相場戦略研究所

相場で儲けた金で女の子と遊んでいる相場師の日記

全体表示

[ リスト ]

儲ける仕組みづくり

 
儲ける仕組みづくりには余分な設備資金が必要だが、しかたがない。

儲ける仕組み その1.法人という砦を構築する
 個人が相場で儲けると、役人が課税してピンはねする。
そこで、会社組織で相場を張る。
法人という砦を築いて生活費、役員貸付金利息等を経費にして赤字にすることで、売買益を温存する仕組みを作る。

儲ける仕組み その2.両建てのサヤ取り・ツナギ売買を選択する
 片張りの相場で恒常的に儲けようとしても、思惑外れで逆に損失になることが多い。
だから、両建てのサヤ取り・ツナギ売買を選択し、大きな損をしないで恒常的に儲けることができる仕組みをつくる。本玉=本丸に向い玉である二の丸を構築し、その二の丸に対する向い玉=三の丸で利食いする。

儲ける仕組み その3.売買技法・建玉法を身につける
 日々サヤ取り商いに打ち込み、習練を重ねることにより、サヤの値動きを変動感覚として体得し、値動きを見て意識せずに注文が出せる境地に到達することである。

そうした習練によって変動感覚を磨いたほうが、ロボット(プログラム売買)を設計するより早道で恒常的に利益を上げられるようになる。
つまり自分が8マンに変身してしまう方が早いし確実である。
どのような値動きに対しても、自由に、とらわれない境地で対応できるようになり、いかなる相場が出現しても儲けることができる。

 専門銘柄の売買に慣れ自分の建玉法が決まってくると利益の出し方も決まってくる。
後は、自分の掴んだ建玉法を辛抱強く続けてゆく。
 さらに上手になろうとか、他の流儀を取り入れて利益率を上げようとしない。 そういうことをすると、苦労して身につけた自分の型、水準、能力を破壊する。

売買は、ある期間の儲けが通常より増大することがある。
それは周囲の好条件に恵まれ自分の型をスムーズに実行できた時、発生する。
(うねり取り入門p283)


  相場戦略研究所 http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1289/

閉じる コメント(2)

顔アイコン

基礎練習のお話に勇気付けられました

基礎練習の意味が10年以上経って、最近恥ずかしながらようやくわかってきたような気がしてきました。

研究部会報2001/9 林先生の回顧にある2分割の練習法で、「回数・枚数を増やすと練習成果が水の泡になる」とありますが、当時から「分かっちゃいるけど、つい回数を増やしてしまう」を繰り返しやってしまいました。おかげで淡々と売買できる水準にはとても及びませんでした。

株のサヤ取りを始めて偶然2分割 1-1 を何回か続けてみて、「そうか、2分割小枚数で止めておけば、その後の値動きで状況判断の訓練を積めば損切りが出来るようになるのだろうか」と思い始めました。

基礎練習から逸脱しないように頑張ってみます。結構精神力が要りますね。

ありがとうございました。

2011/11/24(木) 午後 10:35 [ tbe*210* ] 返信する

顔アイコン

tbe*210*さま こんばんは。

進む勇気よりも、ブレーキをかける時のほうが、同等以上の精神力が必要なように感じています。

バカラさんが掲示板に「思い止まる勇気」が大切だというニュアンスの書き込みをしていたのを思い出します。

相場戦略研究所 管理人

2011/11/25(金) 午後 8:24 [ 相場戦略研究所 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事