過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

福島県人のお茶の間(サロン)の報告!!
 
 7月13日から毎週水曜日に鬼怒川温泉駅前自治会のコミュニティハウスにおいて、日光市内のホテルへ福島県から避難されている方が楽しく集まってお話ができ、避難されている方同士、避難されている方と地元住民のつながりができるようにと、「福島県人のお茶の間」(サロン)を開催しました。
 サロンでは日光市に触れていただくためキュウリやトマトなどの日光市産の新鮮な野菜の試食やおいしい地酒の試飲を行ったり、ストレスを和らげていただくためにカラオケやヨガを行いました。
 また、避難されている方の津波に流された時の体験話に参加者全員で息をのんだり、今後の生活の不安をみなで話し合いなどして、絆を深めていきました。
 
 9月28日には、避難者の方々が『ボランティアやスタッフの皆さんに今までの感謝の気持ちをこめて・・・』と作ってくださった栗ご飯をいただき、楽しいひと時を過ごすことができました。栗ご飯、本当に美味しかったです。ごちそうさまでした。
 
 このサロンは、10月12日まで全13回開催し、ホテルなどに分散してしまったため情報が入りづらいなど、住みなれた土地を離れ不安を感じている方々の貴重な交流の場となっていましたが、二次避難所の閉鎖に伴い最後となりました。
 
 会場を快く提供くださった鬼怒川温泉駅前自治会の皆様をはじめ、ヨガや負けないぞうを教えてくださったとちぎボランティアネットワークの皆様など様々な方のご協力により、和やかでほっと一息!!くつろげるサロンを開催することができました。
 
 みなさま、ありがとうございました。
 
 そして、サロンに来てくださった福島県民の皆様方・・・
 いつでも日光にお越しいただき、また私たちと気軽に話をしてくださいね。
 
イメージ 1 イメージ 2
写真 タオルで負けないぞう制作中(左) 福島弁!?飛び交い談話中(右)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事