勝又先生が感動して
ことを伝え、その写真をみせてくださり自分も
ひなちゃんとママさんとパパさんのこの上なく
優しい表情に思えて感動していました。


イメージ 22
翌朝、ママさんとパパさんから
こはるちゃんがご家族で過ごした部屋にいきたい、
<祈りの部屋>で時間を過ごしたいというご希望で移動しました。





イメージ 13

西田先生。穏やかなひなちゃんの表情を讃えながら
ずっと抱っこしていましたね。

イメージ 14
パパさんがその様子を写真に撮影していましたね。

イメージ 15
母性病棟、NICU、小児科病棟から代わる代わる
ひなちゃんとママさんとパパさんに会いにきました。

イメージ 16
NICU卒業から3ヶ月、ひなちゃんの成長やご家族と過ごした
日々をシェアさせてもらっていたNICU看護師さんたちです。

イメージ 18
みんなで代わる代わる抱っこして、
イメージ 23
ひなちゃんの可愛らしさをかみしめていました。

イメージ 24
産科の当直の先生、赴任してきたときはひなちゃん退院されていましたが
前任者の池田先生の代わりにきました。抱っこさせてもらってもいいですか?
という言葉、池田先生にも伝えたいと思える光景でした。

イメージ 17
こんな多くの大人に抱っこしてもらっている赤ちゃんと
なかなかいないように思えました。

新生児科だけでなく、産科・遺伝科・小児循環器科・救急外来、
ハイケアニット、多くのスタッフが
関わっていたことを改めて実感しています。

皆でご家族の願いを応援していたと思えます。


イメージ 1
NICU入院中にいけることならいきたいと思っていた
ママさんの実家も、パパさんの実家も、鎌倉の海も
全ていけた。。。と看護師さんに伝えていたママさんの言葉。

イメージ 19
「よく頑張った」
と思っていますというママさんとパパさんの言葉。
自分は外来で見守らせていただき、
「<がんばってね>とは誰でも言えるかもしれないけど、
<よく頑張ったね。。。>と言えるのはそばにいて
頑張っていることに気づけた人、一緒に頑張っていた
人達だからの言葉なのかなと思えます。」

「ひなちゃんも頑張っていたし、ママさんとパパさんもすごく
頑張っていたと思っていました」と伝えさせていただきました。

「やってあげたいことをたくさんやってあげられた」
と思っていますということばにご家族が濃密に
過ごされていた時間をシェアさせてもらった気がしました。

イメージ 20
この病院で産んでよかったです、
こども医療センターはどの部署もみんな優しくて
気持ちを支えてもらった。
という
ママさんとパパさんの言葉に自分たちも心支えられる
気がしました。

イメージ 21
天窓からの光が綺麗に思いながら

イメージ 25
休日の正面玄関からご家族の退院を
見送りたかった気持ちでした。

「話したくなったらいつでもきてくだされば。
自分たちはひなちゃんとご家族のこれからも
NICUから応援していたいです」とお伝えしました。

悲しみだけでない、温かい気持ち、
讃えたい気持ちで
イメージ 26
ひなちゃんに優しく、こども医療センターや訪問医療のスタッフにも
優しさを感じる素敵なご両親をみんなで
見送りました。

最近、感じるは交代勤務のNICU、自分が勤務でないときに
退院されるお子さん、ご家族への医療スタッフも喪失感が
あるということです。ご家族のご卒業の日をこのブログで
シェアすることは関わった医療スタッフにとっても
かけがえなく感じているのだということを
このブログを通じて知りました。

そして、このブログを通じて応援しあっている
人たちはたくさんいる。そういう人たちも含めて
悲しみも讃えたい気持ちをみんなでシェア
していたいと思えています。



ママさん、パパさん、ひなちゃんと共に
これからも生きて行くご家族の未来を応援しています。

また、いつかお会いする日を楽しみにしています。





NICUへの
ご寄付は下記のクレジットカード寄附フォームから,
1000円以上でどなたでもできます
引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。


追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  ブログランキング 医者・医師 イメージ 25

閉じる コメント(7)

顔アイコン

こんばんは、お久しぶりのコメント失礼します。
ひなちゃん、とても優しい表情ですよね。
ひなちゃんもパパさんママさんも、一緒に頑張り幸せに過ごされたからこその表情なのかなと思います。
こはるを通してできた素敵な出会いに感謝し、ご家族皆様が心穏やかに過ごされますよう願っています。 削除

