日本史跡研究会 日々の徒然(埋もれた歴史を訪ねて)

全国各地の埋もれた史跡をご紹介できたらと思います。研究会イベントも年数回開催しますので、コメントいただけたら幸いです。

全体表示

[ リスト ]


    【滝沢馬琴生誕の地】

  所在地: 江東区平野1−7−8付近


イメージ 1


 滝沢馬琴は、日本古典文学最大の長編作『南総里見八犬伝』の作者として著名な人物です。

 明和4年(1767)6月9日、旗本・松平信成の用人を勤める下級武士の五男として、この地にあった松平邸内で生まれました。名は興那。

 安永4年(1775)、僅か9歳で父と死別その後、松平家の孫の遊び相手として一家を支えていましたが、安永9年(1780)、14歳の時に松平家を去り、門前仲町に住みました。

 寛政2年(1790)、文筆で身を立てようと山東京伝に入門し、寛政3年(1791)、京伝門人・大栄山人の名で処女作『尽用面二分狂言』を発表。これ以後、儒教思想に基ずく教訓・因果応報による勧善懲悪を内容とした作品を次々と著し、読本作家の第一人者と世の中で称されました。

 しかし、天保5年(1834)頃より目を患い、晩年には失明しながらも、口述・代筆で多くの著作を残しました。
『南総里見八犬伝』は、文化11年(1814)から天保12年(1841)の28年間・106冊書かれました

 曲亭馬琴・著作堂主人などと号した馬琴は、嘉永元年(1848)11月6日、82歳で病没しています。


 江戸時代の文化史に輝かしい業績を残し、現代にその名を残した滝沢馬琴 歴史上の偉人として記憶しておきたい人物です。


  〔参考文献〕
  江東区の文化財 5 木場               江東区教育委員会




.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事