過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
 1955(昭和30)年4月28日の福島中央新報紙面。2018年を64回とするとこの年が第1回。実は前年にも山開きの記事はある(確認してくる予定)。

 来月29日安達太良山開き
  火伏祈願に ボンデン奉納
  例年と趣替え盛大に

 既報、五月廿九日に挙行される国立公園安達太良山開きの打合せ会は廿七日午後二時から二本松町役場会議室で開き、今年は国立公園指定五年と「八重しやくなげ」の天然記念物指定を祝い例年と多少趣向を変えて消防団団員の火伏せ祈願大ボンデン奉納などで山開きに一そうの興をそえることに決めた。
 五月廿九日の山開き挙行期日では吾妻山開きも同日決行されるので安達太良は多少期日をずらしてはとの意見も出たが地元岳温泉側の強い要望で廿九日と決定、早速県広報車などてキャラバン隊を組織し茨城、栃木、宮城県方面に大々的に誘客宣伝、また学校、会社、事業場などには山開きの宣伝チラシを配布、県内映画館にもスライドを送つてハイカーを誘うことに決め、一方国鉄でも「安達太良湯川けい谷探勝券車券(乗車券か)」を発売して東京−二本松駅間の一割引サービスを計画している。
 また二本松街はずれから木の根坂登山口間の道路整備を行い、福島電鉄でも当日以外にも二本松車庫朝六時四十分発木の根坂行き臨時バスを毎日曜日毎に仕立てることを考慮、受入れ側の岳温泉では例年行つたハイカーの宿泊クーポン券は今年は取止めて宿泊は自由とし収用に万全をきす、またさきに安達村上川崎和紙協同組合から安達神社へ奉納申入れがありいま県庁正庁室に置かれてある大ボンデンは山開き前日に岳温泉神社まで運び、当日地元消防団により火伏祈願して頂上に鎮座する安達太良神社に奉納することなどを決めたが、さらに具体的なことは山開き主体の岳温泉に一任することになった。
 
 吾妻も廿九日

国立公園吾妻山開きは五月廿九日に挙行されるが福島観光協会では廿六日打合せ会を開き、 山開き前日の廿八日に福島市公会堂で前夜祭を開き、映画と県教委社教課梅宮主事の「山」の講演を行うことに決めた。

 道標の完備陳情
 
二本松・岳観光協会では国立公園指定五周年記年事業として安達太良登山観光道路指導標の完備方を県へ近く陳情することになつた。


 例年と趣向かえて とあるので、以前の記事、確認してこよう。福島中央新報紙面は 全部 二本松図書館で閲覧できる。

イメージ 2
 安達太良山開きの 広告は 福島中央新報紙面では これが最初のようだ。
但し 翌年 いわば第2回の時の物、安達太良連盟 となっている。

続報の予定です。

(終)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事