ここから本文です
日本山岳会の福島支部のブログ
日本山岳会福島支部事務局

書庫日記

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


日本山岳会福島支部
第6回フリークライミング講習会の開催
 2019(令和元)年5月18日(土)9:00〜
白河市大信 聖ケ岩フリークライミングゲレンデ


イメージ 1
   参加申し込み先
     日本山岳会福島支部事務局(渡部)まで
     携帯 090−2880−9805
     e-mail fks@jac.or.jp
              初心者大歓迎 申し込み締め切りは5月13日 
            ヘルメット、手袋、昼食持参 運動のできる服装

 







       JAC福島支部山行委員会 募集山行
  本名御神楽霧来沢 前ヶ岳南壁第2スラブ
5月18日〜19日(前泊日帰り山行)スラブ登攀は19日です。前泊なしで当日参加もOK
・18日は山菜採りや釣りなどをして、霧来沢のほとりに前泊します。(希望者のみ) 
・車は幕営地まで入れます、19日参加の方は朝6時30分までに集合してください。
・場所は、会津金山町の本名ダムから、橋を渡らず只見川左岸の林道を直進、6kmほど
・この山行は、経験者のみです
イメージ 1
本名御神楽前ヶ岳南壁について
福島県金山町と新潟県阿賀町の境に本名御神楽岳があり、その稜線の南に派生する尾根のピークが前ヶ岳で、その尾根上にスラブ群があります。
霧来沢源頭の左岸、豪雪と雪崩に磨かれた壮絶なスラブは、会越の谷川岳と言われています。

  
    お問い合わせは下記事務局まで
                  日本山岳会福島支部事務局(担当・渡部展雄)

電話 090-2880-9805  Eメールfks@jac.or.jp またはkurage07@xpost.plala.or.jp





















         
































                        


 日本山岳会福島支部山行委員会、2019年度山行を下記のとおり計画しました。沢登りと、積雪期のアイス、ミックス登攀です。いずれも外部の若い方向け山行、ご希望の方は支部事務局までお申し込みください。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4





年度JAC福島支部山行委員会 予定山行

磐梯山東壁

     磐 梯 山 東 壁
         JAC福島支部 募集山行
        メンバー7名(女性1、男性6)

 平成31年3月10日(日)猪苗代ミネロスキー場より入山
イメージ 19
登ったルート

イメージ 1
沼の平からルンゼを目指す

イメージ 2
八島さん

イメージ 20


イメージ 3
頂上直下ルンゼ内の積雪

イメージ 4
抜けるような紺碧の空

イメージ 12


イメージ 5


イメージ 6

          斜度が増してきました



イメージ 7
トップクライマーは赤坂君


イメージ 8
     気合が入った表情

イメージ 9
       アイスバイルとスノーバー

イメージ 10
   リーダー小柳

イメージ 11
  抜けれるか

イメージ 13


イメージ 14
   間もなく稜線

イメージ 15

イメージ 21


イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 16
    頂上到着



イメージ 17
     山頂での記念撮影 後ろは飯豊連峰

イメージ 18
  猪苗代湖もきれいに見下ろせた

        写真提供 小柳、沼田、深田  山崎



  安達太良・箕輪山東壁(雪稜登攀)



 
    
    日本山岳会福島支部 山行委員会企画





 
    
     メンバー7名 (女性1、男性6)



 箕輪山東面、西鴉川源頭上部の急斜面から上部岩稜を東壁と呼ん


でいる。福島市内からは安達太良山と吾妻山の間にくっきりと箕輪


山を見ることができ、例年なら、2月下旬から3月中旬の雪の締


まった時期が適期である。




イメージ 10


 福島市内から見る箕輪山山頂と東壁






イメージ 1





 東壁は雪崩の痕跡は見られず、部分的に雪の締まり方が違っていて、難し





雪質でした。








イメージ 11


 高度を稼ぐメンバー




イメージ 2



 急斜面をダブルアックスで登る。



イメージ 3



 正面の岩のドームをくぐりぬけ稜線を目指す。念のためロープを出す。


イメージ 4



 あのドームをくぐると幸運がやってくるというが


イメージ 5



 メンバー最高齢者(72歳)




イメージ 6



 となりの別ルンゼを登る半澤さん

イメージ 7

  ドームをくぐる佐久間さん




イメージ 8



 単独で別ルートからアタックした半澤さんが望遠で撮影の画像


 


イメージ 9

 半澤さん撮影の画像2 ドームを潜り抜けるラストの渡部さん




イメージ 12


  半澤さん撮影の画像3



イメージ 16


  登攀を終え下山準備



イメージ 13

 
 登攀終了、下山開始(12:00)





イメージ 14

 登攀ルート確認(箕輪から降りてきた鞍部)





イメージ 15

下山中の箕輪山稜線から見る吾妻連峰



























全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事