ここから本文です
美鳥美蝶散歩-高尾・湯殿川
東京都高尾周辺で美鳥、美蝶を写真撮影しています。 ※基本ご質問のみコメント返信しています。
八王子の住宅街を流れる湯殿川では、カワセミが一年中見られます。今年も
子供が数羽生まれ、独り立ちした幼鳥が少しずつ人馴れしてきました。夏よ
り冬の方があまり逃げないので、写真に撮りやすいです。

・カワセミ
対岸の取水トンネルの縁でカワセミくんが、今まさに飛び立ちそうな姿勢で
イメージ 1


飛び立ち、水面へダイブ
イメージ 2


小魚を咥えて戻って来ました
イメージ 3


魚を咥えたまま上へ移動
イメージ 4


再度川へ飛び込み、上がってきた
イメージ 5


ヘリコプターが上空を飛ぶと、空を見上げた
イメージ 6


「ヨイショ!」何とかつかまる。
イメージ 7


口に何か咥えています。酷い逆光ですみません。
イメージ 8

今日もご訪問ありがとうございました。
主にNIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4Eで撮影

この記事に

この2週間ばかり、彼岸花と蝶のコラボ写真を撮りたくて、近場をうろうろしています。
今回は前回に続き、八王子高尾近郊の浅川沿いにある綾南公園、彼岸花にナガサキアゲハがやってきました。

・ナガサキアゲハ♀
ちょっと離れた彼岸花に黒い大きなチョウが飛んで来ました。素早くかつ静かに近づく。遠目から一枚。
イメージ 1


今度は目の前の彼岸花に飛んで来ました。後翅に白い斑紋があるナガサキアゲハのメスです。惜しむらくは、後翅の一部に破れがあります。
イメージ 2


翅をパタパタさせながら吸蜜
イメージ 3


南方系の蝶で、3年前までは八王子でナガサキアゲハをほとんど見かけず、わざわざ鎌倉まで撮影に行きました。しかし、八王子では毎年数が増えてきて、今ではクロアゲハと同じくらいよく見かけます。
イメージ 4


クロアゲハより二回りは大きく、また翅の付け根に赤い色があるので、区別は容易です。
イメージ 5


バックが金網なので、ちょっとうるさいですね。
イメージ 6


飛び立つ姿も撮れました
イメージ 7


後翅の白い斑紋列がよく分かります
イメージ 8


やはり、この飛翔姿が一番美しいですね!
イメージ 9

今日もご訪問ありがとうございました。
主にNIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4E
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

この2週間ばかり、彼岸花と蝶のコラボ写真を撮りたくて、近場をうろうろ
しています。しかし、「花の命は短くて〜」というフレーズがそのまま当て
はまり、彼岸花は咲いても2日も経てば黒っぽくなってしまいます。また、
彼岸花にチョウが来てもボロボロの時も多々あり、なかなか思うような写真
は撮れません。
今回は彼岸花を探して、八王子高尾近郊の浅川沿いを歩いてみました。

・アゲハチョウ
浅川沿いの土手にも彼岸花が咲いていました。待つこと30分、アゲハチョウ
がやって来ました。幸いこの個体はスレが少ない、新しいアゲハでした。
イメージ 1


そっと近づき、上から撮る
イメージ 2


・ナガサキアゲハ
さらに待つこと30分あまり、ナガサキアゲハ♀が彼岸花にやって来ました。
イメージ 3


残念ながら翅は相当スレているので、遠目からの撮影にとどめる。
イメージ 4


・彼岸花
浅川の川面をバックに1枚
イメージ 5


浅川の流れ、橋を渡ると多摩御陵は直ぐそばです
イメージ 8


バックを黒く処理することを意識して、白い彼岸花を撮影してみました。この白い彼岸花に、キアゲハが来てくれればと思いますが、そんなに都合良くはいきませんよね。
イメージ 6


バックに何とか白と赤の彼岸花を入れてみました。
イメージ 7

今日もご訪問ありがとうございました
主にNIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4E
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

開くトラックバック(0)

先日山梨県の標高1700m程度の林道を歩いて来ました。前々回カラスアゲハを掲載しましたが、その時に出会ったその他の蝶をピックアップします。

・ウラギンヒョウモン
今年はウラギンヒョウモンが少なく、この2週間前に入笠山へ行った時も見掛けたのはギンボシヒョウモンばかり。今回やっと、アザミの花でウラギンヒョウモンを見つけました。
イメージ 1


後翅前端の白い斑紋が5つあるので、ウラギンヒョウモンです。
イメージ 2


・ギンボシヒョウモン
後翅前端の白い斑紋が4つなので、ギンボシヒョウモン。
イメージ 3


・シータテハ
翅の形がギザギザのシータテハを、今年はあちこちで良く見かけます。
イメージ 4


くと表側は、キタテハと似ていますが、翅の形が違います。
イメージ 5


・キタテハ
こちらはキタテハ、キク科の植物で吸蜜していました
イメージ 6


・アカタテハ
最近平地ではヒメアカタテハをよく見かけるようになりましたが、1700mの山の中にいるのは大抵アカタテハです。複雑な模様をしています。
イメージ 7


・ヒオドシチョウ
ちょっと擦れていますが、岩場にヒオドシチョウが張り付いていました。これがキベリタテハならばと・・・今回は出会えませんでした
イメージ 8


翅を閉じるとかなり地味で、越冬するチョウです
イメージ 9


・アサギマダラ
今年はアサギマダラの数が少ないと感じます。ヨツバヒヨドリの花がもう枯れていて、植物の生育が速いのかもしれません。
イメージ 10


・クジャクチョウ
少ないながらもクジャクチョウが数匹見られましたが、擦れた個体が多かったです。
イメージ 11


出会った一番綺麗な個体。バックを整理するため、開放で撮っているのでボケが強く出ています。
イメージ 12

主にNIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4Eで撮影

この記事に

津久井湖そばの公園へ、チョウを探して行ってみました。

・ヒメアカタテハ
公園の花壇にマリーゴールドが植えられており、ヒメアカタテハが来ていま
した。夏の終盤に出て来るタテハチョウです。
イメージ 1


オレンジ色の翅に黒と白の模様があります
イメージ 2


ピンクのセンニチコウの花でも吸蜜
イメージ 3


手前に紫色の花を入れて撮影
イメージ 4


キバナコスモスへもヒメアカタテハがやって来ました。
イメージ 5


飛翔が撮れましたが、オレンジ色バックでは同化して、チョウが目立たない
ですね
イメージ 6


・アサギマダラ
公園でスレが無い綺麗なアサギマダラに会いました。関東のこの辺りで羽化
したチョウでしょうか。翅の白い部分が浅葱色や薄いピンク、真珠のような
輝きがあります。
イメージ 7

主にNIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4E
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事