ここから本文です
美鳥美蝶散歩-高尾・湯殿川
東京都高尾周辺で蝶と野鳥を写真撮影しています。 書庫に★年度BEST、★海外をつくりました
ムラサキシジミとムラサキツバメは近い仲間ですが、日本にもう1
種ルーミスシジミがいます。ルーミスシジミは、関東以南の特定の
狭い場所に生息している絶滅危惧種です。近畿では紀伊半島の山中
と関東では房総半島です。ということで16日に、友人の車に乗せて
頂き千葉へ行ってきましたが、足場の悪い斜面上の藪の中にしか降
りてこず、証拠写真程度です。
実は5年前にも一度この場所へ行きましたが、天気が悪くルーミス
には全く会えなかったので、再挑戦でした。

・ルーミスシジミ
まずはルーミスシジミの開翅の写真から。ムラサキシジミと似てい
ますが、表は明るい水色が特徴です。3m程度上の斜面の藪の中、
陽が射した葉の上で開きました。葉が斜めになっていたので、下か
ら撮るのに好都合でした。300mm望遠に1.4テレコンを付け、画像
はかなりトリミングしています。
イメージ 1


(参考)ムラサキシジミ
先日相模川で撮ったムラサキシジミですが、青が紫色がかっていて
、ルーミスとは違う濃い色です。
イメージ 2


ルーミスシジミがいるのは、房総半島の山中の薄暗い樫の林です。
日の当たる葉の先に、運が良ければ降りてきます。ところが地面に
はヒルが多数いて、スパッツなどの準備が必要です。友人はゴム長
靴でしたが、ヒル4匹が這い上がってきました。ゴムは、ヒルが吸
盤を使って登りやすいのかと想像します。幸い私のスパッツへは上
がってこなかったです。
イメージ 3


しかし最初なかなか下には降りてこず、高い木の上にとまります。
ここにはムラサキシジミやムラサキツバメもいて、高い木の上では
判別が付きません。PCでかなりトリミングして、明るく補正する
とルーミスと分かります。
イメージ 4


最初は20mほど離れた斜面上の木の上をチラチラ飛んでいましたが
、1時間ほどすると1匹が3、4mまで近づいてきました。ルーミスシ
ジミの裏側は、少し白っぽく丸い斑紋が連なっています。写真を拡
大すると、連なっているのが分かります。
イメージ 5


斜面の藪の中で、枝の隙間からやっと撮れた画像です。どの写真も
4倍くらいトリミングしています。
イメージ 6


白っぽい裏側が少し撮れました。
イメージ 7


開いても斜面下からなので、角度がありません。
イメージ 8


3mは離れていましたが、今回とまった中では一番良い場所です。
藪の中、陽の差すシダの上で、周りが暗いのでスッキリした写真に
なりました。露出を変えながら、何枚も撮影しました。
イメージ 9


そして裏側が白っぽいルーミスと分かるのは、この写真です。同じく斜面上3m程度、ルーミスがいる枯葉だけ陽が当たっています。撮影には条件が難しい場所です。
イメージ 10

今回川崎経由でアクアラインを渡って房総半島南部まで行きました
が、行きも帰りも4時間かかり、八王子からは遠かったです。現地に
居たのは2時間あまりで、証拠写真程度でも撮れて良かったです。

主にNIKON D7200+ NIKKOR300mm f/4PF+テレコン1.4で撮影
今日もご訪問ありがとうございました

この記事に

高尾のポイントで、ミヤマホオジロを撮影した翌日も探しましたが
ミヤマホオジロには出会えず、園内をぐるっと一周してきました。

・ムラサキシジミ♀
この日も暖かだったので、ムラサキシジミが出ていました。
イメージ 1


メタリックなブルーに角があるのでメスです。
イメージ 2


・ウラギンシジミ
同じアラカシ林の縁で、ウラギンシジミがチラチラ飛んでいました
。葉にとまり翅を開いたので、そっと近づいて撮影。オレンジ色が
見られるのでオスです。
イメージ 3


