NecoPC

コメント書くの苦手です 許してください

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ゴッホ とリチャード ダッドの正気
               
 1947年、文芸評論家小林秀雄が、ゴッホのこの絵を初めて知った時の衝撃のシ−ンは、次のように書かれている。 (久しぶりに小林秀雄をひっぱりだしてきました。評論の神様はどんな風に評論しているんでしょう。)

 「ゴッホの絵の前にきて、愕然とした。それは、麦畑からたくさんの烏が飛び立っている絵で、彼が自殺する直前に描いた有名な絵の見事な複製であった。ただ一種異様な画面  が突如として現れ、僕はとうとうその前にしゃがみこんでしまった。」                             
 「熟れきった麦は、金か硫黄の線条のように地面いっぱいに突き刺さり、それが傷口のように稲妻形に裂けて、青磁色の草の緑に縁どられた小道の泥が、イングリツシュ・レッドというのか知らん、牛肉色に剥き出ている。     
  空は紺青だが、嵐を孕んで、落ちたら最後助からぬ強風に高鳴る海原のようだ。全管弦楽が鳴るかと思えば、突然、休止符が来て、烏の群れが音もなく舞っており、旧約聖書  の登場人物めいた影が、今、麦の穂の向こうに消えた−−    僕が1枚の絵を鑑賞していたということは、余り確かではない。むしろ僕は、或るひとつの巨きな眼に見据えられ、動けずにいたように思われる」。
        『小林秀雄全集』 10巻より

一方、坂崎乙郎がゴッホのこの絵とリチャードダッドの絵を対比している。

ゴッホの絵には爆発的なエネルギーの高鳴りがある。大地は盛り上がり、ゴッホの筆蝕に息づきやがて崩れ去る飽和点で、すべてが静止している。
一方ダッドの「お伽の樵の入神の一撃」にはこのように激しい熱量はなく、画面はしらじらと覚めている。
ゴッホの絵には生の意志があるのに、ダッドの絵はエネルギーを失った亡霊の世界の映像だ。

ダッドの絵には自然も人間の姿も描きこまれている。しかしそれらは生きた鼓動を伝えてくれない。一切が凝結している。彼らは影である。
ダッドは1864年 「お伽の樵の入神の一撃」完成したあと、バークシャー州に新設された犯罪者精神病院に移送される。

ダッドの顔はもう現実をみてないよね。

高階秀璽のある評論の中で、ゴッホの自殺はミミックの領域にある、彼は死ぬつもりではなかった。という文をどこかで見かけた。(これは大変重要なことなので、俗物には聞かれたくない、(反アカデミズムの人限定!)偽者の評論家には絶対評論してほしくないsubjectです。高階先生ならいいけど あと太宰治の誤解も)

アウトサイダーの理性や思考に悩まされる病 はむしろ超正気だ。これを論じている本こそドストエフスキーの「地下室の手記」であり、だからこの本はある意味重要なんだと思う。

これについて、本当に理解している人の評論があるなら是非読みたいです。教えてください。

坂崎乙郎って良いことを書いてますが、どういう人なんでしょうか?データがあんまりありません。

「お伽の樵の入神の一撃」はFreddie Mercuryが素敵な曲を作っているよね。
あとで文章のひどいところは順次修正します。

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

坂崎乙郎はどこかの大学か高校の先生でした。 幻想評論家と言はれて一時とても流行りましたが、50にもならずに亡くなりました。人気画家の後追ひ心中だと云はれてます。 父親も有名な美術史家でした。 と云ふことをネット上で知りました。

2006/7/28(金) 午前 0:17 [ - ] 返信する

顔アイコン

後追ひ心中?そうなんですか?一時流行したのですか?お父様も美術評論家?そうなんですか。マイナーな人かと思ってました。お亡くなりになっていたんですね。

2006/7/29(土) 午前 0:07 NecoPC 返信する

顔アイコン

川原栄峰と同じ頃同じ大学で教へてゐたのをご存知ないのですか? 朝日新聞に美術関係の記事を沢山書いてゐました。

2006/7/29(土) 午前 5:12 [ - ] 返信する

顔アイコン

知らないです。だから不思議なんです。朝日新聞読んでたのに、なんで知らないのか?私なにをしてたんでしょう?(笑)丹尾先生とか存在したかな。でも高階先生と千足先生が一番おもしろくて、あとの人は影が薄かった。

2006/7/29(土) 午前 11:01 NecoPC 返信する

顔アイコン

こんにちは。リチャード・ダッドのトラックバックありがとうございました。何度もトラックバックを送信していたのですが、本日成功いたしました。遅くなり申し訳ありあません。 リチャード・ダッドと、友人のblogにあるルイス・ウェインは、精神が錯乱していく画家の代表選手のようです。しっかりと狂気に落ちていく様が、絵に表れている。特にウェインなんかは、何を描いているのかがわからないような絵でした。 削除

2006/9/10(日) 午後 7:02 [ kafka ] 返信する

顔アイコン

kafkaさんありがとうございます。Art de Vivreすばらしいです。そうですね。精神が錯乱していく画家の代表選手ですね。笠原嘉先生がおっっしゃてましたけど、病人と芸術はやっぱり違うと。

2006/9/11(月) 午後 4:33 NecoPC 返信する

顔アイコン

こんにちは。いつもお世話になっています。 全然、気が付かなかった。so-netのトラバとコメント・・・・。申し訳ありませんでした。 博学なnietzsche_rimbaud さんから頂戴した、お詳しいとのコメント。お恥ずかしい限り。 削除

2006/11/27(月) 午後 6:46 [ fu- ] 返信する

顔アイコン

とんでもございません。よろしくお願いします。

2006/11/28(火) 午前 0:27 NecoPC 返信する

顔アイコン

残念ながら、あなたに教えられるような本は知らないです。

2011/1/31(月) 午後 4:24 NecoPC 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


みんなの更新記事