ここから本文です
美鳥美蝶散歩-高尾・湯殿川
東京都高尾周辺で美鳥、美蝶を写真撮影しています。 ※基本ご質問のみコメント返信しています。

書庫★ 美蝶・昆虫 ★

記事検索
検索

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

11月も終盤になり、蝶の季節はほぼ終了しました。毎年この時期に1年を振
り返り、蝶のマイベスト写真集をまとめています。
選定基準は、①美しい写真もしくは②撮影に苦労した思い出のある写真
③ちょっと珍しい蝶、などなど私の思いで選んでいます。
※今年台湾へ2度行きましたが、台湾蝶は含めていません。別途掲載予定
※下記で県名が無い写真は、高尾周辺で撮影

1.ギフチョウ ★2017年マイベストNo.1★
毎年4月、真っ先に今年羽化した個体が出てきます。今年は八重桜で良い写
真が撮れました。最初のこの写真を、今年のベスト写真No.1とします。
こんな美しい背景では、二度と撮れないかもしれません。
イメージ 1


2.ウスバシロチョウ
今春は連日、ミツバウツギの花に来るチョウたちを狙いました
イメージ 2


3.アオスジアゲハ
ミツバウツギの花に来るアオスジアゲハ
イメージ 3


4.アオバセセリ
ミツバウツギの花にやっと来たアオバセセリ
イメージ 4


5.スジグロシロチョウ
ミツバウツギの花に飛んで来た2匹のスジグロシロチョウ、飛翔をねらいま
した
イメージ 5


6.アポイ岳(北海道)
5月中旬に、北海道襟裳岬近くのアポイ岳へ登りました。山から見る海は絶
景でした。
イメージ 6


7.ヒメチャマダラセセリ(北海道)
アポイ岳に登ったのは、このチョウを撮るためでした。日本でこの山にし
か生息していない珍しい蝶です。アポイアズマギクは10円玉ほどの小さな
花を付け、このセセリはさらに小さく、飛ぶ姿はハエのように見えました。
イメージ 7


8.チャマダラセセリ(北海道)
このチョウを求めて帯広周辺をウロウロ、見つからず足寄まで行きました
イメージ 8


9.ジョウザンシジミ(北海道)
北海道にしか生息していないシジミチョウ、生息地を何回も訪れ、最終日
午後にやっと1匹見つけました
イメージ 9


10.カラスアゲハ
ピンク色のタニウツギの花とカラスアゲハ、メタリックブルーの翅が美し
イメージ 10


11.オオルリシジミ(長野)
5月末安曇野、食草クララで♂が♀へプロポーズ
イメージ 11


12.クモマツマキチョウ(長野)★2017年マイベストNo.2★
黒部ダムへの入口、扇沢。黄色いアブラナ科のヤマガラシの花へ、飛んで来
てくれました。♂が翅を美しく開いた写真が初めて撮れました。滅多に撮
れない写真なので、2017年マイベストNo.2とします。
イメージ 12


13.アサマシジミ(山梨)
6月中旬山梨でやっと出会えました。この写真では分かりにくいですが、翅
を開くとアサマシジミでした。
イメージ 13


※なお参考に、過去の蝶MY Bestはこちらです。
2016年Best蝶

https://blogs.yahoo.co.jp/nika4beagle/27808881.html


今日もご訪問ありがとうございました
主にNIKON D7200+NIKKOR300mm f/4Eで撮影

この記事に

11月この時期になると、八王子市内の公園にある鉄柵を見て回ります。通
称鉄柵ウォッチャーになります。前回の続きで、鉄柵にいた昆虫を掲載し
ます。

・ウシカメムシ
カメムシの中では、一番カッコいいカメムシ。肩の端に牛の角のような突
起があります。
イメージ 1


この角は何のためにあるのでしょうね?
イメージ 2


この角度で見ると、水牛の角のように見えます
イメージ 3


カッコいいのは正面からの角度。アニメに出て来るロボットのようにも見
えます。
イメージ 4


この角度も、巨大な怪獣か恐竜に見えて迫力があります。
イメージ 5


でも実物は結構小さく、1円玉と比べると大きさが分かります。
大きさ8mm程度の小さなカメムシです。(赤矢印)
イメージ 6


・コミミズク幼虫
何ともユニークな昆虫ですね、鉄柵の上にベッタリと張り付いているよう
に見えます。この鉄の手すりの上に3匹いました。
イメージ 7


頭を上げました。カメムシ目ヨコバイ科ミミズク亜科の昆虫で、成虫はこ
の頭をスリッパのような形にして、翅を付けたような虫ですが、まだ出会
ったことが無いです。
イメージ 8


頭の先は尖り、平べったくカーブしていて、ペン先のように見えます
イメージ 9


・ニシキギ
ニシキギも紅葉が始まっていました。
イメージ 10

今日もご訪問ありがとうございました
主にD5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

久しぶりに昆虫写真を取り上げますので、苦手な人はスルーして下さい。
11月この時期になると、八王子市内の公園にある鉄柵を見て回ります。公
園の通路にある鉄柵に、何故か極小のカメムシ、テントウムシやゾウムシ
が集まります。通称鉄柵ウォッチャーになります。
鉄柵で暖をとるとの説もありますが、ここの鉄柵は陽が当たらず冷たいで
す。ともあれ、マクロレンズを抱えて鉄柵を丹念に見ながら歩きました。

・これは何でしょう?
鉄柵でじっとしている昆虫を、正面からマクロレンズで超拡大してみまし
た。
イメージ 1
正解は、キボシカミキリでした。こんな顔をしているのですね!

