ここから本文です
泉ヶ岳のまっさんのインラインスキー&スキーライフ
冬はスキー 春から秋はインラインスキーをまったりと

書庫全体表示

平野選手のさりげなさ

冬季五輪のソチ大会ピョンチャン大会とスノーボードハーフパイプで2大会連続銀メダル獲得の平野歩夢選手がスケートボードの大会に出場した映像を見た。
流石に超一流のアスリートだ。
カッコいいと思った。
よくよくニュース記事を読むと平野選手はそもそもオフシーズントレーニングとして採用していたし小学生の頃にはスケートボードの大会には出場していたそうです。

かといって、まっさんがスケートボードに手を出すという訳ではない。
どんなスポーツも上手くなるとカッコよくなるという事を主張したいのであります。
平野選手の場合はそこにストイックさも混じり若いながら精悍さと強烈な意志を感じる。
ちょっと前の若者の言葉で言うと「クール」って言葉がしっくりくる。

まぁ、そこまではなれないとして我々も何かを好きで続けていればカッコよさも自然と身につくことでしょう。
それはスケートボードやスノーボードじゃなくて良い。
その人間が本当に好きでやっているものならなんだって良い。
スキーでもインラインスキーでも良いのだ。
だからまだまだ我々はかっこよくなれる。
・・・はずだ。
・・・そうあって欲しい。

ともあれ、カッコの良し悪しとは別次元でスキー、インラインスキーはやめられないので早く仕事の忙しい時期が終わって欲しいと願う今日この頃であります。
2020東京でローラースポーツが定着すると嬉しいのですが。




この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事