別個体のウラギンシジミはかなりスレていて、オスかメスか分かり
ません。
イメージ 4


・紅葉、黄葉
今回は広角レンズにPLフィルターを付けて、紅葉を狙いました。下から上を見上げています。
イメージ 5


PLフィルターを付けると、空は青く、赤も緑も鮮やかに見えます
イメージ 6


緑色からオレンジ色へ変わる途中です
イメージ 7


艶のある桜の葉でしょうか、紅くなっていました。
イメージ 8


帰りに高尾駅近くの公園を覗いてみました。イチョウの黄葉が見事
です。
イメージ 9


イチョウの根元は黄色い葉で覆われていました。
イメージ 10


1本だけある紅葉は、前回より少し紅が増したように感じます。 
PLフィルターのお陰?
イメージ 11

主にNIKON D7200+NIKKOR300mm f/4PF+テレコン1.4
&NIKON D5500+シグマ17-50mm F2.8で撮影
今日もご訪問ありがとうございました
コメント欄は閉じています

この記事に

高尾のポイントで11月14日、やっとミヤマホオジロの証拠写真が撮
れまし。毎回出会える訳ではなく、今のところ1勝2敗です。

・ミヤマホオジロ
例年のポイントは崖崩れ工事中で入れず、その周辺で待機している
と、運良く近くでチッチッと鳴き声がしました。黄色がはっきりし
ているのでオスです。
イメージ 1


この写真が一番ピントが合っています。黄色い落ち葉が交じる地面
だと、保護色になって存在が分からなくなります。
イメージ 2


色が薄いメスもいました。この時は5羽ほどこの辺りにいました。
イメージ 3


頭の冠羽を閉じると、カシラダカのように見えてしまいますが、上と同じ個体のミヤマホオジロ♀です。
イメージ 4


・アサギマダラ
この時期にアサギマダラが、コセンダングサで吸蜜していました。
このまま高尾で一生を閉じるのでしょう。
イメージ 5


いたのは1匹だけで、飛んだ先で翅を開きました。
イメージ 6


アサギマダラの幼虫をキジョランの葉の裏側で見つけました。白黒
黄色の3色のお洒落な市松模様。
イメージ 7


大きさを1円玉と比べると、7mm程度でしょうか。
イメージ 8


・紅葉
メタセコイアはまだ緑色です。
イメージ 9


このカエデは先だけ色付いています
イメージ 11


このもみじは鮮やかな色をしています。ちなみにもみじもカエデも、分類上はカエデ科で同じらしいです。
イメージ 10

主にNIKON D7200+NIKKOR300mm f/4PF+テレコン1.4
&NIKON D5500+NIKKOR 85mmマクロ
&NIKON D5500+シグマ17-50mm F2.8で撮影
今日もご訪問ありがとうございました

この記事に

ご近所の黄葉・紅葉

八王子市の高尾駅近郊の住宅街にある公園、ここでもイチョウの木が黄葉し、地面は黄色い絨毯のようになっていました。

・黄葉
公園へは保育園の子どもたちが遊びに来ていました。イチョウの黄
色い落ち葉を集めて、並べているようです。
イメージ 1


黄色い落ち葉の絨毯には、木の黒い影ができていて、それを見つめ
る子供。
イメージ 2


ここにも木の黒い影が伸びています
イメージ 3


光り輝く黄葉
イメージ 4


下からイチョウの大木を仰ぎ見ました
イメージ 5


落ち葉が積もった木の下
イメージ 6


・紅葉
道路の反対側に一本だけもみじの大木があります。半分紅くなって
いました。
イメージ 7


緑から紅色へのグラデーションも良いものです
イメージ 8


一番紅い部分を下から写してみました。来週になると真っ赤になり
そうです。
イメージ 9

主にNIKON D7200+シグマ17-50mm F2.8で撮影
&NIKKOR AF-P DX NIKKOR 70-300mmで撮影
今日もご訪問ありがとうございました
コメント欄は閉じています

この記事に

ご近所の黄葉

八王子市の自宅そばの小さな公園でも、イチョウの木が黄葉してき
ました。

・ご近所の黄葉
この公園ではイチョウの木がメインです。
イメージ 1


地面はイチョウの落ち葉でびっしりと覆われています。
イメージ 2


遊歩道も黄色です
イメージ 3


ただイチョウの実も沢山落ちていて、少し臭いです。
イメージ 4


日に透けた黄葉が綺麗です
イメージ 5


ハナミズキの葉は、赤くなり散りかけています。
イメージ 6


黄色と緑、これに赤があれば最高ですが、ケヤキの茶色で我慢
イメージ 7


お手軽に黄葉を楽しむには最適の場所です。
イメージ 8


少し陽が射してきて、落ち葉に木の影が出来てきました。
イメージ 9

主にNIKON D5500+シグマ17-50mm F2.8で撮影
&NIKON D7200+AF-P DX NIKKOR 70-300mm
今日もご訪問ありがとうございました
コメント欄は閉じています

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事