ここから本文です
美鳥美蝶散歩-高尾・湯殿川
東京都高尾周辺で蝶と野鳥を写真撮影しています。

書庫★ 美蝶・昆虫 ★

記事検索
検索

全124ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

梅雨時の数少ない晴れた日、津久井湖そばの山へ行ってみました。

・トラフシジミ夏型
山へ登る途中、山道の陽の差す部分でトラフシジミの夏型と出会いました。夏型は白い縞模様が少し薄くなっています。
イメージ 1


参考:トラフシジミ春型
今年4月に撮った春型は、白い縞模様がクッキリとしています。
イメージ 2


・ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモンが、公園の東屋の天井に設置された監視カメラの周りを盛んに飛び回っていました。監視カメラの鏡面に映る自分の姿を敵と思って、アタックしているように見えました。
イメージ 3


ミドリヒョウモンの裏側をフラッシュ撮影すると、緑の蛍光色に輝いて、とても美しいです。
イメージ 4


過去に撮った画像ですが、ミドリヒョウモンを普通に撮るとこんな感じで、灰色と緑を合わせた色合いです。
イメージ 5


・ムラサキシジミ
春に越冬明けのムラサキシジミを良く見かけましたが、久しぶりにムラサキシジミの開翅が撮れました。
イメージ 6


・オオミドリシジミ
山頂へ行くと、オオミドリシジミ数匹がテリ張りをしていました。そして疲れると、草の上へ降りてきます。慎重に目にピントを合わせます。
イメージ 7


もう少し上から撮りたいところですが、脚立が必要です。
イメージ 8


・紫陽花
ガク紫陽花が公園に咲いていました。花と葉のシルエットが面白いので、撮ってみました。
イメージ 9

イメージ 10

今日もご訪問ありがとうございました
主にNIKON D7200+NIKKOR 300mm f/4E+テレコン×1.4で撮影

この記事に

軽量なNIKKOR 85mmマクロを持ち出し、高尾森林科学園でいろんな対象を試し撮りしてみました。

・綿毛
少し背の高い植物に白い綿毛が付いていたので撮ってみると、白い軸が波打っていて面白い。見た目には、タンポポの綿毛と同じように見えたのに、写真に撮ると別物です。
イメージ 1


この植物の花を写真に撮り、後で調べると、ナタネタビラコというキク科の植物が近そうです。どこにでも生えている、いわゆる雑草です。
イメージ 2


・ニガイチゴ
瑞々しいキイチゴのような実がなっていました。ニガイチゴの実が近そうですが、自信はありません。
イメージ 3


・ガクアジサイ
ちょっと変わったガクアジサイがありました。最初は真っ白。ガクの大きさが違っていて、面白いです。
イメージ 4


同じ株で、少し大きな花は、ガクの先が赤くなってきます。
イメージ 5


・ムネクリイロボタル
胸部が赤茶色のホタルの仲間です。大きさ7mm、幼虫、成虫共に発光するそうです。
イメージ 6


・カノコガ
最近どこへ行っても、草の茎にとまっている、鹿の子模様の蛾です。ちょっとお洒落な模様ですね。
イメージ 7


・ハスジカツオゾウムシ
茶褐色で、上翅にぼやけた灰白色の斜め線が入ったゾウムシで、紫陽花の花の上にいました。大きさ11mmとゾウムシとしては少し大きめです。
イメージ 8

今日もご訪問ありがとうございました
D5500+NIKKOR 85mmマクロで撮影

この記事に

先日陣馬山頂まで登ってきました。と言っても和田峠までバイクで行き、そこから170m程度登るだけですが、これがかなりしんどかったです。その時に撮った蝶を載せます。

・ウラギンヒョウモン
山頂に咲いていたウツギの仲間でしょうか、白い花へヒョウモンチョウが飛んできました。白い斑紋列が5つなので、ウラギンヒョウモンです。
イメージ 1


一瞬ですが、全開翅してくれました。
イメージ 9


・オオミドリシジミ
最近丘の上で、よくこのオオミドリシジミと出会います。テリ張りをしていて、他のチョウや蛾が飛んでくるとスクランブル発進していました。
イメージ 2


