がんばれ!!小さき生命(いのち)たちよ

9年間ありがとうございました。2019/8/31に https://nicu25.blog.fc2.com/ に移行しました。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

昨日の
イメージ 1

NICU内でのサプライズコンサートの続きです。

イメージ 3
急遽のNICU内でのコンサート会場作り、保育士さんやNICU看護師さんたち
が準備してくださる中、NICUに応援訪問してくださった清塚さん。

イメージ 2
コンサートの前にNICUの患者さんやご家族に心寄せてくださりました。

イメージ 4
周産期医療の現場にきたいというお申し出でNICUの赤ちゃんや
ご家族に声をかけて回ってくださいました。

イメージ 5
その上でNICU内コンサートとなりました。

コウノドリのテーマ曲であった
「Baby, God Bless You 」
イメージ 6
をNICUの中で生演奏で聞ける日がくるなんて。。。
と感動していました。

イメージ 7
NICUに廊下にでてこれるお子さんとご家族、NICU全体、
各保育器内の側にもご家族やスタッフにも
届くこの場所にいる人間それぞれを癒してくださるような
優しい曲でした。

イメージ 8
ピアノの音に泣き出す赤ちゃんは不思議にいなくて
皆が穏やかになっていった。。。というママさんたちの言葉ですね。
アラームの音がなくなったNICUのこの時間でした。

イメージ 9
今、NICUの中で日々を大切に過ごされている皆様の
心支えてくださる時間だったと思えました。

に一緒に立ち会ってくれた看護師さんたちも
その当時はまだ看護学生だったメンバーも

イメージ 7
清塚さんのコンサートに参加して癒しをいただいていましたね。


NICUの中でもこういう機会をこれからもどんどん
増やしていけたらと思えた自分でした。ご参加の皆様、
引き続きご感想をお寄せくだされば幸いです。

イメージ 12
そして、外来フロアでもサプライズコンサートでした。
コウノドリの最終回で病院フロアでサクラ先生がピアノを弾くシーンが
好きだった自分で、それを実現したいと相談させていただいところ
快諾してくださった清塚さん。。。
1年半たって再度の機会に感謝です。

イメージ 6

のときに

松岡茉優さんに周産期医療の話を伝えてくださったそうちゃんの
ご家族。

イメージ 10
パパさんとママさんと一緒に外来フロアでコンサートを
聞きに来てくださったことに月日の流れとご家族の日々を
改めて素敵に思えていました。


イメージ 13
コウノドリのNICIUの赤ちゃん役で登場していたお子さんたちも
ご家族と一緒にたくさん来てれていましたね。

イメージ 14
「Baby, God Bless You 」にはやはり皆がそれぞれのご家族のこれまでを
思い出し涙されているご家族も多かったと思います。


イメージ 18
清塚さん、希望を感じるブライトネス、そして、子供達の
大好きなマリオのテーマなどを引いてくださり、笑顔もたくさん
溢れる会場になりました。

医療は命を救うかもしれないけど、心まで救えるとは限らない。。。
音楽が心を癒したり支える力を感じる気がしました。

イメージ 1
コウノドリ最終回に向けてサクラ先生や今橋先生にお貸しした

イメージ 15
せなくんのお姉ちゃんや弟うさんがきてくれて
嬉しく感じていました。

イメージ 16
おねえちゃんがせなくんと一緒にきたいといってくれてきてくれた
ことを嬉しく感じました。せなくんそっくりの弟さんの笑顔に
2年後に会えて嬉しかった自分です。

イメージ 17
辛さや悲しみばかりの人生もないし、悩みの時間があったからこその
笑顔もあるんだとこども医療センタ−で感じてきました。
そのことを改めて感じるコンサートでした。

イメージ 19
清塚さんの音楽に一緒に心寄せた多くのお子さんとご家族の
それぞれのこれまでとこれからを讃えたかった自分でした。

イメージ 20
きほちゃんのお兄ちゃんもきほちゃんとママさんとパパさんと
一緒にご参加してくれていました。会うたびに成長しているのを
感じるお兄ちゃんですね。


イメージ 11
NICU卒業生で小学生の女の子です。
ママさんがコンサートの後に
「9年前のNICUから始まった時間、辛いこともあったけど、
あの日々があったから、今日の日もあったんだと思える
心救われた気がしたコンサートでした」という言葉でした。

イメージ 27
コンサートの後も子供達といつまでも交流してくれた
清塚さんでした。

イメージ 21
この場所に集まってくれているこどもたち、ご家族にそれぞれの
人生の物語があってそれを讃えてくださるようなコンサートだったと
思います。

イメージ 22
NICUに長らく入院していたお子さんとご家族、
はやとくんのママはスマホで青森のあいらちゃんママに
コンサートの模様を中継していたと教えてくださり、
お互いに支え合う、、、それぞれの様々な想いに向き合って
きたからこその優しさを感じたりしました。

イメージ 24

こういうコンサートが時期は違えど
病院卒業生の子供達同士やご家族同士の交流が増える機会に感じます。

イメージ 23
NICUの前のプレイコーナーはNICU卒業生の
同窓会・同門会のようになっていましたね。

イメージ 25
その様子に周産期医療の存在する意味を
改めて教えてもらった気がしました。

イメージ 26
こはるちゃんの妹さん、
「NICUで生涯を終えたお姉ちゃんから学んだ日々を大切に生きて
欲しい」というお名前が由来の日々ちゃんにも再会できて嬉しく感じました。

