がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 2
引っ越し当日の夜勤を務めてくれた看護師さんたちに
たくさん歩いた、広くなったぶんの大変さをシェアさせて
もらった朝です。

ご家族がすごくゆったり面会できていてよかったという
言葉と笑顔に自分も感動した朝でした。

イメージ 1
新しいNICUでの初めて迎える朝でした。

新しい場所に移って、
前と違う場所を探しても昔には戻れない、
新しくなったからこそのいいところ
やよりよくするにはどうしたら
いいかを日々をみんなで
考えていけたらと思います。


     NICU引越しの日。。。
共に働いた記憶がたくさんある
医師のお通夜があった昨晩。

引っ越し、夜の術後管理を見守りたくて
行けず。。。

また、術後管理と同じ、ご疾患を
昔の本館ICUで研修医時代に担当し、明け方、
一緒に天に還るのを悲しみの中で見届けたなあと
思い出したり、

旧NICUでたくさんの手術が必要な赤ちゃん達を
担当した頃の記憶がたくさん思い出されていた夜でした。
初心や自分の中で持ち続けていた願いを
確認させてもらった気がした夜でした。。。

「言葉少なめだけど、こどものために生きて
いた<こども医療センターらしい先生>」
との日々が胸に次々に
去来しながら、新しいNICUでの初めての夜の診療を
していました。。。

こども医療センター送別会の日、言葉交わしたのが
最後になりました。その日の言葉や笑顔を思い出して
いました。
イメージ 23
夜を自然に感じる気がした新しいNICUで
ご冥福を祈る気持ちと、
その先生なら、
赤ちゃんの診療を大切にするだろうと思えいながら
手術を終えたご家族にお子さんの力強さを伝えられたら
と思いながら、言葉を交わした夜でした。


夜が明けて、本日、
告別式に間に合えたらいきたいと約束していた午前中の
役目を焦りながら終わらせて出かけようと思ったのですが
様々な役目が湧いてきて、
これも時間的に厳しい状況に落胆していた時、

イメージ 3
事務局の経営企画課にNICUh寄附にきてくださった方に
声をかけていただきました。

以前、この病院でお孫さんの
誕生と死を見届けた祖母様でした。

亡くなられたお孫さんの妹さんが
誕生したということ、

お孫さんが亡くなられてから娘さんを
見守りながら、
このブログにずっと心支えられたという感謝を
伝えてくださり、寄付に添えてくださっていた
お手紙をいただきました。

この手紙は「告別式に間に合わなかった・・・」と
虚無感を感じていた
自分に天啓のような心支えられた手紙で、
涙が流れました。。。

このブログをみる誰かの心を救う気がして
残させていただこうと思いました。

イメージ 7
イメージ 8


天に還られた先輩医師との日々は消えないし、
その日々は自分の中にも生き続けている。。。
天に先に還った尊敬する先輩医師の想いを受け継ぎ、
自分も<生かされている日々>を大切にすることで
永遠のお別れではないと思えてきました。

医師は<人の死>に麻痺しているという言葉をいう人いますが、
自分は人の死になれるなんてことはないと思えています。

ただ、毎日、どこかで誰かが生まれ喜んでいる人もいれば、
大切な人が天に先に還り悲しんでいる人もいる。

毎日、誰かが生まれ、誰かが死んでいく。。。
そのことを日々、実感しながら
生きているのだと思えています。

誰かの死に悲しみ、その死が伝えてくれる意味をご家族と
シェアし、誰かの誕生を喜び、その誕生の意味をご家族と
シェアしていきたい、、、どの誕生にも、どの死にも
必ず伝えてくれることがある、そういうことを気づけなく
ならないようにしたいと思いながらこども医療センターに
いた気がしました、

一粒の麦 地に落ちて死なば 多くの実を得るべし。。。
人は生かされている。。。
という言葉、ご寄付くださった祖母様の言葉であり、
先輩医師の言葉に思えていました。

祖母様に感謝しつつ、
イメージ 4
亡くなられたお兄ちゃんの担当だった勝又先生と共に
妹さんのお誕生を祝わせていただきました。

お兄ちゃんのことだけでなく、
ご家族それぞれのことをよく覚えている
勝又先生に驚きました。

当時を想い出し、ご家族と涙し、
妹さんの誕生に喜ぶ勝又先生に自分が
なりたかった新生児科医になってくれているような
気がして後輩ながら尊敬を感じました。

イメージ 5
天に還ったお兄ちゃんにお兄ちゃんになったお祝いをしつつ、
妹さんを抱っこさせてもらい、お誕生を祝いつつ、君のお兄ちゃんは
この場所で頑張ったんだよ。見守っているからね、お兄ちゃんと共に
素敵な人生を送ってねと声かけていました。

