がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 2
日曜日は午後から横浜、元町近くの会場で開催の
イメージ 1
に参加して来ました。



イメージ 1
小児や障害者の歯科・摂食リハビリーテーションに
関わる歯科医・医師・歯科衛生士・理学療法士・作業療法士・
教育・福祉関係者などで満員の会場でした。

こども医療センターの歴代の歯科の先生方や歯科衛生士さんが
集まる会場でした。

懐かしい再会も多く、心強く感じました。

また、現在、こども医療センターの歯科で働く
皆様、自分の尊敬する先輩医師のアレルギー科の
高増先生など
病院で顔を合わせることは多くても、
ゆっくり語り合える機会はない気がするので、
1時間以上の講演をさせていただく機会自体に
緊張する気がしました。

イメージ 3
「命を支える-NICU卒業生とご家族の行きづらさの緩和を目指して-」
というタイトルで講演してまいりました。

歯科や摂食外来・アレルギー科・施設
などにたどり着く前のNICU卒業生の子供達や
ご家族の日々や歴史、想いを追体験して
もらえればと思いながら準備して講演してきました。

内容としては、命の授業や
でお話ししたような内容を歯科医療や福祉に関わる皆様に
向けて、75分間講演させていただきました。


ちょうど1週間前は
周産期新生児医学会で
イメージ 4

の講演をしてきました。
でも、このときのスライドとは一枚もスライド重複せず、
研究とか学術的なことでなく、NICUやNICU卒業生のフォローアップ
外来でご家族の言葉から気づいたこと、学んだことを
コウノドリの動画や当院の取材報道などを交えてお話ししてきました。

イメージ 5
NICUフォローアップ外来でのこと。。。
イメージ 2
昨年、この研究会で特別講演して好評だったという
星野先生のスライドを改めてつかわせてもらいつつ、
在宅医療や地域生活医療の重要性を話したり、

イメージ 3
「コウノドリ」の監修に込めた想いを伝えたり、
イメージ 6
コウノドリを現実にしたいし、その先を目指していけたらという
気持ちをリニューアルオープンNICUのコンセプトも含めて
お話しさせていただきました。



イメージ 5
会場から大変一生懸命心寄せてくださる
方々が多いのを実感し、また涙してくださっている方々も
多くいらっしゃいました。

NICU卒業生やご家族の支援をしてくださっている
人達だからこその、我が事のように思いながら
聴いてくださっている会場の雰囲気に思いました。


質疑応答で「私たち、歯科医にNICUから期待することは?」
というご質問を受けました。

「日本は新生児医療の救命率が高いと誇りに
思っているNICUかもしれませんが、
それは国民皆保険の中で集中治療を目一杯していること、

そして、世界では
稀有な重症な状況で在宅医療で
暮らしている子供達や医療的ケアとともに
成長していく子供達が多い国かも
しれません。

命が救われることは悪いことではない、
いいことだと信じていたい反面、
命が救われたからこそ、新たな悩みに直面する
子供達やご家族がいることを自分も
フォローアップ外来で実感して来ました。

特に、食べること、食べさせることは小児科医である私たちの
知識などのなさもあり、お子さん達もご家族も大きな生きづらさを
感じる要因になっていると思います。そういうお子さんやご家族に
寄り添ってくださる皆様がいることが、NICU卒業生やご家族の
大きな支えになってくださるということを今日改めて感じました。」
というお返事をしてきました。

自分の話の後は
こども医療センターでも勤務されていた深町さんの
在宅医療や施設での摂食支援のお話し、

芳賀先生の摂食リハビリテーションの講演でした。
イメージ 6

初参加でしたが、大変熱心さと熱意を感じる
研究会で驚きましたし、たくさんの気づきをいただいた
会でした。

「生きていく」中で「食べる」「食べさせる」
ということの楽しさを人は大切にしていく必要がある。。。
と改めて実感。小児科医の課題を改めて実感。

小児歯科・障害者歯科に関わる医療・福祉の皆様の想いや取り組みを
改めて知ることができた1日でした。

NICUの先にある子供達のご家族の生活の
悩み、その支えになっている皆様の医療や福祉を知り、
こういうことをNICUスタッフにも伝えたいし、これからの
NICUに生かしていきたいと思いえました。

新生児医療以上にファミリーセンタードケアを
実践している小児歯科・障害者歯科の分野にも思えました。

深町さんや芳賀先生の講演で言霊に感じた言葉、
懇親会でのご縁など改めて明日、書き残したいと
思います。新生児医療と小児歯科・障害者歯科の交流・
連携の向上になればと思えてです。

ご参加の皆様には講演の感想など
メッセージ欄にお寄せくださればありがたく感じます。
いかがでしょうか?




NICUへの
ご寄付は下記のクレジットカード寄附フォームから,
1000円以上でどなたでもできます
引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。


追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。


イメージ 1

イメージ 1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  ブログランキング 医者・医師 イメージ 25


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事