ここから本文です
日 本 画 生 活
何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く

書庫院展(取材・制作・研究会)

すべて表示

曇の日、風の強い日は冬用の防寒着にしました。無理して風邪引くとまた仕事が遅れます。 椅子にも一工夫を思いつきました。 写生用に重宝しているコールマンの折りたたみ椅子、もうかれこれ15年近く使っているでしょうか。春から夏には必要ありませんが、椅子にも寒さ対策があるのではと。 座布団を二つ折りにして両端をタコ糸で縫い付け、それにもう一つ座布団をタコ糸で連結。二つ折りにした部分を背もたれに差し込めば下からの冷気が和らぎ暖かく、背中に背もたれを支えるポールが当たっても痛みが無く優しいし、背もたれと座面が連結されて、絶対にずれないクッションの完成です。 良い感じです。もっと早くやれば良かったですね。 些細な事を苦痛に感じてしまうのは、歳をとった証拠なんでしょうね。 手袋を忘れて、すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 終わりと始まり

    2019/1/24(木) 午後 6:52

    季刊誌「Japanist」の最終刊(美術散歩、表紙は 岩田壮平氏)と、同誌編集長の盖彗身男氏の最新著書「 葉っぱは見えるが 根っこは見えない」が出版社から届きました。 拙作がハードカバーの表紙になんて、いいのかな。 なんか不思議。 創刊か ...すべて表示すべて表示

  • 松山の展覧会終わり、無事帰宅

    2019/1/24(木) 午後 6:50

  • 謹賀新年

    2019/1/1(火) 午前 3:10

    本年もよろしくお願いいたします。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事