NecoPC

コメント書くの苦手です 許してください

全体表示

[ リスト ]

Stuck on the Runway

飛行機会社は対策のための開発をいろいろしているんですね。



あなたの考え方によるが、二酸化炭素は、良い物質だ(植物の滋養になる)。

でも過剰な二酸化炭素(気候を温暖化を助ける)が、至る所から発生して問題になっている。−自動車、工場、石炭または石油またはガスを燃やす電力プラント。

今日、この問題は、飛行機旅行に及んだ。


EPA(環境保護局)は、アメリカの交通機関の温室効果ガス排出量(それはアメリカ排出量全体の3パーセントだが)のうち、温室効果ガス排出12パーセントは、飛行機によるものだと言う。

(その要約をここで見なさい;

393のp.3で掘出し物にぶつかる。)


今日、カリフォルニア、コネティカット、ニュージャージー、ニューメキシコ、ニューヨーク市の検事総長、ペンシルバニア環境保護部とコロンビア特別区がたくさんの環境のグループと合流し、、飛行機からの二酸化炭素排出に対する規制を要求する。


ロサンゼルスニュース記者会見の声明でジェリー・ブラウン(カリフォルニア司法長官):

「EPA環境保護局は、これらの排出を抑制するのにそろそろアクションを取るべきだった。」

そうしないために技術革新の機会を無視し、そして、排出を減らしなさい....」

ここにより多くの情報。

http://ag.ca.gov/newsalerts/release.php?id=1501

彼は続ける。

「飛行機エンジンは、大変な量の化石燃料を燃やす。そして空中の高度な場所で、温室効果ガス汚染を注入している。

この辺が、排出のネガティブなインパクトを高める点だ。

彼らは、かなりシンプルなステップによって、10パーセント飛行機の排出を減らすことができたと言う。



嘆願書はここ
http://ag.ca.gov/cms_attachments/press/pdfs/n1501_aircraft_petition_final.pdf



4月に、環境保護庁は温室効果ガスを規制する権限を有するという判定を下した米国連邦最高裁判所の判決を思い出すだろう。


唱道者に対しては、公衆衛生に影響を与える「大気汚染物質」として二酸化炭素を規制する義務があるとした。


http://www.supremecourtus.gov/opinions/06pdf/05-1120.pdf


請願者は、今日、外航海運(船)を要求した。

航空機は、非常に解決困難な問題である。

航空会社(は、燃料価格の上下と苦闘している)は、長くグリーンイメージを持とうと試みていた。

ある航空会社は、1台のエンジンだけで陸上をゆっくり地上走行するようにパイロットに告げる広告をしている;


新しいボーイング787は、その燃料能率が宣伝されている:


「この飛行機は、今日の同様のサイズの飛行機より20パーセント少ない燃料を使う。」

航空輸送協会(主要な航空会社の貿易グループ)は、「EPAを恐れてそうしているのではない。すでにたくさんのことをしている。」と言う。

先月の上院議員による議案に答えて、


Lieberman とWarner,

航空会社は、「テクノロジーの再投資を通して、継続的に燃料の効率性を改善している。燃料をより効率的にオペレーションに努力している。」と書いた。


実際には、米商業航空会社(乗客輸送+貨物輸送)は1978年以降103パーセント燃料能率を改善した。それは(燃料消費と二酸化炭素(CO2)の一対一の関係を考えると、)比例したCO2排出量節約となった。

航空会社の努力に関する多くは、ここに掲示。



そう。


あらゆる少しは、助けになるか?

または,この石から水はしぼり取られたか?




石から水をしぼろうとする、上司って時々いる。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事