・キボシカミキリ
桑の木によくいるカミキリで、黒い体に黄色い斑紋が散りばめられていま
す。
イメージ 2


・レロフチビシギゾウムシ
とにかく小さいゾウムシで、マクロレンズとトリミングで超拡大してみる
と、背中に十字の白い帯があります。
イメージ 3


大きさは2mm程度ですが、写真に撮ると大きさが分からないですね。横
に1円玉を置きたかったのですが、走り回っていて、無理でした。ちなみ
に1円玉の厚みは1.5mmで、これより少し大きいくらいです。
イメージ 4


・クロコノマチョウ幼虫
公園の池に生える葦の葉裏にクロコノマチョウ幼虫がいるのを、友人が見
付けました。5cmくらいの大きさがあります。
イメージ 5


上側の赤いところが口で、物凄い勢いで葉を食べていました。うさぎのよ
うにも見えて、可愛いです。
イメージ 6


参考で9月に撮影したクロコノマチョウの成虫で、南方系のチョウです。
イメージ 7


頭部を超拡大してみました。どこに目があるのでしょう、分かりません。顔の真ん中にある翡翠色の五角形が、お洒落です!
イメージ 8


・公園の鉄柵
公園通路の両脇にある細い鉄柵を見て回ると、小さな昆虫が上にいます。
イメージ 9

今日もご訪問ありがとうございました
主にD5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

高尾のムラサキシジミ

高尾近郊の公園にアラカシの木が数本あります。アラカシはムラサキシジミチョウの食草で、この日も10匹以上が木の周りで見られました。

・ムラサキシジミ
越冬するチョウなので、ムラサキシジミの翅の裏側はいたって地味な薄茶色で、はっきりしない帯模様があります。
イメージ 1


マクロレンズでそっと近づきます。
イメージ 2


少し開いた翅の隙間から、メタリックなブルーが見えます。拡大するとこのブルーは、細い縞模様状に鱗粉が並んでいます。
イメージ 3


嬉しいことに、しっかり翅を開いてくれました。この個体はメスです。
イメージ 4


この個体もメス、全体に青紫色に見えます
イメージ 5


これもメスですが、随分と小さい個体でした。かなり大きさにばらつきがあるようです。
イメージ 6


このメス個体は水色に近いブルー、前翅の赤色の個所が角になっているのがメスの特徴です。
イメージ 7


やっと見つけたオスの個体、ブルーに輝く部分が全体に丸く広がっているのがオスの特徴です。この時期、メスが8割で、オスは少なかったです。
イメージ 8


最初に開いたメスの個体をトリミング拡大してみました。画像を拡大表示すると、細い縞模様状の鱗粉が輝いています。
イメージ 9

この日昼間とても暑かったので、11時ころにはムラサキシジミは木陰に入ってしまいました。暑い日は、朝一番が良いようです。

今日もご訪問ありがとうございました
NIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4E
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

ここ何日かは昼間は気温が20度に達し、暖かな好天が続いています。
家からバイクで10分で行ける高尾森林科学園へ行ってみました。
高尾森林科学園はHPによると、1921年宮内省帝室林野管理局林業試験場
として発足し、今年で96年になるそうです。ここはサクラの名所として有
名で、日本全国のサクラの品種が植えられています。

・アサギマダラ
この園には食草のキジョランが多く生えているので、アサギマダラが集ま
り、まだ数匹がアザミの花で吸蜜していました。緑の輝きをバックに入れ
て、透過光でアサギマダラを撮ってみました。
イメージ 1


・冬桜のキチョウ
先日アサギマダラが吸蜜していた冬桜、この日はキタキチョウが桜の花で吸蜜して
いました。
イメージ 2


桜にキチョウ、日本の原風景が感じられ、美しいです
イメージ 3


冬桜の看板をもう一度掲載します。マメザクラ×オオシマザクラの雑種で
、10月〜4月に花が咲くそうです。
イメージ 4


・クサギの実
とても不思議な木の実を見つけました。調べるとクサギの実で、星型の赤
いのはガクで、実は青い藍色。もう少し早ければ、青い実がいっぱい残っ
ていて綺麗だったでしょうね。
イメージ 5


・ススキ
ススキの穂が逆光に輝いていたので、バックに秋の景色を入れて撮ってみ
ました。
イメージ 6


・ホソミオツネントンボ
丘の上で出会った小さなトンボで、越冬して年を越すので、越年オツネン
と呼ばれています。体長4cmくらいです
イメージ 7


丁度食事中で、ヨコバイのような虫を捕えていました。
イメージ 8


・センチコガネ
メタリックなワインレッドのセンチコガネを見つけました。
イメージ 9


大きそうに見えますが、大きさは2cmくらいと小さい。黄色く丸い葉っ
ぱが気になったので、調べてみるとカツラという木の葉のようです。
イメージ 10

今日もご訪問ありがとうございました
主にNIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4Eで撮影
&D5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事