ここから本文です
Night flight might の Obscura
光と影の交差点 とりとめなく舞い散る思考屑の集積地

書庫JOZZ?ZZ-FM N-FM

すべて表示

イメージ 1

 先行して咲いた一番花が萎れ、二番花三番花が咲き始めている。日本のシャガは中国からの帰化種だが、調べてもらえばわかるが、種を作らず、ランナーでしか増やすことができない。日本のシャガは全てクローン。だから、気象条件が整うと桜のように同じ花がほぼ一斉に咲き始める。
 うちの庭の足元では春に咲く花がほぼ紫ばかりになる。ヒヤシンス、スミレ、諸葛菜、ムスカリ、といった色目の地味な花から始まる。
 それから間もなくしてシャガが一等輝く舞うように軽やかな白い花を咲かせる。白さだけなら負けないとハナニラが小群落を作ると、桜草、苧環、海老根と春が加速、夏へのプロローグを語り始める。

 子供の頃から親が雑草だと抜いてきた姫踊子草も、関東村(現 味スタ周辺)が空き地として広大な草原だった時代に生きた自分としては愛すべき花であり、オオバコやぺんぺん草(ナズナ)も同様である。
 親に駆逐されてきた姫踊子草はついにわたしの管理下で鉢植えにされ、指定席客車に招かれた。そこはアジュガとネジバナ(もじずり)の隣。紫というかピンクの踊子草をわざわざ川原から採取したこともあるが、うちで咲くのは白い花。色気がない。
 原則として白い花が一番好きだ。だけども、姫踊子草はピンクがいいと思うよ・・・

 そんなわけで政治的なTOPPAGEが続いたので、趣向をかえて・・・
 ちなみにシャガの花は終わると小さくまとまって周囲に迷惑を撒いたり、パワハラを撒いたりしない。引き際の良さは多くの政治家、スポーツ指導者の参考になるだろう!!

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 「佐川が、佐川が・・・」  黒猫の宅急便はヤマトだが、飛脚の急便は佐川。  籠池大佐の安倍翼賛学校は、滅びの呪文によって瓦礫となり、土地の地下には9億のゴミ、土地の上もまたゴミとなった。飯塚市に根を張る麻生王国の永遠の王子は、その ...すべて表示すべて表示

  • 春を食す2018

    2018/4/16(月) 午後 7:25

     緑萌える春は芽掻きのシーズンでもある。圧倒的な勢いで伸びる新梢を剪定して詰めたり、不要な芽を掻いて収穫や樹形の維持を促す重要な管理である。  で、昨年から折を見ては柿の芽掻きというか、若葉の収穫をしている。脚立に登って樹上までやっ ...すべて表示すべて表示

  • 2018新規作戦計画

    2018/4/15(日) 午後 5:38

     はじめて除草剤を買ってしまいました。何を枯らしたいのか?  ドクダミを少々減らしたい。でもそれだけだったら、買わなかったかもしれない。  南天掃討作戦  難を転じるに掛けて縁起がいいと言う南天。うちのブロック塀を圧し割ら ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事