風、土、植物とレイル<2>

従来のblogs.yahoo.co.jp/nihonisshyuが容量オーバーのため「風、土、植物とレイル<2>」を新設

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1000ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


火の見やぐら700本目のキリバンだが、残念ながら変わったやぐらではない。
しかし,青空にすっくと伸びた佐久市茂田井の火の見やぐらは700本目にふさわしい立派で大型の火の見やぐらだった。
中山道の茂田井間(あい)の宿の、旧国道142号線の諏訪神社近くの佐久浅間茂田井支所の敷地内にあったもの。
 (2019416)
 
 
1枚目: 学校の校庭のように思われる広場の片隅にあった火の見やぐら。
隣には元校舎か講堂と思われる木造の建物と、農協の倉庫が。(763)
イメージ 1

 
2枚目: 木造の校舎様の玄関の横には満開の桜も。(765)
イメージ 2

 
3枚目: 四脚四丸丸型の全11段にも及ぶ大型火の見やぐら。
ハシゴも3本に分割されている。(766)
イメージ 3

 
4枚目: 見上げると。
中段踊り場は完全な円形ではない。(769)
イメージ 4

 
5枚目: 銘板。上田市川原柳町の高田鉄工所製で、消防ロー(多分、楼だろう)という名前がおもしろい。
電話番号はこのころは上田市でも3桁だったのだ…。(768)
イメージ 5

 
6枚目: 浅間山をバックに。
渦巻き状の装飾も凝っている。(770)
イメージ 6

 
7枚目: 旧校舎みたいな木造建物は現在公民館として使われているのか…。
(771 S撮影376)
イメージ 7

 
8枚目: 隣の農業倉庫とのコラボ。リフトの建屋もついている。
この地方でも養蚕業が盛んだったのでまゆ倉庫だったのかもしれない…。(772)
イメージ 8

 
この記事並びに他の記事はこちらにメインにして掲載しています。
 

開く トラックバック(1)


信州たかやまワイナリーの初めての自主イベントVinまつりが開催された。
当日は絶好の快晴で、高山村の五大一本桜も開花が始まり春一色の中、遠くは関東や三重県などからの100名以上のお客さんもお集まりいただき、盛会だった。
我々スタッフは飲めないのが残念…。
(2019420)
 
 
1枚目: 信州たかやまワイナリーの前芝生で受け付け、村内のいろいろな飲食店のブースも。
イメージ 1

 
2枚目: この日は快晴で、真っ白な北アルプスもばっちり…。
イメージ 2

 
3枚目: こんな青空の下でのNachoロゼワインはぴったりで、気持ちがいい…。
イメージ 3

 
4枚目: 別会場では、ワインぶどうの樹の定植体験も。
イメージ 4

 
この記事はFC2ブログにも記載しています。
そちらには、これ以外の記事もほぼ毎日更新しています。
 


20094月にYahooブログで開設した「風、土、植物とレイル」も、ちょうど本日10周年を迎えることができました。
これもひとえに皆様の応援によるものと厚く御礼申し上げます。
鉄道、火の見やぐら、棚田、ワインぶどうなど、美しい日本の風景を感じたままに、またある面では記録として撮ってきました。
今年はYahooブログの廃止宣言などありましてまだ落ち着かない状態ですが、これからもFC2ブログでよろしくお願いいたします。
 
10周年ということで、自分で撮った鉄道写真の中から10のつく機関車の一部を写真でまとめてみました。
 
 
1枚目: C10 8号機を大井川鉄道千頭駅にて。
この機関車は1930(昭和5)製で、多くの部品交換はされているとのことだがすでに90歳近い…。
(200935)
イメージ 1

 
2枚目: 大井川を渡るC10型蒸気機関車。
電線には目をつぶってください。
(200935日S撮映)
イメージ 2

 
3枚目: 青梅鉄道公園で静態保存のE10 2蒸気機関車。
38‰の板谷峠越えに製造されて活躍し、後に肥薩線、北陸本線の倶利伽羅―石動間で使用されたが、最後は米原―田村間の交直接続区間で余生を送った。
(2006722)
イメージ 3

 
4枚目: 飯田線を走るひさし付きのEF10(多分)を三河川合駅にて。
(197410)
イメージ 4

 
5枚目: 稲沢操車場付近を走るEH10牽引の東海道本線の長大貨物列車。
(1967621)
イメージ 5

 
6枚目: 南松本貨物ターミナルで入れ替えにいそしむDE10 1529
まだこのころはEF640番台も中央西線で活躍中だった。
(2009324)
イメージ 6

 


火の見やぐらは、古き良き日本の共同生活の姿、消えゆく日本の原風景として日本一周の大好きな構築物である。
残念なことにすでに大半の役目を終え、現在は撤去されるのを待つだけの姿ではあるが、集落の中心のランドマークのように風景に溶け込んで立つ姿は、農村の生活共同体としての消防団活動とともになつかしき姿でもあった。
 
鉄道日本一周は今まで一番多く残っていると思われる長野県内、および長野県以外について688本もの残存する火の見やぐらの記録を撮ってきた。
これからも1000本達成を目指して、見かけたらどんどん撮っていきたい。
今回は早春の飯山線の撮影時に見かけたものを4本ほど。
(201932)
 
 
1枚目: 長野から飯山へ、千曲川に沿って下る飯山街道がある。
現在の国道117号線はバイパスになっているが、その旧道である飯山街道の中野市上今井地区のほぼ中心部にあったもの。
旧街道にふさわしい10段もある立派な火の見やぐら。
イメージ 1

 
2枚目: 四本脚で、屋根は八角形、見張り台は丸型。火の見やぐら分類としては四脚八丸型と称している。
長い間、この集落を見守つてきたのだろう…。
高さもあって、見ごたえのある火の見やぐらだ。
半鐘は2個、スピーカー8個付き。
イメージ 2

 
 
FC2ブログでも投稿しました。
 


駅の風景シリーズは懐かしい駅舎、こ線橋、機関区や操車場の風景、レイアウトに使えそうな小物などを、気がついたときに撮り集めているカテゴリー。過去記事342件。
 
ここ、しなの鉄道大屋駅は、元信越本線の大屋駅と丸子鉄道(上田丸子電鉄)の電鉄大屋駅との接続駅として設置された。
当初の信越本線にはここには駅がなかったが、諏訪地方や丸子地区などの生糸の積み出し駅として陳情により設置されてにぎわった。
その後、蚕糸業の衰退などによって、上田丸子電鉄は1969年に廃止されその駅舎は解体され、現在駐車場になっていると。
(2019328)
 
 
1枚目: 地方幹線の面影を残す大屋駅駅舎。
桜の咲いたときにはもっと懐かしいものになるのだろう…。
イメージ 1

 
2枚目: 駅舎のアップ。
観光案内板の後ろにはご当地真田家の六文銭も。(S撮影)
イメージ 2

 
3枚目: サイドの妻には見たことのないマークが。
国鉄の信越本線にはマークがつかないし、上田丸子電鉄のマークだろうか…。
後で調べたら、陳情駅として設置されたときの当時の大屋のOマークらしい。
イメージ 3

 
4枚目: 駅舎の前にある石碑もこの陳情を記念したものらしい。(S撮影)
イメージ 4

 
5枚目: 待合室には特大の柱時計が。(S撮影)
イメージ 5

 
6枚目: 駅前の家々は結構古いものが多く、本菊泉の造り酒屋や写真館などが並んでいる懐かしい感じ。
イメージ 6

この記事は下記FC2ブログにも記載しています。

全1000ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事