涙でこども医療センター
をさった人達、一生消えることのない悲しみと生きるであろう
ご家族だけど、悲しみに負けず、忘れず、いつか温かさが
帯びる悲しみと共にまた、人生を歩んでくださったらと思えています。
また、こども医療センターでお産をしてくださり
いろいろなことがあったからこその笑顔の中に
混じらせてもらえることを幸せに思える本日でした。

祖母様とママさんにごご寄附とお手紙のお礼を伝えつつ、
お兄ちゃんと同じご疾患のお子さんたち、この病院で生まれ、
家族でずっと時間を過ごし、天に帰るのを見届けたご家族の御寄附が
多くて、たくさん下記の会に参加していたことをお伝えしました。

イメージ 1

自分はお子さんは亡くなられたけど、旧こども医療センターNICUで
かけがえのない時間があったとご寄付してくださるご家族の言葉
から「限りがある時間だとしても、家族としてずっと一緒に過ごせる
ことは消えない、家族に何かを伝え生きつつづけていく」という
ことを気づかせてもらったと思えています。新しいNICUは
様々なご疾患、様々な診療を受けている子供達にも
生まれた証、家族の中で過ごせるNICUを作りたいという
想いに気づかせてもらったんだと思えます。

建物はできただけで、まだまだ壁はたくさんあるだろうけど
その壁に負けず、課題があればそれを解決するために
ご寄附を大切に使わせてもらいますとお伝えさせていただきました。

イメージ 12
御寄附への感謝の会でNICUアンバサダーさんたちが
プレゼントしてくれた
ちろりんとWe are good familyのロゴ入りのタオルが
残っていたので、5日遅れになりましたがNICU指定寄附の御寄附の
お礼にプレゼントさせていただきました。

イメージ 6
引っ越しなどの心身の疲れや尊敬する医師のご永眠などで
心乱れる気持ちを救い、支えていただいたご家族との再会でした。

このブログを続けてきた意味を伝えてもらった気もして
ありがとうございました。

本日も、皆様それぞれにお疲れ様でした。
明日もそれぞれの場所でそれぞれの役目を頑張って生きて
いきましょう。。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
引き続き、下記ご検討くだされば心強いです。


追加されました。クレジットカードで
こども医療センターへの寄附が1000円から可能です。
確定申告時の税控除の対象になります。
税金の使い道を指定する思いで
「新生児科指定」「NICU指定」の寄附と
してくださればNICUリニューアルオープンや、
一緒に過ごす時間を大切に過ごす
ご家族たちの応援のためにも
活用させていただくつもりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


下記にクリックしてくだされば幸いです。
  ブログランキング 医者・医師 イメージ 25

閉じる コメント(2)

顔アイコン

中山と申します。先日、タオルが届き感激しました。本当にありがとうございます。
「感激の会」参加できず申し訳ございません。ブログで様子を知ることができ、嬉しかったです。

現在、双子を妊娠中です。途中入院してしまったり、なかなか遠出することができません。

このブログでNICUについて、本当にいろいろなことを知りました。ドクターやナースがどういった思いで日々、大変過酷なお仕事を熱意を持って続けられているのかということも。本当に頭の下がる思いです。

お医者さんは私にとって、遠い存在で、お忙しそうですし、疑問があってもなかなか聞けなかったり、伝えたいことがうまく伝えられませんでした。

ですが、このブログで日々の思いを知ることができて身近に感じることができ、そのことがきっかけで、現在の産科の先生とも少しずつ信頼関係が築けるようになってきたように感じています。

NICUのことを知ることができるのももちろんですが、医療に従事する方々の日々の思いを知ることは、私には大きな意味のあることでした。

このブログが終わっても、また新たな場を楽しみにしています

2019/8/31(土) 午前 0:40 [ ぷう ]

顔アイコン

> ぷうさん(中山さん)、ご寄附してくださるお名前をみてどなたなんだろうと思えていました。現在、妊娠中なのですね。そんな中、このブログに心寄せてくださり応援してくださりありがとうございます。ご出産を応援していますし、<新たな場>でお伝えするご寄付の使い道を是非見守っていてくださったらと思えます。素敵なメッセージに<感激>しました。ありがとうございました。

2019/8/31(土) 午前 11:15 [ NICUサポートプロジェクト ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事