相場戦略研究所

相場で儲けた金で女の子と遊んでいる相場師の日記

相場戦略研究所の独り言

すべて表示

ゴンドラの唄

イメージ 1



今日も彼女と食事に行った。

朝起きた時、「なんか、調子悪いなー」と感じた。
鼻水は出るし、胃腸の具合も良くない。
ひょっとしたら、はやりのインフルエンザかもしれない。

しかし、気を取り直して 11時に車で彼女を迎えに行く。
「今日もピザを食べよう!」 と彼女とオリーブの丘に行く。
12時半まで楽しく食事して勘定は6000円。

ただ、二日続けて行くと飽きがきて、二人とも
「しばらくピザは食べたくない」 と意見が一致した(笑)

その後、いつものように彼女とスーパー、セブンと買物に行った。

13時半に
「また明日ね!」 とサヨナラした。
明日も、彼女と食事に行く約束をしているのだ。

たしか親父は69歳で死んだから、俺の寿命も後7年位だろう。
だから、女と遊べるうちに遊んどいたほうが良い!と切に思っている。

気がつけば、黒澤明の 「生きる」 の主人公(志村喬)が歌ったゴンドラの唄を口ずさんでいる今日この頃である。。




相場戦略研究所 URL http://wedscafe.jounin.jp/


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事