みんなの笑顔のために

(社)二本松青年会議所公式ブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全国大会Part2

だいぶ遅くなりましたが全国大会の続きです。

2日目、AWARD式典に参加してきました。

式典前メンバーで記念撮影。パシャ。

イメージ 1


今回は受賞LOMの事前連絡がないためにみんなどこが受賞するかも全くわかりません。

当LOMは昨年度の35周年記念のピアニカ事業で何年かぶりに申請しました。

式典前に、この後受賞したらここで何かするんだろうなという雰囲気をかもし出すパネルの前で
卒業生の2人で記念撮影。パシャ。

イメージ 2


式典の開会です。当LOMの該当する部門は国際開発部門!全国で18LOMのエントリーでした。

国際開発部門の発表です。

イメージ 3


一次選考通過の3LOMの発表です。じゃ〜ん!

イメージ 4


ない。ない。ない。ない。。。。。。(社)二本松青年会議所の名前がない。。。。

受賞ならず。。。。。残念でした(涙涙涙)

参加したメンバー実は取る気満々でした。取れる気満々でした。。。
一次も通らず。結構ショックでした。

国際開発部門で受賞したのは大阪ブロック池田青年会議所さんで、カンボジアに通学生を連れて行って
井戸掘りや現地の人といろいろな活動をした事業が受賞しました。

話を聞くと、現地に連れて行く事業がやはり受賞することが多いみたいです。
確かに中学生を連れて行くとなると並大抵の事業ではありません。立案から理事会を経て、参加者の募集、準備等大変だと思います。

しかし、我々が行なった事業は日本にいながらできる国際協力でした。身近にできる国際協力でした。
その点をもう少しアピールできてれば良かったかなと?!少し反省しました。
でも継続事業として行うことが大事だと思います。

この事業が今年は郡山JCさんに伝播して、郡山市内でも行われています。
大変うれしいことです。素晴らしいことです。

今回残念ながら受賞はなりませんでしたが、二本松JCで行ったこの事業がアワードに申請したことで日本全国のLOMに知れ渡ったと思います。更にこの運動が伝播し広がれば素晴らしいですね!

またアワードに申請できるような事業を展開しようと心に誓った参加メンバーでした。(多分)

この後は各分科会、セミナーに参加し、有意義な時間を過ごしました。

夜は大懇親会!終了後姉妹JCの福井ブロック丸岡JCさんとの合同懇親会!
熱い話で盛り上がりました!久しぶりに会ってもやっぱり姉妹JCさんはいいですね。
その模様は次回。。。。
先日、沖縄那覇の地で第58回全国会員大会沖縄那覇大会が開催されました。
二本松JCメンバー8名で参加してまいりました。

[1日目] 羽田まで新幹線で移動、羽田空港から一路那覇へ。

福島空港利用促進のために是非福島空港からと考えていましたが、、、飛行機が小さく満席。
羽田からのフライトです。

金曜日のアワード式典出席の為木曜日入り。。。この時期の3泊4日の行程はキツイです。

木曜日7時ごろ無事那覇へ到着!ホテルのすぐ隣にある沖縄料理屋さんでLOMナイトです。

沖縄といえばオリオンビール!福島は肌寒くなってきましたが、沖縄はまだ?!ビールが美味しい気候です。ってずっとじゃん。。。。

イメージ 1


那覇へ着いたころから勝副理事長の体に異変が。。。。咳き込み、のどがガラガラ。。。
インフルエンザ?!の疑惑からみんなから少し敬遠気味に。。。。
日本JCが憂鬱で智恵熱との噂も(爆)

飲み始まってから小一時間くらいたった後、とっても苦〜いゴーヤサワーを飲んでいた野地総務委員長の体に異変が。。。。寒い・・・と言って顔が青白い!!!
やはりインフルか?との疑惑の中LOMナイト終了。

二次会へ。二次会はタクシーの運ちゃんオススメらしいお店へ。長い夜は続きました。。。。(爆)


[2日目]

アワード式典へ出席!当LOMは昨年の35周年記念ピアニカ事業で国際協力部門へエントリーしました。全国から18LOMのエントリーでした。
結果は・・・・・・・・・・・・・・・・・残念ですが惜しくも受賞ならず。
優秀賞はカンボジアに中学生を連れて行き井戸を掘ったり、まさに現地で体験をしてきた池田青年会議所さんでした。
アワードセレモニーに出席して大変良かったと思います。

全国のLOMの大変素晴らしい事業を知ることができ、またモチベーションアップにも繋がります。参加したメンバーみんな、またアワードに申請できるような事業を展開したいと心に誓ったはずです?!ね。

詳しくは理事長からのアップをお待ち下さい!

午後は理事長は総会、私は次年度ブロックスタッフ運営会議へ。
徹次年度理事長と理事長は総会後、全国城下町青年会議所連絡協議会の総会へ出席です!

