がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

新生児医療・NICUで頑張る早産・低体重、様々な疾患の赤ちゃんとご家族を応援します。

全体表示

[ リスト ]

『AERA with Baby』編集統括の猪熊です。
小誌は隔月の育児雑誌で、読み物が多い、
どちらかといえば「硬派」(?)な育児雑誌だと自認しています。
イメージ 1
AERA with Baby (アエラ ウィズ ベビー) 2011年 04月号 [雑誌]http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=&l=as2&o=9&a=B004Q725JW

私は毎号『子どものために働く人』という記事を担当しています。
世の中には(日本、世界を含め)、「子どもたちのために」と
純粋な気持ちで働いている人たちが大勢います。
そんな人たちが何を考え、どういう気持ちでいるのか、
そしてこれから何をしようとしていりるのか、ルポする記事です。

今、発売中の4月号で、豊島先生と神奈川県立こども医療センターの
NICUで働いている皆さんに、取材させていただきました。
朝から夜中まで、子どもの命を守るだけでなく、
「子どもの命をどうするか」という究極の判断をしながら
働いている皆さんに、心から感服しました。

編集部にもたくさんの読者からの声が届いています。
「予期せぬ切迫早産で入院、出産したが、何もなくて
 子どもが生まれる人だけじゃない、ということを
 もっと前に知っていればよかった」という声。

「自分の子どもが健康で生まれてくることが、どれほど
 大変で、ありがたいものか」といった声。

あるいは、発売直後に起きた東日本大震災にからめ、
「子どもがどれほどかけがえのない存在か気付いた」

「命の大切さを改めて考えた」といった声もありました。

東日本大震災の被災地でも、きっと同じように頑張っていらっしゃる
先生方、スタッフの皆さんのこともとても気がかりです。

NICUのことを、もっと多くの人に知ってほしいと
改めて思いました。
この記事を読んで、少しでも多くの人に理解が広まれば、
記者冥利につきます。
これからも、ぜひ応援させてください!

猪熊弘子
************************************************
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 2


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
頑張ろう!東北救児基金
●マルタ・アルゲリッチさん音楽コンサートの収益を救児募金に!
●村田修一選手のメッセージは東日本震災へのメッセージは

(TBSサービスから出版。本の収益は新生児・小児医療に寄付予定)



この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

世間はGWですが、NICUにはGWなど関係ないですよね^^
私の仕事も同じくです。こどもの日には何かあるのかな?
スタッフの皆様、毎日、お疲れ様です。
そしてありがとうございます。 削除

2011/5/1(日) 午後 3:53 [ sou ] 返信する

顔アイコン

souさん,トラックバックとコメント嬉しく感じました。
GW関係ないお仕事なのですね。お互い,がんばりましょう。皆が休むときでも自分達の役目はある仕事の皆様,お互い頑張りましょう。

2011/5/2(月) 午前 3:50 [ nicu_sp_blog ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事