JA1BVA齊藤さんのブログ

アマチュア無線機やアンテナの製作日記、国内旅行、小笠原旅行などを発信します。

全体表示

[ リスト ]

父島で交信したJA7NIさんのQSLが到着しました。
 
JA7NIさんのQSL 
 JA7NIさんは160mバンドのQSL獲得数で、アジアのトップの成果を上げられています。 
 自作と思われるkW送信機をバックに、巨大な送信管を手にされています。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
QSLのデータ面
 クロスモードQSOを証明しています。 1st ever  JD1〜JA 2200m Band QSO です。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
JA7NIさんの空中線電力は50W、アンテナの高さが50mと書かれていますので、
このデータから概略を計算してみました。
 
アンテナの輻射抵抗≒205mΩ(ON7YDさんの論文による)
EIRPが1Wになるアンテナ入力抵抗(コイルの損失抵抗+アース抵抗+輻射抵抗)
      =(50/1000)×205×3≒31Ω
今回の私の父島でのアンテナ入力抵抗は33Ωでした。
大きな違いはないので、仮に50m高の垂直アンテナが得られれば、送信機の50W出力で
EIRP=1000mWを実現できる計算です。
双方でEIRP1Wを送信すれば、2×CW交信に成功したと思われます。
しかし、50m高のアンテナは、現状では、ほとんど不可能です。
従って、短いアンテナで送信機出力を大きくする(100〜200W)方法を実験しています。
 
クロスモードQSOは、一般的ではありませんが、CWによるDX交信の困難なこのバンドにあっては、
クロスモード交信も貴重な記録です。
この交信によって2×CW交信の夢実現へ大きく前進しました。
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事