JA1BVA/JD1AHC 齊藤さんのブログ

アマチュア無線機やアンテナの製作日記、国内旅行、小笠原旅行などを発信します。

全体表示

[ リスト ]

アンテナ、アースが完成し、11月23日の深夜、マッチングの調整を行いました。
翌24日、いよいよ運用開始です。
 
 
無線局JD1AHCの開局です。QRPのOAMと136kHzの交信実験を24,25日の2日間、予定しています。
右は、136kHz用の巨大なコイルです。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左のK2は136kHz帯の親受信機です。QRP−OAMでは、この上にFT−817を置いて運用します。
右が、136kHz帯のリニアアンプ(下、200W)とTX2200A送信機(上、100W)です。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最初のCQ電波を136.555kHzの100Wで出してみました。応答はありません。
しかし、この直後、136.50kHzでJA7NIさんのCQが579で飛び込んできました。
JD1での初のJA電波の受信の瞬間でした。今回、最大の興奮を味わいました。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お手伝いいただいたJP1ODJさんとの記念写真。
JD1島内初の136kHz帯の交信(2×CW)が成立しました。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
定量的なデータではありませんが、JA7NIさん、JA1CGMさんの信号をプロットしてみました。
早朝(午前中)のコンディションが良かったことを、そして約1時間毎にSが1低下していることを示しています。
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
 
1日の予定を終わり、これからテラスで夕食です。
夕日を見ながら、ビールを一杯。ご飯は、お代わり自由なので、おなか一杯になります。イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テラスの屋根や手すりが改装され、快適になっています。バス停の標識がありました。
夕方からは寒さを感ずるので、長袖に着替えます。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そろそろ島内観光をご紹介します。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事