住環境コーディネーター・コウダの日記

ホームページ引越しました http://kouda-sangyo.com/

全体表示

[ リスト ]

屋久島紀行7 奇遇

 まだ紀行文は続きます。

 話を少し遡ります。ゆっくり昼飯後入山予定だったのに、急遽乗り合わせることになった初日のタクシー車内での話・・・・・・。
 
 同乗者は、私より8歳くらい若い男性単独行者でした。尋ねれば、故郷は隣県茨城で今は大分にお住まい。今朝は九州新幹線と高速フェリーでここまで来たとか。入山口が一緒で、この時間帯なら、通常はそこから最寄りの山小屋泊まりでご一緒、というのがこの登山コースの常識。

 しかしこちらが「泊まり場所の約束事を守らない」という確信犯なもので・・・・・・・・。
「また一緒になったらよろしく・・」なんて言って入山口で別れたけど・・・・・私の方は正直一緒になるとは思っていない。

 予定を聞けば、宮之浦岳登頂が目的で、このコースのピストン行程だという。
 こちらは小屋より先に行って、ビバーク予定だし、山を超えていくルートだからもう会うことないだろう思っている。

 それがどうだ。二日後宮之浦岳の遥か先、昨日掲載女の子たちと写真を撮った、太鼓岩の上で再会することになろうとは・・・・・。

 「あれあれ?????どうしてここに居るの?」
 「なんか行けそうな気がして足伸ばしちゃいました」

 時間差こそあれ、全く同じコースを歩いていたことになる。
イメージ 1


 下山のバスも一緒になるわけだけど・・・・・・・・・・白谷雲水峡のバス停に降りてくると。

イメージ 2


 そこには、「あれ・・・・・・え?」入山口まで二人を運んでくれたあの「運転手さん」が迎車で居たりして・・・・・・それほど狭い島とも言えず、入山口だって4,5ルートあるのに・・・・・すげえ偶然じゃねえ。と感心するのだった。
ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いしますリフォーム(業者)ブログランキング参加用リンク一覧
PELLET &WOOD STOVE SHOP 焔 HOMRA

国府田産業


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事