住環境コーディネーター・コウダの日記

ホームページ引越しました http://kouda-sangyo.com/

全体表示

[ リスト ]

 今日は新築住宅の現場に、煙突部材を届けに栃木県内最南端の街まで行ってきた。
 通常の薪ストーブ設置工事の場合。打ち合わせの相談回数を除けば、最小で2回現場に通うことになります。一回目は煙突を設置する時。二回目は内装その他が仕上がってストーブ本体を設置しに行く時です。

 もちろん二回で済まないことも侭あります。

 今回初めてのお付き合いとなるビルダー様でした。その会社名に「ハーフビルド・・・」となっており。施主様自身が家創りのトンカチを握るのが流儀とか・・・・。

・・・・・これって????どうなるのよ・・・・・・。納品して現場にいた大工さんに聞いてびっくりするのですが・・・・。今日届けた煙突部材は、施主様自身が取り付ける!!!らしいです。
イメージ 1

 自分で言うのも何ですが・・・・作業自体は日曜大工が得意な人ならさして難しくはないんです。
 ただ・・・・・「墨出し」といいますが。最終的に直交煙突の場合。ここでもうストーブの置き位置は決まってしまうわけで、さらに煙突がぶれないように、中間支点をどこで受けて、その寸法は部材単体で済むのか・・・・・あるいは補助造作が必要か・・・・なんて作業がストーブ屋の仕事なわけで・・・・・・それを「セルフビルド」と任せられるわけもなく・・・・・。
 また最終的な各種責任問題は・・・・どうなるのよ?????。

 非常に戸惑うのですよ・・・・・。

 工務店代表さんとその辺、確認事項をわかりやすく提示して、判断してもらうように電話連絡しましたが・・・・・・・・・。
 
 何か二回ではすまない、かもしれませんね。どうなりますか・・・・・。

 早速煙突開口部と、中間支点とのクリアランスのズレが発覚。その処理方法を連絡しあいました。
イメージ 2

ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いしますイメージ 3
ホームページはこちら↓
PELLET &WOOD STOVE SHOP 焔 HOMRA

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事