ここから本文です
美鳥美蝶散歩-高尾・湯殿川
東京都高尾周辺で野鳥と蝶を写真撮影しています。

書庫★ 犬 ・動物・他★

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

マレーシアでの観光

この1週間マレーシアのランカウィ島へ蝶撮影に行き、蝶や鳥の写真を5000枚も撮り、整理には当分かかりそうなので、今回は観光をピックアップしました。と言っても、いつも観光地へは行かないので、今回も行ったのは2箇所だけです。

・ランカウィ島イーグルスクエアー
イーグルスクエアーは、ランカウィ島のクア港に海を向いてそびえる、巨大
な鷲のモニュメントです。拡大して像の右真下の人と比べると、大きさが分かります。イメージ 1


ぐるっと回って前から見ると、こんな可愛い顔をしています。
イメージ 2


横から見るとこんな姿。ランカウィ島の上空を飛ぶシロガシラトビの像のよ
うで、頭が白く、翼は細長いです。
イメージ 3


・食事
マレーシアでの食事は、こんな屋根の下にテーブルがある食堂です。壁はあ
りません。ご飯を皿に取り、並んでいるおかずを乗せていきます。
イメージ 4


イカの野菜炒めにチャーハン(ナシゴレン)、焼きそばを乗せ3RM(リンギット)、
日本円で90円でした。コーヒー、紅茶は2RMで60円程度です。安い!
イメージ 5


ここはクアラルンプールのアロー通りで、有名な屋台街です。ランカウィ島
よりは倍以上は高いですが、それでも日本の半分くらいで飲み食いできます
イメージ 6


こんなドリアンを売る屋台も多いです。
イメージ 7


・クアラルンプール
ホテルの部屋からは、クアラルンプール・KLタワーが良く見えました。
イメージ 8


夜アロー通りで食事の後に、ツインタワーまで歩きました。1998年に出来た
、当時世界一高い高層ビルです。高さは452m、とても立体感のある美しいビルです。下はショッピング街で、横には大きな噴水のある公園となっています。
イメージ 9

今日もご訪問ありがとうございました
コンデジキャノンPowerShotG9X MarkⅡで撮影

この記事に

マレーシア・ランカウィ島へ蝶撮影に行き、昨日木曜日に帰ってきました。
台湾に比べるとマレーシアは遠いです、ランカウィ島まで行きは10時間かか
りました。
蝶や鳥の写真を5000枚も撮ってしまい、整理には1週間以上かかりそうなので、今回は夕日と朝焼けの写真を掲載します。

・夕日
マレーシア空港で乗り換え、ランカウィまで1時間程度で、飛行機から夕日が
沈むところが見られました。下には蛇行している川が見えます。
イメージ 1


翌日夕方に海岸へ行くと、モーターボートでパラグライダーを引っ張り、観
光客が大空へ舞い上がっていました。降りる時は、ロープを引き浜辺へ着地
します。
イメージ 5


夕日がいよいよ沈みます
イメージ 2


・朝焼け
日が昇る前、ホテルの庭から後ろの草地を写してみました。ヤシの木のシル
エットが南国ですね。
イメージ 3


日が昇る直前に赤い一筋の光、「君の名は・・」
残念ながら飛行機のようでした。
イメージ 4

今日もご訪問ありがとうございました
コンデジキャノンPowerShotG9X MarkⅡで撮影

この記事に

旅行中のため、日時指定でアップしています。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

先週の雪の後に湯殿川沿いを歩いてみました。

・雪の湯殿川
湯殿川の流れの縁にも雪がまだ残っています
イメージ 1


・アオサギ
アオサギも寒そうに、片脚立ちをしています
イメージ 2


・雪の中のイタチ
これはアザラシではありません。イタチくん、積もった雪に穴を掘り遊んでいました。冷たさが気持ち良いようで、目をつぶって、体を回転させています。
イメージ 3


