ここから本文です
日本山岳会の福島支部のブログ
日本山岳会福島支部事務局

書庫日記

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

  吾妻連峰・松川中流域の沢登り
  日 時 2019.7.7(日)09:30入渓 17:30入渓口解散
  場 所 吾妻連峰・松川中流域
      (米沢市大平温泉近くの渓谷山域)
  参加者 9名(男7、女性2)
  主 催 日本山岳会福島支部山行委員会(公募登山)
  天 候 曇
イメージ 1
 集合場所「直江つつみ公園」07:00集合
イメージ 2
 大平温泉取り付け道路途中が入渓口。しばらく下りが続く

イメージ 3

 松川中流域、ここを右に約1時間下る。急な下りとなる。

イメージ 4
 ようやく遡行取り付き地点到着。沢水の色はブルーがかっている。
イメージ 5
 すぐに最初の滝となる。濱田君がルアーで岩魚釣りに挑戦
イメージ 6
 滝つぼ左岸から高巻いて上を目指す
イメージ 7
 滝の上部から見た渓谷の状況

イメージ 8
 小さな滝の連続 SL沼田、TL氏家による登攀用具の点検
イメージ 9

リードはいわきから参加の草野さん。
イメージ 10登り切ったところで写真撮影(深田さん)

イメージ 11
 そこはゴルジュ状の滝となっていた

イメージ 12
このすぐ上にある滝つぼは結構深かった

イメージ 13
 左にㇸつるか?右岸を泳ぎ切るか迷う



イメージ 21


イメージ 16


沢はここから二股となる。右の沢(明道沢)を詰めると天元台スキー場へ
左の沢を詰めると大平温泉とその先の火焔(ひのほえ)の滝を経て藤十郎
イメージ 15

イメージ 14
 

イメージ 17


イメージ 18
温泉が湧き出ていた。
 
イメージ 19

イメージ 20
わきだす温泉につかり冷えた体を温める。





   第4回親子登山in磐梯山
     参 加 者 募 集 要 綱
イメージ 2
イメージ 3


      お申し込みはこちらから 


イメージ 1


    平成30年の山の日記念「吾妻・一切経山親子登山」には、福島県内外から
     20家族・大人30人、子ども30人の参加がありました。
 参加を希望される方は 
       日本山岳会福島支部事務局 (渡部のぶお)
        携帯090−2880−9805
までご連絡ください。




















  7月7日『吾妻連峰・松川(中流域)』募集の締め切り

参加申込みが予想以上にあったため、締め切らせていただきました。当日の集合場所等については別途お知らせいたします。
 なお、天候が懸念されますが7月4日までに判断の上周知します。
イメージ 1

JAC福島支部山行委員会
お問い合わせ先 
    日本山岳会 福島支部山行委員会(ワタナベまで)
    Tel(携帯)090-2880-9805
       Eメール  fks@jac.or.jp 
             または kurage07@xpost.plala.or.jp
 





奥多摩自然体験キャンプ
福島からの参加者募集
 女性で初めて世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)登頂に成功した三春町生まれの故・田部井淳子さんが提唱した
 「自然の中にみんな友達になろう 子ども自然環境体験キャンプ」
が今年も実施されます。
 福島県に住む小学4年生から中学生の皆さん。東京は奥多摩の自然豊かな「ふるさと村」で、夏休みの3日間キャンプ生活を体験してみませんか。2日間テントに泊まり、ハイキングやキャンプファイヤーなど、東京方面の登山経験の豊かな大人がお手伝いします。
 参加費は一人1万5千円(往復の交通費などすべて含みます)
 現地までは、スタッフが同道ご案内(新幹線利用)
など、主催者側が万全な受け入れ態勢で送迎いたしますので、保護者の方は安心してご子息を送り出すことができると思います。
 なお、当行事は福島民報社の後援事業でもあります。
 詳しくは下記のチラシをご覧いただき、参加をご希望される方は日本山岳会福島支部事務局までお申し込み(お問い合わせ)ください。
 
   申し込み・お問い合わせ先
  〒960−8133
  福島市桜木町13−43 
   日本山岳会福島支部事務局(渡部展雄ワタナベノブオ・気付) 
    電話(携帯)090−2880−9805
    e-mail   fks@jac.or.jp
 
イメージ 1
イメージ 2



吾妻連峰・大滝沢

        吾妻連峰・大滝沢
   山行日時 令和元年6月8日(土)〜9日(日) 前泊日帰り
   参 加 者   CL小柳安弘 SL沼田渉 SL井堀仙一 
        TL氏家氏家静雄
        他山岳会など計11名(女性4)
   日本山岳会福島支部山行委員会企画の募集山行として実施。
    (昨年9月9日計画の大滝沢は雨のため中止)

イメージ 1
  出発準備 前夜の雨で入渓地点(滑川温泉)はガスがかかっていた。
イメージ 2

山ウツギの花
イメージ 3

イメージ 7
大滝沢の支流

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 25

イメージ 6

前夜の雨で水量は多い
イメージ 8

イメージ 26滝を登ると廊下状のナメ滝が続く

イメージ 9

間もなく大滝

イメージ 27
                 大滝直下

イメージ 10
           大滝をバックに記念写真

イメージ 11
            女性陣は元気
イメージ 12
大滝を左に高巻いてさらに上部を目指す

イメージ 13
残雪を乗り越える

イメージ 14
ここからやぶ漕ぎ
イメージ 15
イメージ 16














 大滝の頭からさらに上を目指す


イメージ 17



















イメージ 18


















イメージ 19



















イメージ 20















イメージ 21


































入渓から約4時間。午前11時、この滝を登ったところで沢登り終了。
 休憩の後下山ルートの一般登山道を目指し、沢左岸から藪こぎ開始、11時
 45分登山道到着。
  午後1時30分滑川温泉駐車場着、解散。
イメージ 23



















沢筋に咲くヒメサユリ
イメージ 22





 








入渓前夜の6月8日(土)は奥羽線峠駅構内にテント泊
イメージ 24




 










日本山岳会福島支部山行委員会からのお知らせ
 
   7月7日の吾妻連峰・松川(中流域)沢登は、日帰り山行に変更します。
 参加を希望される方は下記まで申し込みください。
  お問い合わせ・申し込み先
    日本山岳会福島支部 事務局(ワタナベ)
     TEL 090−2880−9805
     e-mail fks@jac.or.jp または kuage07@xpost.plala.or.jp


全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事