ここから本文です
美鳥美蝶散歩-高尾・湯殿川
東京都高尾周辺で美鳥、美蝶を写真撮影しています。 ※基本ご質問のみコメント返信しています。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

前回8月19日のブログでハンミョウを掲載しました。その時はコンデジマクロで、片手を目一杯伸ばして接写しました。
今回は一眼と90mmマクロレンズで、どこまで接近できるか挑戦してみました。

・ハンミョウ
甲虫目ハンミョウ科の昆虫で、大きさ20mm程度、日本の各地に生息するらしいですが見かける場所は限定的です。幸い自宅近く高尾近郊の山道で大概見られるので、この日もまずは300mm望遠レンズで撮影。
イメージ 1


ハンミョウは「道教え」の名前があるように、近づくと飛んでしまいます。1匹が横の葉の上に飛んだ。葉の上でハンミョウを撮る機会は少ないので、ラッキーです。
イメージ 2


ここからは90mmマクロに持ち替え撮影します。コンデジだと片手で撮れますが、一眼カメラだとそうは行きません。片膝を地面につき、上体を徐々に倒して接近します。
イメージ 3


接近に警戒したのか、こちらを向いた。白い牙が凄い。
イメージ 4


背後から接近する。コンデジにくらべて被写界深度が浅いので、ピントがむずかしい。
イメージ 5


別の個体に斜め上方から接近
イメージ 6


なるべくカメラを地面スレスレに構え、横から接近する。これがなかなか難しい。モニターのライブビューに切り替えて撮影するが、ピントがなかなか合わない。液晶画面での撮影は、ミラーレスカメラの方が良いのかもしれません。
イメージ 7


真上からゆっくりゆっくり接近し、ほぼ最短撮影距離で撮影しています。朱色に白、青と緑のメタリックな輝きが美しい。この派手な色合いが、鳥から見て全体の昆虫の形を分かりにくくしているそうです。

ちょっと残念なのは、胸部上に極小の赤いハエがとまっています。

イメージ 8


再度横から接近するが、ハンミョウも徐々に逃げる。しかしバックが地面以外の写真は貴重かもしれません。
イメージ 9

主にNIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4E
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事