掘った雪の穴から顔を出しました
イメージ 4


滑らないように、脚の指をしっかりと開き、爪を立てています。
イメージ 5
※旅行中のため、コメント返信は出来ないと思います。

今日もご訪問ありがとうございました
主にNIKON D7200 + NIKKOR 300mm f/4PF

この記事に

湯殿川の猫とイタチ

湯殿川散歩の途中、川の中を走るイタチを時々見かけます。しかし、今日は
猫にスポットを当ててみます。

・イタチ
橋の上からふと下を見ると、イタチがピョン、ピョンと川を横切っていまし
た。
イメージ 1


コンクリートの壁を登ります
イメージ 2


そして護岸の中ほどにある排水溝の穴へ入り、穴から顔を出しています。
イメージ 3


・猫
その様子を上から見ていた猫。このあたりの家の飼い猫と思います。
イメージ 4


「怪しい奴だ!」と、護岸の壁を降り始めました
イメージ 5


排水溝の穴の中に入りました。しばらくこの態勢でいましたが・・
イメージ 6


そのままバックで出てきました。イタチと飼い猫のバトルをちょっと期待し
たのですが、イタチはもう奥へ入り、居なかったようです。イタチはこのよ
うな排水溝を利用して、住宅街の地下を走り回っているのでしようね。
イメージ 7


バトルは起こりそうもないので、諦めて帰ろうと橋の上から見ると、また猫
が穴に入っています。
イメージ 8


この狭さが気に入ったのか、穴の中で寛いでいます
イメージ 9


猫、牙をむいた!
ではなく、猫ちゃんの大あくびでした。
バトルは起こらず、のどかな湯殿川でした。
イメージ 10

今日もご訪問ありがとうございました
主にNIKON D7200+NIKKOR300mm f/4PF+テレコン×1.4で撮影

この記事に

先週末、NHKアサイチで霜の結晶をインスタにアップされている方が紹介されていて、今流行っているようです。知らなかったぁ〜
 前回1月10日のブログで湯殿川の霜を取り上げましたが、レンズが40mmマクロであったためワーキングディスタンスが小さく、フラッシュ撮影するとレンズの影が出てしまうので、あまり等倍まで近づけませんでした。
今回90mmマクロレンズへ付け替えて、再挑戦しました。先週の寒い日、八王子の朝は氷点下になり、川沿いの遊歩道は霜で白く覆われてていました。

・クリスタル(氷の結晶)
湯殿川沿いの日陰に行くと、霜が結晶となりビッシリと草の葉にくっついて
いました。草は多分オオイヌノフグリの葉で、真ん中の葉は直径1cm程度しかありません。
イメージ 1


結晶にはいろんな形があり、これは氷の柱が集まっています。断面は角ばっ
たC型をしていて、五角形か六角形の柱になっています。拡大してご覧下さい。
イメージ 2


柱には横縞が入っていて、徐々に伸びていった様が分かります。
イメージ 3


薄日が差す落ち葉にも結晶がびっしり
イメージ 4


温度が低くなると、結晶は角ばるそうです。葉は、小さなキューブに覆われ
ていました。
イメージ 5


薄日が当たりキラキラ輝いています
イメージ 6


透明なクリスタルの柱が林立
イメージ 7


逆光気味に撮ると、透明感が出て美しい
イメージ 8


気温が下がった朝は、氷の葉っぱ(赤矢印)が出来ます。どうやって出来るのかは謎です。氷の葉の横幅は3mm程度です。ここへ手持ちでピントを合わせるのは結構大変で、何枚も撮って一番ピントが来ている写真を選びました。
イメージ 11




・氷
湯殿川の堤防、寒さで水のパイプが壊れたのか飛沫が飛び散っていました。
その下にある草は氷に覆われ、自然の芸術作品が出来ていました。
イメージ 9


・ナンテン
我が家のナンテンの葉が色づいてきました。緑から赤へ変化しています。
イメージ 10

今日もご訪問ありがとうございました
D5500+タムロンの90mmマクロで撮影

この記事に

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事