日本史跡研究会 日々の徒然(埋もれた歴史を訪ねて)

全国各地の埋もれた史跡をご紹介できたらと思います。研究会イベントも年数回開催しますので、コメントいただけたら幸いです。

全体表示

[ リスト ]


   【瑞蓮寺】       評価  

  別   名:       ―――
  所  在 地:   笛吹市一宮町田中
  築城年代:  
  築 城 者:    
  区   分:        館
  現   状:       瑞蓮寺




 笛吹川・重川・日川・御手洗川が合流する地域であり、その氾濫原であるため度々水害を受けた地帯ですが、甲州街道の栗原宿・名和宿の中間で交通上の要地に「瑞蓮寺」はあります。

 田中郷は戦国時代に見える郷名で、『大善寺文書』文明5年(1473)12月7日の「栗原代官寄進状」に、「田中郷之内年貢一貫文 作人道顕之前」とあり柏尾山に寄進されています。

 この田中郷一帯は栗原信重の所領であったが、享禄4年(1531)、栗原兵庫の代に武田信虎に反抗し、飯富兵部、今井信元、大井信業等国人と図り、蜂起したが鎮圧され勢力を失った田中郷は武田氏に没収されたようである。

 
 瑞蓮寺伝では、天正9年(1581)、信州佐久郡岩村田の西念寺から当地に武田信玄の命で来ていた胤誉上人によって開山されたとある。本尊・阿弥陀三尊は武田家累代の御持仏と伝えられる。

 このことから、栗原氏統治時代を含めて、この地には豪族の館があり、その跡地に寺が創建されたとも考えられるのだが、館主は不明である。




 瑞蓮寺裏手に土塁跡が残されています。道路は堀跡と思われます。




 境内には、享保13年(1728)、大水害の際に癩病の夫を助けようとして共に落命した「節婦要女墓」があります。

 また、瑞蓮寺参道は石臼を敷いたもので見事です。




  〔参考文献〕
   甲斐の山城と館  上  北部・中部編     宮坂 武男 著       戎光祥出版

閉じる コメント(1)

顔アイコン

お気に入り、ブクマしているので来ちゃいました♪
ブログのお手本、先生にさせて頂いちゃってます♪
ヤフーブログの中でもやっぱり凄く好きなブログです(●^o^●)
メンタル強いのでバシバシとダメだしもお願いします(笑) 削除

2015/6/9(火) 午後 2:44 [ ゆうこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事