テリ張りに疲れてくると、だんだん低い草の上へ降りてきました。
イメージ 3


山の上は季節の進行が遅いので、ここのオオミドリシジミもまだ真新しく、擦れていません。
イメージ 10


・コジャノメ
山道を歩いていると、足下を黒いチョウが飛び出しました。コジャノメのようです。
イメージ 4


・ウラギンシジミ
これは別の日に裏高尾へ行った時に、私の脚に飛んできました。汗臭いズボンだったのかなぁ?
イメージ 5


・アゲハチョウ
高尾近くの公園で、アザミの花でアゲハチョウが飛んできました。
イメージ 6


花から花へ飛びながら、吸蜜
イメージ 7


吸蜜中のアゲハ、バックにはスジグロシロチョウも吸蜜しています。アザミには甘い蜜があるのでしょう、蝶に大人気でした。
イメージ 8

今日もご訪問ありがとうございました
主にNIKON D7200+NIKKOR 300mm f/4E+テレコン

この記事に

紫陽花の季節

最近よく紫陽花の写真が、ブログアップされているのを見かけます。昨年は隣町日野市の高幡不動で紫陽花を撮りましたが、最近3人のブロ友さんが相模原北公園で撮った紫陽花をアップされています。調べるとこの公園は、紫陽花でかなり有名な場所でした。公園まではバイクで20分程度で行けるので、梅雨の曇の日に行ってきました。

・広角レンズでの紫陽花
ニコンAF-P DX10-20mm広角レンズ昨年秋に買いましたが、使う機会が少ないので、持ち出しました。このシチュエーションにはピッタリのレンズです。白い紫陽花、アナベルと言うそうです。
イメージ 1


白いアナベルをバツクに、手前のピンクの紫陽花を撮ってみました
イメージ 2


公園にはいろんな色の紫陽花が咲いていました。
イメージ 3


・望遠レンズでの紫陽花
縁が白い、綺麗な紫色の紫陽花
イメージ 4


・マクロレンズでの紫陽花
青色のボール、赤紫の球状になった花
イメージ 5


青いガクアジサイ
イメージ 6


名前は分かりませんが、これもガクアジサイの仲間なのか?繊細な感じがする花です。→ヤマアジサイの仲間とのことです。
イメージ 7


白から赤紫へ変化する途中のようです
イメージ 8


ピンクの紫陽花、名前はダンスパーティーというお洒落な名前が付いています。一つ一つの花が、踊ってているようにも見えてきました。
イメージ 9


朝方まで雨が降っていたので、まだ水滴がかなり付いています。
イメージ 10


前ボケと後ろのボケを意識して、縦位置で撮ってみました。
イメージ 11

今日もご訪問ありがとうございました
主にD5500+AF-S DX Micro NIKKOR 85mmマクロ
&D5500+ニコンAF-P DX10-20mm広角で撮影

この記事に

5月に石垣島へアサヒナキマダラセセリを撮影に行き、5月15日にブ
ログアップしました。今回はその時に出会ったその他の昆虫をピッ
クアップしました。

・アカギカメムシ
カメムシ目キンカメムシ科で、熱帯域から亜熱帯域に分布する、大
型のキンカメムシの仲間です。石垣島のバンナ公園の橋の上から、
横の木の天辺にいるものを撮りました。
イメージ 1


色が濃いもの、薄いもの、様々なアカギカメムシが見られました。
オレンジ色の地色に黒い米粒状の斑点がいくつかあります。
イメージ 2


かなり大型のカメムシで、体長25mm程度。これは下草にいた、白
っぽい体色した個体です。胴の横にはメタリックな赤金色の斑紋が
見えます。
イメージ 3


・イシガキモリバッタ
モリバッタは日本では南西諸島に生息するバッタで、名前が示すよ
うに森や林縁にすんでいます。生息する島ごとに姿が少しずつ異な
り、島の名前をとってアマミモリバッタ、オキナワモリバッタ、イ
シガキモリバッタなどと名前がついています。黒っぽい色をしてい
て、所々黄色味のある斑紋があります。
イメージ 4


・キイロヒトリモドキ蛾
からだ全体がオレンジ色でとても美しく、白い筋模様と黒い斑点が
あります。開張50〜70mmと少し大きめの蛾です。
イメージ 5


目がブルーグレーで、目の中に黒い斑点が見えるので、可愛く見え
てしまいます。
イメージ 6


・イヌビワオオハマキモドキ蛾
大きさ10mm程度の小さな蛾で、翅の色は茶色に金緑色に輝く帯状
の模様が、とても美しい。
イメージ 7


・キボシツツハムシ
体長3〜4ミリ程度の小さなツツハムシですが、艶のあるこげ茶色地
に米粒のような薄黄色の斑紋が並んでいます。横の1円玉と比べる
と、小ささが分かります。
イメージ 8


・ダンダラテントウ
鮮やかな朱色に黒い筋状の斑紋が、熱帯を感じさせます。斑紋の入
り方には地域差・個体差があり、南の地方のものほど斑紋が発達し
て赤っぽいとのこと。大きさ4-7mm
イメージ 9

今日もご訪問ありがとうございました
NIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4PF
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影

コメント欄閉じています

この記事に

全124ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事