ここから本文です
美鳥美蝶散歩-高尾・湯殿川
東京都高尾周辺で蝶と野鳥を写真撮影しています。 書庫に★年度BEST、★海外をつくりました
最近八王子市は、雨か曇りが続いていますが、この日は雨が上がっ
た後、一時的に青空が見えました。

・湯殿川と空
湯殿川の流れの縁にセイタカアワダチソウの黄色い花が、咲いていました。その手前には白い雲と青い空。
イメージ 1


民家の屋根とアンテナ。ちょっと変な空間ですね。
イメージ 2


鏡?
イメージ 3


湯殿川の流れは、雑草に覆われて見えないですね。何とも不思議な
写真です。
イメージ 4


これで少し分かりますか
イメージ 5


方向を変えると、こんな写真になります
イメージ 6


橋の欄干の柱部が黒御影石で出来ており、その上に雨水が溜まって、鏡のように空が映っていました。(赤矢印) 遊び心で撮ってみました。イメージ 7

主にD5500+タムロンの90mmマクロ
&D5500+シグマ17-50mm F2.8で撮影

今日もご訪問ありがとうございました
コメント欄は閉じています

この記事に

高尾近郊の小さな池へ行くと、赤トンボが複数産卵していました。

・ネキトンボの産卵
オスがメスの首を挟みランデブー飛行。そしてメスは水面へ一瞬お尻を入れて、水の中に産卵をしていました。水面にはその波紋ができています。
イメージ 1


オスメスのランデブー飛行、そこへもう1匹のオスが乱入し、邪魔をしていました。
イメージ 2


おじゃま虫は、何度もやってきました。暗い場所でAFは効かず、ちょいボケ画像ですが、雰囲気だけ見てください。
イメージ 3


丁度この時が産卵の時間帯だったようで、3組のペアがランデブー飛行をしていました。帰りに見てみると、既にペアのトンボは全くいなかったので、運が良かったです。
イメージ 4


木道にとまっていたネキトンボ。翅の根本がオレンジ色なのでこの名前があるようです。
イメージ 5


・釣舟草のヒラタアブ
道端に釣舟草が咲いていたので写真を撮っていると、ヒラタアブの仲間が飛んできました。暗い場所でしたが、アブによくピントが合ったものだと関心しました。
イメージ 6


釣舟草の中に入っていきました。
イメージ 7


・ホトトギス
畑の畦道に咲いていたホトトギス。不思議な形の花ですね。
イメージ 8

主にNIKON D7200+NIKKOR300mm f/4PFで撮影
今日もご訪問ありがとうございました

この記事に

そろそろアサギマダラが来る頃なので、津久井湖周辺へ様子を見に行きました。残念ながらアサギマダラは撮れませんでしたが、その時に出会った蝶と昆虫を紹介します。

・ヤマトシジミ青メス
秋に出てくるヤマトシジミのメスは青い鱗粉がのり、マニアでは青メスと呼ばれています。公園のヒメツルソバのピンクの花で吸蜜していました。
イメージ 1


半開きですが、茶色い中で青色が輝いていました。
イメージ 2


・ヤマトシジミ♂
オスは全体がブルーで黒い縁取りがあります。
イメージ 3


・アカタテハ
酔芙蓉にアカタテハがいました。酔芙蓉の花は白色ですが、夕方になるとピンク色に変わる不思議な花です。朝ピンク色の花は、萎んでいました。アカタテハは越冬し、春早い時期に出てきて繁殖します。
イメージ 4


・ホシホウジャク
ホシホウジャクも大きな酔芙蓉の花で、蜜を吸っていました。
イメージ 5


・イチモンジセセリ
酔芙蓉の花では、小さなセセリが花に埋もれながら蜜を吸っています。
イメージ 6


・オオハナアブ
ヒメツルソバのピンクの花で吸蜜していたのはオオハナアブ。注目するのはスイカのような目の縞々。何故目に縞があるのでしょうね、不思議です。
イメージ 7

主にNIKON D7200 + NIKKOR300mm f/4PF
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影
今日もご訪問ありがとうございました
コメント欄は閉じています

この記事に

津久井湖周辺で紫色のアメジストセージの花が咲き誇っており、ホシホウジャクが吸蜜していました。

・ホシホウジャク
アメジストセージの森を自由に飛び回るホシホウジャク、良い絵が撮れました。拡大してご覧ください。
イメージ 1


ハチドリのようにホバリングしながら吸蜜するホウジャクは、スズメ蛾の仲間で、蛾に見えない蛾ですね。
イメージ 2


ストローをくるっと丸めながら、飛び回っていました。
イメージ 3


そしてストローを伸ばして、花に近づきます
イメージ 4


ホバリングしながら蜜を吸っています
イメージ 5


全体に薄茶色に焦げ茶色の縞、もっと緑色をした個体もいます。後翅のオレンジ色の帯が目立ちます。
イメージ 6


翅の裏側はオレンジ色で、胴体に白い斑点(ホシ)があります。
イメージ 7


酔芙蓉の花でも吸蜜していました
イメージ 8


ホシホウジャクが、偶然目の前の葉の上にとまりました。まるで三角翼を持った、F15戦闘機かステルス戦闘機のような形をしています。これが速く飛ぶための究極の形なのでしょうか。
縞々の模様も、カモフラージュ柄のように見えてきました。
イメージ 9


・アメジストセージ
ホシホウジャクが吸蜜していたアメジストセージの花壇です。ブルーサルビアとアメジストセージは、同じ仲間の花のようです。紫水晶のような花の色が、とても美しいです。
イメージ 10

主にNIKON D7200 + NIKKOR300mm f/4E
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影
今日もご訪問ありがとうございました

この記事に

曇りの日、八王子市湯殿川沿いを歩いてみました。

・シジュウカラ
川沿いに赤い実がなっている木があります。よく見ると小さなリンゴがなっていて、ヒメリンゴかと思います。シジュウカラがとまりました。
イメージ 1


小さなリンゴを下から突いています。
イメージ 2


小さな欠片を咥えて、ポーズ。シジュウカラは頭が黒いので、逆光で目が出ないです。
イメージ 3


・カワセミ♂
湯殿川にカワセミ♀幼鳥が半年ぶりに帰ってきましたが、この日オスも確認できました。
イメージ 4


暗い場所なので粗い画像ですが、綺麗なカワセミブルーです。春にはメスの幼鳥と番になってくれれば、良いですね。
イメージ 5


この画像を見ると、胸が斑なのでオスも幼鳥のようです。
イメージ 6


・メジロ
メジロも湯殿川で、群れで見られるようになりました。
イメージ 7


・ヤマガラ
エゴノキに残った実から、中の種を取り出しています。
イメージ 8


・モズ
10月に入り、モズの鳴き声を度々聞くようになりました。口を大きく開けて鳴いています。
イメージ 9

主にNIKON D7200 + NIKKOR300mm f/4E+テレコン1.4で撮影
今日もご訪問ありがとうございました
コメント欄は閉じています

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事