清塚さんは小児科病棟や
重心施設も見学したいといってくださり
その案内をしていた夕方でした。

イメージ 2
コウノドリの今橋先生や四ノ宮先生たちに可愛がってもらった
ゆきちゃん、今は小児科病棟に入院中なので

イメージ 28
コウノドリの第1話に登場していたゆきちゃんのところにも
立ち寄ってくださった清塚さんでした。
それぞれの1年半の時間を讃えたい自分でした。

多くの方に心温まる時間をくださった清塚さんたちに改めて
感謝の1日でした。

夜は自分は新橋にいって
イメージ 29
コウノドリの医療監修を一緒にしていた中尾先生と合流、
コウノドリ同様に一緒に取り組んだ今年の周産期循環管理研究会の
打ち上げを二人でしつつ、お互いのNICUで感じていることなどを語り合いながら
これから再び一緒に取り組もうとしていることへの相談事をしていて
心地よかった時間でした。

から1年半。

明日、ついに発表になることがあります。
プレイスレスなこれからの数ヶ月をみんなで
大切に時間を過ごしていけたらと思う夜でした。

 ご意見ご感想などコメント欄にお寄せくだされば
と思います。

フォローしてくださると嬉しく感じます。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただける
と嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)
  ブログランキング 医者・医師



イメージ 25


イメージ 2



2015年放送のドラマ「コウノドリ」のご縁で
出会えた清塚信也さん、コウノドリの打ち上げパーティー
でこども医療センターにいる
こどもたちやご家族にピアノを弾いていただけたらと
話したら行きますといってくださり、有言実行で
2016年1月にこども医療センターで
ピアノコンサートをしてくださいました。

1年半前のコンサートは以下に書き残しております。
イメージ 3

自分にとってはコウノドリの最終回でサクラ先生が
病院でピアノを弾いていたラストシーンが現実になった気がして
感動的な時間でした。そして、夢のようだった「コウノドリ」
の有終を感じた、2度とないかもしれないかけがえの
ない時間に思えていました。

あれから1年半、月日が流れ、
先週、こども医療センターを再度訪問したいという
お申し出をいただきました。

ピアノを弾いていただけたらとお願いしたところ快諾、
本日も病院のいくつかの場所でピアノ演奏をしてくださいました。


イメージ 2
今回は、NICUのなかで、今、
NICUで頑張っている赤ちゃん、ご家族、スタッフのために
ピアノの生演奏をしてくださいました。

NICUの中でのコンサートする意味を
改めて感じる時間でした。
イメージ 6

「音楽は人を救う、支える」
と感じる時間でした。


「Baby, God Bless You 」、「Brightness」
などのコウノドリの音楽を生演奏してくださいました。

自分の含め
涙が溢れてくるようなご家族やスタッフが多かった
コンサートでした。

イメージ 3
「NICUが優しさで包まれた1日」
という感想を多く聞きました。

NICUでご参加の皆様にご感想をお寄せ頂ければ
幸いです。

イメージ 7

NICUの中でのコンサートなどを
これからも増やしていきたいと皆で思えて
いましたが、その理由を多くの方と共有できたらと
思います。

イメージ 1
そして、夕方の外来フロアでサプライズコンサートと
なりました。本日、外来にきてくださったお子さんとご家族、
入院中のお子さんたち、こどものために生きる様々な部署の
病院スタッフの前で
「Baby, God Bless You 」、「Brightness」などを
演奏してくださいました。

イメージ 4

自分がこれまでに出会ったたくさんのお子さんと
そのご家族と一緒に
「Baby, God Bless You 」
を聞けて、本望に思える、、、
この場所で小児科医を続けてきてよかった
と思える心救われるような時間でした。

イメージ 5
「Baby, God Bless You 」
は私も含めて多くの人たちが自分たちの曲だと思える
こども医療センターに集う人たちにはかけがえのない
曲だと改めて思えました。

このコンサートの前後で清塚さんのご希望で
祈りの部屋、屋上、小児科病棟、重症心身障害児施設などを
こども医療センターの様々な場所を
ご案内しながら、様々なお話をさせていただきました。

周産期医療や小児医療に心寄せて下さろうと
する清塚さんの存在に心励まされる気がした1日でした。

清塚さんやサプライズコンサートに協力してくださった
多くの皆様に感謝です。

コンサートの様子の写真、後日改めて感想を書きたいと
思いますが、本日お集まりだった皆様に清塚さんへの
感謝を込めつつ、ご感想など下記のコメント欄にお寄せ
くださればありがたく感じます。

 ご意見ご感想などコメント欄にお寄せくだされば
と思います。

フォローしてくださると嬉しく感じます。

コメントでなくても毎日,下記をクリックしてくださっている
皆様にも新生児医療を社会に伝えるお手伝いをしていただいている
と毎日感謝しています。ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
下記に参加してみました。
みんなで身近に感じてもらえるきっかけを作れたらと
思います。下記のどれかにクリックしていただける
と嬉しく感じます。
(スマホの場合はパソコン版にした上でクリックが必要のようです)
  ブログランキング 医者・医師



イメージ 25


イメージ 2




全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事