2019/7/16(火) 午前 3:11 [ 心晴ママ ] 返信する

顔アイコン

> 心晴ママさん、素敵なメッセージありがとうございます。きほちゃんご家族たちがこはるちゃんの希望になったように、こはるちゃんとご家族の日々がひなちゃんやはるもちゃんご家族の笑顔につながっているように思えます。命はつながっています。
じんくんのママさんとパパさんが、自分たちが4歳になっていることを誇りたくはない、それはそれぞれの時間がきっとかけがえのない時間だと思うから、病院でご一生を終えたご家族、お家でご一生を終えたご家族、それぞれの日々に心寄せたいし、様々な状況、それぞれを応援し合いたいというような趣旨の言葉に感動した先月でした。こはるちゃんママさんも後輩ご家族を見守ってくださりありがとうございます。自分たちも心支えられます。

2019/7/17(水) 午前 8:44 [ NICUサポートプロジェクト ] 返信する

顔アイコン

豊島先生
月曜日、無事に火葬を終えてお家に連れて帰ってきました。
いなくなったらきっと悲しくてたまらないのだろうと思っていたのですが、今までの楽しい思い出ばかりが蘇り、不思議と幸せな気持ちで過ごせています。
ひなたが産まれる前から診てくださり、いつも気にかけてくださりありがとうございました。
先生や看護師さん、スタッフの皆さま、関わってくださった皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。
パパは祈りの部屋で何か喋ったら涙が出てきてしまいそうで、皆さまに感謝の気持ちを伝えきれなかったそうです。
また落ち着きましたらぜひ遊びにいかせて頂きたいと思っています。


心晴ちゃんママ
コメントくださり、ありがとうございます。こはるちゃんにお会いした時、退院前で少し不安な気持ちでしたが、お家でのこはるちゃんのお話を聞かせて頂き退院するのが楽しみになったのを覚えています。
ご家族からの愛情をたくさん受けて過ごされているこはるちゃんはとてもキラキラと輝いて見えて、私たちの憧れの存在でした。
こはるちゃんとひなたは直接会うことはできませんでしたが、お空で仲良くしてもらえたら嬉しいです。 削除

2019/7/18(木) 午後 10:09 [ ひなたママ ] 返信する

ひなちゃん、とても穏やかなお顔ですね。
3月の退院の日に玄関でお会いして以降、たびたび登場してくださるブログを通じて、元気をいただいていました。ひなちゃんが持っていたすべての時間を、ご両親、ご家族が幸せに満たしてくださっていたのを感じました。
ひなちゃんがもたらしてくれた出会いに感謝しつつ、ご家族の皆様の未来を山梨からもずっと応援しています。
イケダ

2019/7/19(金) 午前 1:11 [ zyf***** ] 返信する

顔アイコン

> ひなたママさん、メッセージ感動しました。ひなちゃんはやっぱりかわいいという想いを伝え合うひなちゃんご家族を見送ったメンバー、後でシェアしたこども医療センターのスタッフです。奇跡のような4ヶ月、シェアさせていただきありがとうございます。私たちに気を使う必要はないですが、きたくなったらいつでも訪ねてくださればと思いますし、このブログにも書きたくなったらメッセージお寄せくださればと思います。自分たちはひなちゃんを含めたご家族のこれからをいつまでもこども医療センターから応援していたい気持ちです。また、いつか会える日を楽しみにしています。

2019/7/19(金) 午後 11:49 [ NICUサポートプロジェクト ] 返信する

顔アイコン

> ひなたママさん、ひなちゃんをこのブログでずっと応援していたという言葉と共にNICUを訪ねてくれたくるみちゃんのママさんの言葉をhttps://blogs.yahoo.co.jp/nicu_sp25/18911062.html
に書き残しました。いつか気づいたらご覧くだされば。

2019/7/20(土) 午後 3:57 [ NICUサポートプロジェクト ] 返信する

顔アイコン

>池田先生、ひなちゃんのこと、このブログで報告できて、学会でも直接伝えられて自分もよかったです。池田先生と一緒に出会ったひなちゃんご家族、ひなちゃんの誕生、母性病棟での家族同室、NICUから在宅医療へ、どんどん素敵な笑顔になっていきました。こども医療センターの多くのスタッフに自分たちが大切にしたいことを教えてくださるようなご家族でした。先生と共に胸に刻んでいけたらと思えます。先生のメッセージ、嬉しかったです。ありがとうございました。

2019/7/20(土) 午後 4:00 [ NICUサポートプロジェクト ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事