がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

神奈川こどもNICUの豊島です。私達は東北に比べれば恵まれた状況です。
それでも、横浜で生まれる赤ちゃん達に出来ることをしています。この
2,3日の私の目線で神奈川こどもを写真中心で紹介します。
関東地方の状況も伝えられたらと思ってです。

【7:00】いつもは8時10分就業開始ですが、長時間の手術が必要な赤ちゃんが
いるため、計画停電の時間をずらすために7:30に繰り上げ、自宅から病院まで
の道はガソリンスタンドへの大行列。私は地震の後、最初にしたのはガソリンの
確保だったため、通勤に支障はないが、既に車通勤を諦めざるを得ないスタッフ
も多い。搬送にいくガソリンがなくなるのが不安です。それ以上にこんなに関東
で皆がガソリンを欲してしまっては東北にガソリンが廻らない。。。
松田先生や本田先生達の震災地で頑張る先生達が嘆くガソリンがないから動けない
補給がこない原因のは<私達>?!
イメージ 1
【7:30】当直や早出が重症児の出生の前に新生児病棟の37名の患者さんの診療を
開始中。
イメージ 2
満床状態に加えて、生まれたらNICUで入院が必要な胎児が10名控えていて産科病棟で順次お産予定で東北の患者さんを入れるスペースはなく申し訳なく感じています。
イメージ 6
仙台生まれの研修医の新関先生、地震後はしばらくご両親と連絡が取れず。
今は連絡が取れ、安堵。仙台に救援にいきたくてもまだいけなさそうなので、
故郷を心配しながらも目の前の患者さんを大切に日々頑張っている。

【8:00】
イメージ 7
 北海道・熊本・仙台の研修医で協力中。
生まれたら、すぐに1分1秒の治療が予測されるお子さんの臍静脈カテーテルの準備中。
 NICU医療はマンパワーが大きい。赤ちゃんのためにみんなで協力して少しでも素早い医療を目指す。
人手分散の東北の先生達が大変なことは痛いほどわかる。地元に人手不足の解消を目指して仲間を増やしていきたい。

同時進行で、赤ちゃんの出生後の治療準備中。担当医は新潟からきている斎藤先生。
サポート役の山口先生。1つの命のためにみんなで守りたい。
イメージ 8
【8:30】
イメージ 9
出生、産声で治療のスタート。母と離れると刻々と元気がなくなる状況、
みんなでそれを防ぎたい。
イメージ 10
急いで点滴が必要。お臍を利用してそこから挿入中。

【9:30】
イメージ 11
                               CT取って 産科・新生児科・外科医と手術法を急いで相談中。

【10:00】NICU卒業生の赤ちゃん達のフォローアップ外来。地震後で少ないと
思っていたら8割以上、きてくれた。少しびっくり。NICUで頑張った赤ちゃんと
御家族との再会。それぞれの近況などを聞く。1500g未満の赤ちゃんは9歳まで
定期的にフォロー、各々の年代での成長や発達を御家族と一緒に見届けさせて
貰っている。この子が大きくなるまで自分は頑張っているかなあと少し不安に
なることもある?。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
みんな超低出生体重児。それぞれに悩みはあるけど、成長の喜びはあり、こどもは可愛い。
本田先生が離れたくない気持ちはよくわかる。この子達の未来を守ってあげたい。
<その2>に続く。











閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事