今回会津JCさんから総会を受け、この総会で審議を受けての入会になります。会場入り口にはこんな歓迎が。ありがとうございます。

イメージ 3



夜は大懇親会です。大渋滞で全然着かない。道路は大変なことになっていました。
スペシャルゲストはスピードです。ホワイトラブ最高でした!ラブな気持ちになりました。

この大懇親会ですが、われら二本松JCは日本男児としてマイ箸持参でゴミは自分で捨てるということを徹底しておりました。しかし、ブルーシートの上で食べたあとゴミだけまとめて帰るLOM、食事をもらってきておいてもほとんど食べずに(遅く来て食べられないメンバーもいるのに)生ゴミへ捨てて帰るLOMもいました。とっても残念な気持ちになりました。

OMOIYARIゴミステーションにはボランティアスタッフの高校生が分別して処理をしています。
この高校生たちにどう映ったのでしょうか。。。。。大変申し訳ない気持ちで少しですがゴミ処理をお手伝いしました。

ステージ!何も見えません。


イメージ 2


このあと大渋滞の中那覇市内へ何とか帰還。姉妹JC丸岡青年会議所さんとの合同LOMナイトです。

それはまた理事長よりアップしてもらいます。お楽しみに。。。

鼓笛隊パレード2

先日の鼓笛隊パレードの続きです。
野地委員長に続いての更新です。

この鼓笛隊パレードは日本最大の菊の祭典「二本松の菊人形」の開催に合わせて毎年開催されます。
会場の霞ヶ城箕輪門前です。

イメージ 1


竹田根崎コースは私と渡辺副理事長、国岡事務局次長、佐藤洋治委員の4名です。
当青年会議所が始めた事業で、現在は市役所さんで担当していただいています。

渡辺副理事長よりパレードの諸注意の説明です。青いハッピが輝いています!

イメージ 2

イメージ 3


このあと渡辺副理事長の携帯が鳴り響き。。。。。あとはご想像にお任せします。(爆)


パレードが始まると沿道には父兄の方がたくさんいらっしゃいます。
私も自分の子どもが参加してたら見たいな〜と感じながらパレードをしてきました。

私も小学生の時にトランペットを吹きながら更新した思い出があります。(スターウォーズだった気が・・・。)
そのあと最後に菊人形を見て学校へ帰りました。

今も小学生は菊人形を見て小学校へ戻ります。

最近は演奏する曲もドラクエやGReeeeeNのキセキなどいろいろな曲をやるんだな〜。


無論当青年会議所メンバーのお子様も参加しております。
佐藤洋治君の娘さんも竹田根崎コースを堂々と演奏しながらパレードをしていました!

この二本松の秋を知らせる鼓笛隊パレードが終わると、なんだかもうすぐ一年が終わるんだな〜という実感が沸いてきます。一年って早いですね。

ちなみに明日から3日間、『二本松の提灯祭り』が盛大に開催されます!
ぜひ二本松に足をお運び下さい!
本日9月30日は二本松市の二本松地区恒例の各小学校参加の鼓笛隊パレードが行われました。


詳細については、理事長もしくは専務からあると思います。


総務広報委員会からは、

委員長 野地

委 員 奥平、斎藤、松本

の4名が、総務広報委員会らしく陰のほうで参加しました。

パレードはAコースBコースと2つあり、当委員会はなぜかAコースに揃いました。


Aコースの出発前の子ども達
イメージ 3


参加者へ出発前の説明をする理事長

イメージ 1


二本松JCがパレードの先頭を歩きます

イメージ 2

朝河桜 (T T)

二本松が生んだ偉大な歴史学者朝河貫一博士。博士の墓地が市内金色墓地にあります。

その墓所の前に当青年会議所の先輩が植樹した「朝河桜」があります。

博士は高校時代、辞書を読んでは読み終わったページを破って最後に残った辞書の表紙を母校安積高校の桜の下に植えました。その桜の木から枝分けしてもらった桜がこの墓所前の朝河桜です。

二本松青年会議所の先輩方が植樹し、その後、JCで看板を設置したり、3年前からは春の開花時期に合わせてライトアップ事業を行なってきました。

しかし、、、、、、桜が咲かない。。。。昨年度ライトアップをしようと開花を待っていましたが、咲かない。。。。
これはヤバイ、、、、ということで樹木医さんに診察してもらったところ病気にかかっていました。

案の定今年も咲くことがなく、ますます元気がなくなってきていたので倒壊の危険もあるということでなくなく伐採しようということになり、先日社会開発委員会が中心となり伐採作業を行いました。(涙、涙、涙)

この伐採した木を何かに利用しようという委員長からのお話もありますので、有効活用できればと思います。

イメージ 1



また数年後、土壌が回復したらまた植樹をして春には鮮やかな満開の桜を咲かせて欲しいですね。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事