にえガレのブログ

ブログお引越ししました。これからもよろしくお願いします!!

全体表示

[ リスト ]

にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)
↑↑↑ブログランキング再開しました。協力よろしく!↑↑↑


「キャブレターを洗浄したのだけど、どうも不調なのでOHして下さい」という依頼です。

某YAMAHA 2スト車のキャブレターです。

イメージ 1


宅急便で送られてきた途端、「あ、こりゃダメだわ」と思いました。
そう、ガソリンの腐敗臭です。

新しいガソリンは入れたとのこと。ですが、汚れが取りきれていないのでしょう。

さっそく分解です。

まずはパイロットジェットです。

イメージ 2


完全に塞がっています。アイドリングが安定しない原因は間違いなくコレでしょう。
ケミカルで洗浄は可能ですが、ここまでの汚れがあるのなら、私は新品交換すべきという考えです。

主に低開度域をつかさどる部分です。負圧が安定しない領域でもあり、より正確さが要求されますからね。


次にメインノズル。

イメージ 3


やや詰まり気味。これは洗浄して何とか使いましょうか…。

メイン経路のメインノズル周辺。ガム状の汚れが確認されます。

イメージ 6


んー。内部経路も相当な汚れ具合であることが想像されます。



次にニードルバルブ。

イメージ 4


お尻のピョコピョコ部分を押してみると、見事にそのままです。
左側と右側を比較すると、良く分かると思います(両方とも動きは悪いが説明用に左のみ押してみた)

これも洗えば動くようになると思います。
が、動く=正確な動作…というわけじゃありません。新品に交換です。



最も厄介なのがコレ。パイロットエアジェットです。

イメージ 5


工具をかける凹部分が欠損しています。これでは外せません…。
こんなにガタガタだと、正確にエアを計量できるのか、不安もあります。

どうやって外してやろうかしら…思案の為所です。
内径は、およそ1.5mm。こんな細いところにエキストラクタは使いたくありませんからね…。
加温してやれば折れずに抜けてくれそうに思いますが、最悪の事態を考えると、容易にはトライできません。

 ¶

オーバーホールと一口に言っても、その内容や程度はまちまちです。

恐らく、この個体も「最初はもっと酷かった」と思います。かなり手間をかけて洗浄されたのだと思いますが、十分ではなかったのでしょう。

さぁ、この状態を、どうやって良化させましょうかね…。


間違ってもこのままケミカルに浸漬!なんてことはやってはいけません。
穴が通っていない状態でディップするとどうなるか…穴が通るどころか、健全部分だけがアタックされ、汚れの酷い部分はさほど綺麗にならなかったりします。

やはり、小まめに、個別の穴を、「目的をもって じっくり攻めて」いくしかありません。

明確な意思/目的をもって各部を攻める。やみくもにクリーナーをぶち込んだり、エアをバシュブシュと吹いても綺麗にはならなかったりします。

パッと見の外観以上に、手のかかりそうな個体です。頑張り甲斐があるというものです。



ブログランキング再開しました。協力よろしく!↓↓↓
にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタム・整備へ(クリックプリーズ!)


”Nie's garage”のHP
Nie's garage WORKSでは、作業も承っております!

パーツの製作、加工をはじめました。詳しくは、お問い合わせ下さい。

【問い合わせ方法】
ゲストブックに書き込むか、nie_gare@ybb.ne.jpまでメールを下さい

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事