JA1BVA/JD1AHC 齊藤さんのブログ

アマチュア無線機やアンテナの製作日記、国内旅行、小笠原旅行などを発信します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

長年、使用している5球スーパーラジオの調子が悪くなりました。
現象は、1〜2年前から徐々に音声が小さくなって聞こえなくなり、しばらくすると聞こえ出す、というもので、
最近は、これが頻繁に発生するようになりました。聞こえない時間も長くなり、聞こえなくなって電源ONのまま
にしておくと、朝には聞こえ出すという状況になりました。
内部の接触不良ではなく、真空管のエミ減が原因であり、その程度が変動しているためだろうと推定しました。
 
まずは、5球スーパーを写真でご紹介します。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後面からイメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シャーシー内部   約10年前のオーバーホールの際、部品を新しくしています。
このラジオの最大の特徴は、中間周波数が「463kc」であることです。 「珍」の部類でしょう。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
6.3Vのパイロットランプは
健在です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダイヤル面です。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
製造メーカーは
「八欧電気株式会社」
 
製品名は
「ゼネラルスーパー受信機」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
原因は、この「6WC5」周波数変換管の動作不安定でした。
良好に動作する時間帯もあるので、保管を継続します。
 
この真空管の年齢は?????
60歳から70歳くらいではないでしょうか。
 
長い間、お疲れ様でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(4)

Not in the Log

マネージャーのAC7DXへ送ったLT1FのQSL請求が N I L となりました。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この時の交信は、良く記憶しています。
昨年の11月27日、WWコンテストで、14メガから21メガへ移り、CQ TEST を送信して
最初にコールしてきたのがLT1Fで、10時29分(JST)。混信もなく、完全コピーでした。
それなのに ノット イン ログ とは、大いに疑問。ひょっとしたら周波数を間違えているか?
こちらが、あるいは彼の局が。
LUエンティティは他の交信があるので、マルチは減少しないが、交信ポイントがー3点となる。
 
この交信は、11時間22分の短時間WACに含んでいましたが、これも幻となりました。
 
たまには、こんな事もありますね。
 

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事